ヒ ダ マ リ 24コメント

1 流姫 id:CdEvj8y1

2012-12-31(月) 14:19:13 [削除依頼]

 置いて逝かないで、お姉ちゃん。
  • 2 流姫 id:CdEvj8y1

    2012-12-31(月) 14:23:49 [削除依頼]
    *cast*
    ・無月 清凪

    ・芝踏 礼音

    ・無月 凪沙 

    重要人物はこれくらいです。
  • 3 流姫 id:CdEvj8y1

    2012-12-31(月) 14:26:35 [削除依頼]
    昨日「ヒ ダ マ リ」を完結させました。
    続編ではありません。全く別の物語です。

    同時更新……「*短編小説〜集結〜*」
    中止更新……「鍵が黄金色に輝くとき……」

    では、ヒ ダ マ リ 2 をお楽しみ下さい。
  • 4 流姫 id:CdEvj8y1

    2012-12-31(月) 14:43:08 [削除依頼]
    私は、昨日姉…無月 凪沙(mutuki nagisa)を亡くしました。
    姉っ子の私、無月 清凪(mutuki seina)は、心の中がカラッポの状態。どうする事もできずに、お葬式をしています。

    『凪沙ちゃん、まだ15歳なのに可哀想。』
    『あんな子がどうして?』
    『どうして凪沙ちゃんが!?
     代わりに、清凪が亡くなれば良かったのよ!!』
    『無差別で人を殺.すなんて。どうして、清凪を庇ったの!?
     自分だけ逃げれば良かったのに……。』

    親戚は、私の事が大嫌.いだ。母親もだ。父親は、私を愛してくれた。愛を注いでくれた。でも、過労死してしまった。そんな時、凪姉が現れた。凪姉は血の繋がらない姉妹。そして、私と違いてきぱき動き、皆から愛されている。そんな凪姉を、私は尊敬していた。だけど、私と凪姉が買い物に出かけた時、[人を殺.したかった]という理由で無差別殺.人をした若い男性に私は狙われた。
     そう、そのまま私が狙われれば良かった。そうしたら、凪姉は助かってた。だけど、正義感が強い凪姉は、私を助けた。代わりに、その若い男性に包丁で刺され、亡くなってしまった。最後に言った言葉、

    『清、大好きよ。貴女は、愛されるような子になれるわ。
     だから、生きなさい。』

    だった。最後の力を振り絞って、私にメッセージを残してくれた。

    ねぇ、凪姉。何で、私を庇ったの?
    私は、両親から愛されてないのに。
    私は、皆から愛されてないのに。
    どうして私を庇ったの……?

    この答えを見つけるまでは、私は生きます。皆から、愛されなくても、たった一人……父親みたいに愛を注いでくれる人を見つけるまでは。だから、天国で見守っていてね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません