*.林檎飴191コメント

1 *.未夢(!) id:h4J1cO.0

2012-12-31(月) 12:12:16 [削除依頼]
ー 林檎飴、それは私と君の様。


甘くとろけあい相手を引き立たせる。


でも…でも…


君は私を……君を一番に愛していた私を


キスして        ふった
  • 172 *.未夢⇔(*×. id:ESiY3xo0

    2013-03-03(日) 18:50:31 [削除依頼]
    *.作者からのお知らせ


    季節は春へと
    向かい始めている
    今日この頃。

    私はこの春、
    中学生になります。

    なので更新激減。

    すみません。

    う〜ん、隠れ読者様がいたら
    コメくれると嬉しいな♪

    なーんて、考えてます。

    さて只今、雅人が豹変。

    愛し合っていた二人に、
    『行き違い』という魔の手が襲う!

    刺激的な大人な
    連続を求める雅人。

    一方美代は、
    刺激的じゃなく、
    爽やかで甘酸っぱい恋がしたい。
    手を繋いだり、ただそれだけ…

    二人はどうなってしまうのか!?

    作者も予測不能!
    これからの『*.林檎飴』に
    乞うご期待!
  • 173 *.未夢⇔(*×. id:Mli8vfI0

    2013-03-04(月) 17:14:20 [削除依頼]
    こんにちは〜♪

    今日も頑張って書きますよをお
  • 174 *.未夢⇔(*×. id:8FgWRxj1

    2013-03-07(木) 17:15:14 [削除依頼]
    美代Side

    「え…?」

    雅人が私の首をなめた。

    「ひ、ひゃあ…」

    背中に何かが走る。

    「ちょ、雅人…」

    「美代は黙って」

    そして、キス…。

    たったそれだけの
    事だったのに。

    「美代は柔らかい肌だなぁ」

    雅人が猛獣の目になって、
    また私を襲おうとした。

    「…もっと楽しませてもらうね」

    キラリと雅人の目が光り、
    私の体を見た。

    『ー 危 な い 』

    直感でそう思った。

    いくら彼氏でも、
    これは危ない。

    私の体は、勝手に動き
    雅人を平手打ちしていた。

    気づけば、雅人が
    横たわっている。

    頬を痛そうに押さえている。

    「いってぇ…」
  • 175 *.未夢⇔(*×. id:8FgWRxj1

    2013-03-07(木) 17:32:58 [削除依頼]
    美代Side

    「ち、ちょっと雅人!
    大丈夫!?」

    「…う、うん」

    「ご、ごめん!
    つ、つい…」

    頭を深く下げて
    謝って、雅人の
    顔色を伺う。

    「良いよ、俺が悪かったし…」

    雅人は苦笑いしながら
    立って帰る支度を
    し始めた。

    「もう帰るの…?」

    「うん、美代に悪く
    しちゃったしな…」

    申し訳なしそうに
    ドアを開けて階段を降りる。

    私の性だ。せっかく仲良く
    なり始めたのに。

    また、前みたいに
    なっちゃうんだ。

    後悔しても遅い。
    でも誤解を解かなきゃ。

    「あの!私が悪かったの!
    また前みたいに
    出来る…よね?」

    雅人の裾をつかんで、
    必死に止める。

    まだ出ていって
    ほしくないから。
    このままだと、
    また関係が
    終わる気がしたから。

    「…もちろん」

    ガチャリ ー。

    無惨にも、ドアは閉まった。

    本当に大丈夫だったのかな。

    少し心配。ううん、凄く心配。

    このまま
    また喋らなくなるんじゃないか
    って、そう…思うんだ。
  • 176 *.未夢⇔(*×. id:kDt3h1U.

    2013-03-08(金) 16:46:39 [削除依頼]
    美代Side

    「…そんな」

    独りで玄関のドアを見つめ、
    座り込んだ。

    雅人が怒った事、
    もうキスしてくれない事、
    一緒に出掛けれない事、
    全てが悲しくなった。

    まだ決まった訳じゃないのに
    マイナス思考に考えてしまう。

    一筋の涙がこぼれ、
    フローリングに滴る。

    オシャレしたスカートは
    シミが出来て、まだら。

    そんな姿が
    哀れにみえてきて、
    バカらしくなって。

    「そ、うだ…」

    …雅人がくれた
    ケーキを食べよう。

    そうすればきっといいはず。

    ティーパックで
    淹れた紅茶と
    一緒に頂く。

    こぽこぽこぽ…と
    コップに紅茶。

    湯気が沸き立ち、
    良い香り…。

    ティーパック、だけど。
  • 177 *.未夢⇔(*×. id:kDt3h1U.

    2013-03-08(金) 16:59:06 [削除依頼]
    美代Side

    「美味しい…!」

    モンブランを一口
    食べると、
    それはもう
    パラダイスだった。

    舌でとろける栗クリーム。

    程よい上品な甘味で、
    くどくない。

    土台のビスケットは、
    サクサクしていながらも
    ふんわりとした食感。

    特に、上に乗ってる
    大きい栗が絶品。

    甘く煮てある栗は、
    クリームと良く合う。

    運命の出逢い、
    みたいな…?

    「あ…」

    ー 運命の出逢い。

    雅人と私、みたいな。

    「そういう事なんだ…」

    絶対、仲直り
    しなくちゃいけない。

    だって、運命の人なんだもん。

    『仲直りしたい』

    じゃ駄目なんだ。

    『仲直りする』

    じゃなきゃいけないの…。
  • 178 *.未夢⇔(*×. id:kDt3h1U.

    2013-03-08(金) 17:22:25 [削除依頼]
    *.作者からのお知らせ


    思えば、もうすぐ200ですね。

    いやぁ早いもんですね〜、
    小説というモノは!(←は?

    さてさて、読者の方は
    圧倒的に少ないと
    思うのですが…

    私、寝る前に突然
    考えつきました。

    「あぁ!更新200記念に、
    キャラ応募したら、
    どうかしら!?」
    …と。

    という事でですね。
    ぜひともキャラを考えて下さると
    嬉しいな〜(´∀`*)人 エヘヘ

    出来ればこうして下さると
    こちら側が楽です。
    お手数かけます。

    *.人物の性別⇔
    *´-`)コレがないと
    物語に出しません。

    *.人物の名前⇔
    *´Д`)名前ない人って
    居ないでしょ?

    *.人物の性格⇔
    *;´-`)こちらで決めるのは
    大変でございます。

    *.貴方のお名前
    *´ω`)bb一応、出しますので。

    *.その他⇔
    ココは無くても構いません。
    「人物を、雅人の従兄弟に
    絶対してください!」
    とか、見た目とか。
    なければ、私が
    自由に決めます!

    ※なお、人物が登場した後
    文句は一切受け付けません。
    [何か]を希望せずに、
    [何か]が希望通りに
    ならなかった場合、
    それは貴方の責任です。

    それでは、
    『*.林檎飴200更新記念キャラ応募』受け付け開始です!
    たくさんの人が
    応募してくれるのを
    頼むばかり…
    なかったらどうしよう…!?
    ヤバいな。

    P.s 終了は4月中旬を予定…*
  • 179 *.未夢⇔(*×. id:vswYo/C0

    2013-03-09(土) 11:21:25 [削除依頼]
    バリバリ更新しますよ!!
  • 180 。°*歩羽*。°(鈴夏) id:5cq3Pxz/

    2013-03-09(土) 11:29:05 [削除依頼]


    凄い!

    頑張ってください(´艸 `*

    応援します●^^●
  • 181 *.未夢⇔(*×. id:vswYo/C0

    2013-03-09(土) 11:32:34 [削除依頼]
    美代Side

    「雅人に電話しなきゃ…」

    がさごそとバッグを探って、
    携帯を取り出す。

    若葉色のケースが、
    何とも可愛らしい。

    パスワードを
    慣れた手付きで
    打って、
    アドレスを開く。

    「お願い、
    雅人出て…?」

    ぷるるるぷるるる…

    シーンとした部屋に、
    着信音が響き渡る。

    「…もしもし」

    ちょっぴり怒った様な声。

    やっぱり、怒ってる。

    「雅人、さっきはゴメン」

    「あぁ、別に良いよ」

    「ケーキ美味しかったよ」

    「あぁ、そう」

    何だか、会話が弾まない。

    気まずい空気が、
    電話越しでも
    伝わってくる。

    「で、何の用?」

    冷たく返され、
    少し傷付いた。

    でも、悪いのは私だもの。

    謝るのは、私だ。

    「あ、謝ろうと思って…」

    「何で謝るの?」

    またもやすぐに返される。

    心が折れそうだよ…。

    「…ねぇ、許してくれる?」
  • 182 *.未夢⇔(*×. id:vswYo/C0

    2013-03-09(土) 11:35:40 [削除依頼]
    *.歩羽さん

    わぁ!ありがとうございます!
    更新頑張りますネ*´`*
  • 183 *.未夢⇔(*×. id:vswYo/C0

    2013-03-09(土) 19:10:35 [削除依頼]
    今日結局
    全然更新出来ませんでした…
    すみません…(´Д `)
  • 184 *.未夢⇔(*×. id:vswYo/C0

    2013-03-09(土) 19:17:43 [削除依頼]
    美代Side

    「私の事、許してくれるの?」

    涙声になって、
    鼻がつーんとする。

    「何の事?」

    「私がした事
    許してくれるの?」

    雅人は驚いたに違いない。
    声が裏返ってる。

    「許すっていうか…
    俺、怒ってねえよ?」

    そう言ったけど、
    声が低く唸ってるみたい。

    「嘘だ、声が低いもん」

    本当に涙が溢れ出てきて、
    押し殺していた気持ちも
    どっとあふれでた。

    「!?おいおい、泣くなよ!」

    「だぁっだってぇえええ…
    うわああああああぁん!!」

    「俺が困るよ!
    あーもう、声が低いのは、
    花粉症だよ、花粉症!」

    「ぐすっぐぐっ…
    花粉症?」

    思いもしない言葉が
    電話越しに聞こえる。

    「そ、花粉症」
  • 185 *.未夢⇔(*×. id:eprNDD./

    2013-03-10(日) 11:20:24 [削除依頼]
    美代Side

    「花粉症……」

    「お前花粉症も
    分からねぇの?
    アレルギーだよ、花粉の!」

    雅人の声で思い出す。

    雅人は極度の花粉症で、
    毎年、春になると
    声が低く唸ってる
    みたいになる。

    それで、あんまり
    人と喋りたく
    なくなるんだ。

    「あーっそうだったねぇ!」

    涙が止まって、
    私は嬉しくなった。

    だって、いつもの雅人に
    なった気がするから。

    「良かった雅人!
    いつもの雅人だねぇ」

    「いつもの雅人…?」

    雅人は不思議そうな
    声だったけれど、
    とにかく一件落着!…だよね?
  • 186 *.未夢⇔(*×. id:eprNDD./

    2013-03-10(日) 11:29:13 [削除依頼]
    >>178をご覧くださいませ。 ↑ 『*.林檎飴更新200記念のお知らせ』 美代Side 「あーもう良かった!」 「俺はなんのこっちゃ 分かんないんだけどな…」 「それじゃあね!」 「おう、またな」 電話を切って、 次はシューに手を出す。 「お〜、お、美味しい!」 これまたパラダイス。 中のクリームは フルーツの甘味が ほんのりとして、 外のシューは、 サクサクで。 「あ、でも。 待てよ…?」 一つ、重大な事を 思い出した。 「母さん達に どう説明すれば いいの?」
  • 187 *.未夢⇔(*×. id:eprNDD./

    2013-03-10(日) 11:44:14 [削除依頼]
    美代Side

    私の予想では、
    母さん達は
    もうすぐ帰ってくる。

    ってことは。
    多分、こうなる筈だ。

    『ただいま、美代』

    『お帰り、お祖母ちゃん
    の体調どうだった?』

    『うん、思ったほどないわ』

    『そっか、良かった!』

    『何か食べた?』

    『えっあ、うん
    冷凍食品を…』

    『そう、なら良かった。
    って…んん?
    何かしら、これ』

    『あっ…!』

    『これ、あの洋菓子店の
    シュー!?どういう事!』

    『ひぇ〜!』

    になる。絶対なる。

    「う〜ん。どうすれば
    良いか迷うな…」

    その時。メールがきた。

    でも、雅人じゃなくて母さん。

    『もうすぐ、着くわ』

    というシンプルな文。

    いかにも、文が苦手な
    母さんらしい。
  • 188 。°*歩羽*。° id:vpff0Td0

    2013-03-10(日) 12:02:32 [削除依頼]


    面白い^^


    頑張って~~▽▼ファイト☆▼▽


    馴れ馴れしくてスミマセン(´^ `;
  • 189 *.未夢⇔(*×. id:eprNDD./

    2013-03-10(日) 18:35:44 [削除依頼]
    *.歩羽さん

    ありがとうございます!
    いえいえっ!
    むしろ、馴れ馴れしく
    していただいた方が
    私も嬉しいですので(ノω\*)
  • 190 *.未夢⇔(*×. id:eprNDD./

    2013-03-10(日) 18:43:06 [削除依頼]
    美代Side

    ひとまず、シューは
    私の部屋へ
    避難する事にした。

    クロゼットに入れるから
    クリームが溶けないよう、

    保冷剤とやらを、
    大量盛り沢山に詰める。

    「これで大丈夫!かな?」

    腕を組み、
    さすが私だ
    と思い感心していると

    「美代〜っ?
    ただいまぁ」

    「お姉ちゃ〜んいる?」

    「美代、留守番サンキュ」

    三人の声が二階の私まで響く。

    「はーい、いますよー
    お帰りなさい!」

    バタバタと、
    下へ降り
    三人を迎えに行った。

    何だか、良いことが
    起きそうな予感…。

    この予想は後々
    当たるんだけど、
    まだ先の話。
  • 191 *.みゆう id:axBEiqr/

    2013-03-12(火) 18:56:38 [削除依頼]
    ど-も!未夢です(*・ω・*)

    ねむ変しゃした*` ∀´)ゞ

    平仮名って可愛いな〜
    と私的に思って、はい。

    これぞ、シンプル!

    でも私のトレードマークっぽい
    『*.』は抜かしてませんよ!

    ⇒(*.林檎飴)にも、
    誰かの返事をする時も
    ⇒(*.山田花子さん)
    自分の名前にも
    ⇒*.みゆう◇◆

    ということで、宜しくデス(´`*)b
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません