*@home*32コメント

1 梨音 id:ERtEHWA1

2012-12-30(日) 21:29:10 [削除依頼]
 
ずっとこのままでいいはずない。
その決心は全てを変えた。
 
_____全て壊れた。
  • 13 梨音 id:ERtEHWA1

    2012-12-30(日) 23:57:01 [削除依頼]
    悔しさか、苛立ちか。得体の知れない感情が渦巻いていた。
    俺は知っている。両親はじいさんによって殺められたということを。知っているのに、何もできない。
    俺がじいさんに問い詰めた日、じいさんは笑って言った。
    「警察に言うなら茜音の命は無いだろうね。」
    脅かされた。それからはまんまと言いなり。俺達はじいさんに引き取られたのだった。
    もう俺は弱くない。茜音だって高校生だ。ここで、決着をつけるか。
    そう思った。
  • 14 梨音 id:BeJLqg..

    2012-12-31(月) 00:00:05 [削除依頼]
     鈴へ ((早速ww))
    →分かったー(ω)
  • 15 若宮 鈴音 id:ez-0TOuVPh1

    2012-12-31(月) 00:01:30 [削除依頼]
    梨音sは、りおんって読む??
  • 16 梨音 id:BeJLqg..

    2012-12-31(月) 00:02:21 [削除依頼]
    そーです!
  • 17 若宮 鈴音 id:ez-0TOuVPh1

    2012-12-31(月) 00:03:21 [削除依頼]
    じゃあ、りおって呼んでいい??
  • 18 梨音 id:BeJLqg..

    2012-12-31(月) 00:05:09 [削除依頼]
    全然いーよー^^
  • 19 若宮 鈴音 id:ez-0TOuVPh1

    2012-12-31(月) 00:08:59 [削除依頼]
    ありがと―っ♪

    あたしも小説、書いてるんで良かったら来てねッ♪

    駄作だけどww(笑)
  • 20 梨音 id:BeJLqg..

    2012-12-31(月) 00:15:29 [削除依頼]
    読む読む!
    タイトル教えてー♪
  • 21 若宮 鈴音 id:ez-0TOuVPh1

    2012-12-31(月) 00:19:28 [削除依頼]
    『バカ萌えッ!!』ってやつww(笑)
  • 22 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 00:27:42 [削除依頼]
    鈴→あけおめー^^ 
    遅くなっちゃったけど読むねー♪
  • 23 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 00:54:58 [削除依頼]
    あれは雨の降る日だった。
    中3の俺は、傘をささずに走って家に帰った。茜音は小1。俺のことが大好きな可愛い奴だった。
    「ただいまー。」
    小さな声で言う。そんな呟きのような言葉を聞き逃さず茜音は駆けてきて笑顔で迎え入れる。やっぱりそれは嬉しかった。
    …。来ない。いないのか。
    リビングに入ったところだった。
    「おかえりなさい。君を待っていたよ。」
    母親でも、父親でも、茜音でもない低い声が響いた。瞬間、腕を取られた。気付いた時には身動きが取れなくなった。
  • 24 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:10:06 [削除依頼]
    初めて周りを見渡せば、倒れてる両親。ガムテープで拘束された茜音。マスクを被った人間。
    「よく見とけ。」
    マスクの人間はそう言った。そして父親の首に縄を絡ませる。
    状況把握はできていない。ただ、恐怖のみ。何が起こるのか、そんなの容易く予想出来る。
    絞める。
    ゆっくり、強く。
    眠らされているのか、目を覚まさず呻き声をあげた。息を引き取るのは早かった。
    目の前で起きた出来事。目を背けたくなるような目前の地獄に、気付けば俺は震えていた。
  • 25 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:20:13 [削除依頼]
    茜音は声をあげて泣いている。小学生に受け入れられる状況ではないことには間違いない。俺にだって受け入れられない。
    マスクの人間は無造作に母親の首に己の手をかけた。
    母親は目を覚まし、足をばたつかせた。なんとか苦しみから逃れようともがくが、次第に動きは鈍くなり、やがて止まった。
    「決着、だ。」
    マスクの人間は嘲笑うかのような声色で言った。
    解放される俺と茜音。動けない俺と茜音。
    マスクの人間は俺の腕を引いて別の部屋に連れて行った。
    茜音の泣き声がBGMのように響く。
    目の前のその人がマスクを取った。
    見覚えのある顔だった。
  • 26 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:28:21 [削除依頼]
    「じい…さん…?」
    呼吸もままならないまま問う。
    「もうすぐ俺の雇い人が捕まる。お前と茜音は俺が引きとる。」
    意味が分からない。頭の中であの映像が繰り返される。
    怖い。寧ろ今この場で俺の首を絞めて欲しいぐらいだった。口を開けば吐いてしまいそうで、ただじいさんの目を睨んでいた。
    「警察に伝えたって構わない。ただその時は茜音の命はないと思え。」
    脅しのように耳元で囁き、じいさんはマスクを被った。
  • 27 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:45:26 [削除依頼]
    放心状態だった。
    その場に崩れ落ち、頭を掻きむしった。
    両親の死か、じいさんの微笑みか、はたまた茜音の泣き叫ぶ声か。
    日常生活で有り得ない出来事が起こっている。それだけで俺の理解の容量を超えていた。
    泣いている茜音の顔がよぎる。俺よりも不安なはずだ。
    なんとか自分の体を持ち上げ歩き出した。
    リビングに入るとそこは酷い有り様だった。震える体に鞭を打ち、うずくまっている茜音を抱く。背中をさすっても、泣き止むことなどなく、ママ、パパ、と喚いた。
    俺だって泣きたい。でも、今泣いたら茜音が壊れてしまう。その一心で茜音を強く抱きしめた。
  • 28 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:51:05 [削除依頼]
    扉が開く音がした。見慣れない顔が入ってくる。
    警戒し茜音を隠した。入ってきた男が警察に通報した。
    「雇い人が捕まる。」
    じいさんが言っていた。この人が罪を被るのだろう。
    警察は8分程で到着した。男はか細い声で
    「僕がやりました。」
    と言った。その場で男は逮捕。警察内ではこの事件は解決となったのだった。
  • 29 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 01:56:44 [削除依頼]
    真犯人を知っているのはその男と俺だけ、茜音に言えるはずなんてなかった。
    そのまま10年が過ぎた。あの恐怖は時間が経てば消えるものではなく、ふとした瞬間にフラッシュバックする。
    葬式の日、親戚に
    「お兄ちゃんが茜音ちゃんを支えるんだよ。」
    「お兄ちゃんだから泣いちゃ駄目。」
    と言われた。泣いちゃいけない、そう心に言いつけてきた。限界はとっくに超えていた。
  • 30 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 02:00:12 [削除依頼]
    「決着。」
    そう呟いた。区切りをつけたい。事件を終わらせたい。でも茜音につらい思いはさせたくない。色々な気持ちが交錯し、破裂寸前だった。
    茜音にじいさんが犯人だ、なんて言えない。
    どうしたらいいんだろうか。
  • 31 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 14:20:56 [削除依頼]
    あの日から茜音を支えることが精一杯で自分の状態を見て見ぬ振りをしてきた。本当は俺だって泣きたかったし、助けられたかった。
    決着をつけたいのは過去と決別するため。自分がこの苦しみから逃れるため。
    だとしたら茜音を巻き込む訳にはいかない。汚れるのは一人で充分だ。
    ひとつ溜め息をついてからバイトの準備をした。
  • 32 梨音 id:.otuzne0

    2013-01-02(水) 14:27:16 [削除依頼]
    時給が良い道路工事のバイトは13:00から18:30までで結構きつい。無理を言って昼からにしてもらっているから一生懸命やっている。
    ただ、今日は雑念が多かった。どうすれば茜音、遼太郎に危害を及ばせずに復讐を遂行できるか。そればかり考えていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません