青い蝶1コメント

1 三波 id:j.EIPWG/

2012-12-29(土) 12:43:51 [削除依頼]
第1話【キミを見つけた夜】

ああ…なんでこの世界に生まれたのだろう。

とても窮屈で自由に羽ばたけない。

縛られた世界に。

キーンコーンカーンコーン…
チャイムが鳴った。もう、放課後か。今日も何も起きなかった。つまらなかったってこと。
私の名前は『星野 葵』中学2年生。
友達0。皆私をいない者扱いする。
そして私に脅しをかけて良いように扱う。
成績は中の上くらいだし、そんなバカでもない。
なにかやらかしたか、と言えば何か心の中で突っかかる。
何をしたかなんて思い出せないし、クラスの人なんかに聞いても逃げていく。家族は何も知らないっていうし。
「はあ…」
今日は雨。傘はもってきてないけど、別に良い。雨は好きだ。私と同じ、『この世がつまらない』って言ってるみたいに、冷たくあたる。
私が楽しくない、とかマイナスに考え出したのは小学4年生の頃。それまでは何をしても楽しかった。この時までは『世界1』なんて言葉何回も使ってた。夢があったから。
それももう忘れた。夢なんて無かったみたいに変わったの。
そのときから、何か自分が欠けているような気がした。心のパズルのピースがかけていて何かが無い。
どれを当てはめてみてもなにか違う、ぴったりはまらない。
それを追いかけてもう数年たつ。かけた、ピースを探して…。
冷たい風。冷たい雨のしずく。私の人生はこのまま終わって夢の無いままなの?
そう思ったとき、1人歩く、坂道の前になにかとても光を放つ、物が浮かんでいた。
私は光の行くほうへついて行った。来て、って言ってるみたいだったから。
来た先は私の家だった。夢だったのかと思って目をこすって家を見ると、まだそこに光はいた。
家に入ると、いつもの家で、お母さんは『おかえり』といっている。お母さんには、見えないの?こんなにも明るく光っているのに?
私が自分の部屋に入ると、光っていた物は光らなくなって座っていた私の足元に落ちた。
拾うと、それは蝶だった。青色でとてもきれいな蝶。まだ生きててほっとしたけど、なぜ、この蝶は光っていたの?なぜ、私の部屋に来るの?
不思議だらけの蝶に私はこう言った。
「明日、質問しても話せるようにしといてよ」
私はそっと机に蝶と砂糖水を置いて部屋をでた。
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません