触れないで、36コメント

1 Lua id:RqGSJl.0

2012-12-29(土) 09:22:16 [削除依頼]



泣きたくなるの、ごめんね。


(冷めた少年と男性恐怖症の少女の恋物語)
  • 17 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 11:22:22 [削除依頼]

    サイレンが響いている。事件でもあったのかな。
    そんなことを考えて少し可笑しくなった。
    私だってたった今犯罪にあったばかりじゃないか。
    街の騒ぎをよそに私はひとり目を瞑った。
    長時間の恐怖に身体は疲れ切っていた。もう何も見たくなかった。

    何かが近づいてくる気がした。
    重い瞼を開ける。人影がこちらに向かってくる。
    私の服ははだけたまま。羞恥は感じたが直す気力はなかった。
    私は微動だにしなかったから人影は私がいることに気づくと驚いたのか歩みを止めた。
    「女?」
    そう呟いたことから、人影が男だとわかる。
    男は動かない私と距離を縮める。
    私はもう少しだけ瞼を開けた。男は少年だった。
    「襲われたのか?」
    同情するわけでもなく、感情の読めない声でそう聞かれた。
    応えなくちゃいけないのかなと思ったけど、私は疲れて頷くこともできない。
    街のサイレンはさらに高く鳴り響く。
    少年は路地の外に顔を向けた。
    「戻る」と誰に言ったのかわからない一言を言い残して私の前から消えていった。
  • 18 冬瀬アヤ id:U7ueDdw.

    2012-12-29(土) 11:25:55 [削除依頼]
    神が降臨なされた。
    そう言っても過言じゃない。

    あたしのために頑張っちゃうってそれ、反則です///
    ありがとう、死後もついていくことを決断しました!(迷惑すぎる


     
  • 19 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 11:45:47 [削除依頼]

    どれくらい時間が経ったんだろう。
    喉が渇いて痛かった。少し力を入れれば身体が動かせるようになった。
    脚にこびりついた男の液は乾いて異臭を放っている。
    下半身が痛い。立ちあがってすぐに私はまた地面に崩れ込んだ。
    「おい」
    視線だけ上に動かすとさっきの少年が目の前に立っていた。
    「戻ると言っただろ」
    それだけ言うと少年は私に向かって手を伸ばした。

    何かが弾かれる音がした。

    自分が少年の手を払ったときに生まれた音だと気づくのにそう時間はかからなかった。
    時間が止まる。少年の表情が歪む。
    あんなに疲れた疲れたと思っていたのに、まだ男を拒む力がある。
    重症だなと自分を分析した私はひどく冷静だった。
    この少年はきっと良心で私に手を差し伸べたはずだ。
    それを拒んだ今、少年はどうするだろう?怒る?立ち去る?
    少年は構わず私の背中と膝の下に手を入れて抱き上げた。
    意識とは別に私の体は少年から逃れようとする。
    ずいぶん華奢だと思っていたが、私が抵抗してもほとんど無意味なほどに少年は力が強かった。

    「腐りたいなら勝手に腐れ。
     助かりたいなら大人しくしてろ」

    絶望していた私に許可された選択肢はふたつ。
    少年に言われた瞬間、死んだ心の中にまた愛されたいという欲が湧いた。

    お母さんに抱きしめられたときと同じように、私は少年の腕の中でじっとしていた。
  • 20 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 12:00:19 [削除依頼]

    アヤ

    私なんか神ってよんじゃダメよ(誰
    私の小説の主成分は妄想だから、文才という要素は使ってません!!
    さくさく書いていきますよ!!
  • 21 冬瀬アヤ id:U7ueDdw.

    2012-12-29(土) 12:10:20 [削除依頼]
    ★Lua(>20 すっごく待ってる! っていうかずっと待ってる! 死ぬまで!  
  • 22 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 12:28:59 [削除依頼]

    02.

    抱き挙げられて運ばれている間小さな震えは止まらなかった。
    今すぐ離れたいという欲求に抗ったのは腐りたくなんてないから。
    この人なら助けてくれるんじゃないかって、根拠のない期待をしかけた。
    昼間とは想像がつかない程に静まり返った街を不思議に思ったのはほんの一瞬で、突然やってきた睡魔に私は身を委ねた。

    目を覚ますと私は白い部屋の中に居た。
    身体にまとわりついていた男の液や汚れの間隔はもうない。
    清潔な服を着て、清潔な布団の中に寝かされている。
    頭が痛いのは路地に連れていかれる前に殴られたからだと今思い出した。
    すぐ隣のカーテンを寝たまま開けた。空は薄暗かった。
    「気分は?」
    いつの間に入ってきたのだろう。少年はすぐ後ろに立っていた。
    何と答えたらいいのかわからなくて私は黙って視線を合わせた。
    返事をしない私を気にする様子もなく、少年は急に私の顔に向かって手を伸ばした。
    ビクッと強張る身体。その瞬間向かうのをやめる手。
    「何が怖い?」
    「……男の、人」
    やっと発した声は恥ずかしい程低く、かすれていた。
    「そうか」という少年の声は誤魔化す様な咳払いに掻き消された。
  • 23 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 12:45:53 [削除依頼]

    「診察したが特に病気も見当たらないし妊娠もしていない。安心しろ」
    診察?こんなに若いのに医者なんだろうか?
    「あの……ありがとうございます」
    お礼を言ったが興味なさそうに頷かれただけだった。
    「それで」
    「え?」
    「帰るか?」
    帰る?また独りぼっちの家に?
    「あの……」
    「……」
    「私、男性恐怖症直したい、です」
    男の人は怖い。でも、ひとりはもっと怖い。
    ふたつを天秤にかけたとき答えは決まった。
    この少年といる方がまだ"マシ"。失礼な消去法。
    「医者なら、私のこと直せますか?」

    "腐りたいなら勝手に腐れ。
     助かりたいなら大人しくしてろ"

    大人しくしてたら助けてくれますよね?
    何から助けてくれるのかはわからない。
    でも、愛されかけて捨てられるっていう虚しいループから抜けられるならそれでいい。

    「カイ」
    「え?」
    「お前は?」
    「……ルー、ナ」
    「今日はもう休め」

    治療は明日からだ。そういってカイさんは電気を消した。
    真っ暗な世界になってはじめて、窓の外に星があることを知った。
  • 24 冬瀬アヤ id:U7ueDdw.

    2012-12-29(土) 12:49:19 [削除依頼]
    かっ、カイさん……!
    更新見てリアルに呟いてしまいました。


     
  • 25 Lua id:RqGSJl.0

    2012-12-29(土) 12:56:16 [削除依頼]

    アヤ

    カイって名前なんか好き///
    更新ちょっと止まるかも;;
    挫折はたぶんしないから、待っててくれると嬉しいです^^
  • 26 冬瀬アヤ id:U7ueDdw.

    2012-12-29(土) 13:00:04 [削除依頼]
    ★Lua(>25 うん! 冗談じゃなく死ぬまで待ってるから!  
  • 27  和奏  id:E9VPYh6/

    2012-12-29(土) 18:10:14 [削除依頼]

    きた.きましたよ.いろんな意味で.二通りの意味で.

    Luaっおかえりなさい!あとただいま! 黙
    ずっとPCできずにいて
    やっとPCできると思ったらコナンも終わってる時間帯
    ってなにそれ超ウケるんですけど.

    なにはともあれLuaの小説見つけたよーっ!
    題名見た瞬間中身見なくても
    あーこれLuaの小説だわー神小説だわーやばいわー
    っていうのが感じ取れたよさすがだねLua!!

    カイさんめちゃ好きやばいかっこいい
    アヤに引き続き迷惑がられても死後までついてくよ!
  • 28 冬瀬アヤ id:iWpqXaU0

    2012-12-30(日) 12:54:21 [削除依頼]
    僭越ながらあげちゃいますっ(>∀<♪


     
  • 29 Lua id:EVxmYmR0

    2012-12-30(日) 13:28:06 [削除依頼]
    すみません(>_<)
    1月3日までパソコン開けなくなりそうです...
    更新&コメントの返信遅れます;;
    年明けにまた会いましょう!!;;
  • 30 ゆず id:0WGDdT61

    2012-12-30(日) 13:29:33 [削除依頼]
    >29 そうですね〜。 忙しいですもんね。 1月3日、楽しみにしてます♪
  • 31 冬瀬アヤ id:iWpqXaU0

    2012-12-30(日) 13:46:58 [削除依頼]
    ★Lua(>29 了解です♪ 体に気をつけてね! よいお年を〜っ(^∀^*ノシ  
  • 32 珊瑚姫 id:S615bo50

    2012-12-30(日) 14:39:55 [削除依頼]
    はじめまして*

    最初から読まさせていただきました。
    綺麗な文章に、素敵な描写に、目を奪われてしまいました。
    いいなぁ、と羨ましくなる文才ですね*

    体には気をつけて、また年が明けたら頑張ってください!

    更新を待ちつつ、応援しています!*

    では★”
  • 33 冬瀬アヤ id:Qc850Z0/

    2013-01-04(金) 11:56:30 [削除依頼]
    Lua、明けましておめでと♪
    今年もファンとしてLuaを応援し続けます(^∀^*
    迷惑でも死後までついていく覚悟です(しつこい


    Luaが来てくれることを祈ってあげ!


     
  • 34 ゆず id:iFOy0pW1

    2013-01-04(金) 12:02:10 [削除依頼]
    一月三日超えましたね

    更新待ってます♪
  • 35  和奏  id:c6hUJKN0

    2013-01-04(金) 15:31:58 [削除依頼]

    あけましておめでとうございます,
    Luaの小説が今年も
    たくさん見られることを願って

    更新待ってます(′`*
  • 36 冬瀬アヤ id:Qc850Z0/

    2013-01-04(金) 22:25:11 [削除依頼]
    さ、最後に……あげ!


     
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません