夜中の王子様102コメント

1 ちい id:Kbt7Ov4/

2012-12-28(金) 09:55:07 [削除依頼]

ヒュー…ヒュ〜

冬の夜中の風は、

冷たくて立ってられない。

…ざわざわ

森の草木が急に風にのって暴れ出す。

ビクッ!!!

夜中は辺りも静かで、

音が鳴る度驚く。

「やだっ…もうっ…!」

そんな森中に家があってしまう、

佐々木 くるみ。高校1年生の15歳。

こわいのが凄く苦手な普通の高校生。

なんだが…凄く美少女なのだ。

いつも街では、

「どこに所属しているの?」

とか、

「うちの会社へ所属しないかい?」

とか…くるみは、街にはろくなことが

ないと思いこんでいるので、

こんな森中に住んでいたのだった…。
  • 83 のんのん id:avPOTpf.

    2013-01-05(土) 20:35:10 [削除依頼]
    >ちい

    忘れてた小説あんのか……笑

    もち見に行くね♪
  • 84 ちい id:5mqfMho/

    2013-01-05(土) 21:01:36 [削除依頼]
    >83 のんのん そうなのーww ありがと♥
  • 85 パラル id:VtzMMhD/

    2013-01-06(日) 13:16:11 [削除依頼]

     くるみcと大地kお似合いですね…(*´Д`)
     羨ましような、ちょっとヤキモチ焼くような…笑

     でもやっぱ、この小説ハマっちゃいました!!
     続き楽しみです☆
  • 86 ちい id:2fpGEid1

    2013-01-06(日) 14:00:02 [削除依頼]
    >85 パラルs お似合いですかな? 焼きもち?w もっと焼いちゃって♪w ハマった!?ほんと!? 嬉しい!!!ありがとう♥
  • 87 パラル id:VtzMMhD/

    2013-01-06(日) 14:54:50 [削除依頼]
     >86 もちろんホントだよ〜!! ハマるよ〜、キュンキュンするし? 更新FIGHT!!     なんかタメでごめんなさい(__)     ちぃs、あたしのコト呼び捨てでいーよー?
  • 88 ちい id:zExABBs0

    2013-01-08(火) 21:07:31 [削除依頼]
    >87 パラル ほんとー!! キュンキュン?w でもありがとうっ♥ がんばる!! じゃあパラルって呼ぶねぇ♪ パラルもちいのこと呼びタメで★*
  • 89 パラル id:0PcbNOK.

    2013-01-09(水) 15:37:57 [削除依頼]
     >87  あは(^^♪  じゃ、ちぃって呼ぶねっ!!  ありがとっ!!!ガンバ!!!
  • 90 のんのん id:P18LyCh/

    2013-01-09(水) 16:35:20 [削除依頼]
    >ちい

    やっほ★

    久しぶりー(>∀<*

    最近来れなくてゴメンねm(_ _)m


    あ、報告しとくね♪

    今iらんどで小説書いてるのだ(`・ω・´)←


    だからココに来る回数減るかも……。。

    更新頑張って(>Д<///
  • 91 ちい id:KEt9fBm/

    2013-01-10(木) 21:30:10 [削除依頼]
    >90 のんのん 久しぶりっ♥ 全然いいょーーんっ♪ ちいこそ来れなくてごめん/△\。 そうなんだー iらんどって、 何だかよくわかんないけど、 頑張ってね!!♪ 全然いいよ!がんばるる!! ありがとう!
  • 92 ちい id:VvFnduT.

    2013-01-11(金) 21:58:53 [削除依頼]

    「ほぉー、結構深い森だなっ」

    大地は、玄関の扉を開き、

    外に出て背伸びをしながら

    上を見上げる。

    「うん、そうだね…」

    くるみも改めて見上げる。

    「とりあえず空から見っかー…
    あ、くるみ…」

    大地はくるみを見てから

    んー、と考える。

    「くるみ、どうするよ?
    ううーん…う…?あ、あっ!!!」

    何かを思い付いたかのように

    大地の顔は明るくなる。

    そしてポケットから、

    変な機会を取り出す。

    「あいつ、でっかな?」

    その機会はパカッと空いて、

    簡単に言うと、DSみたいなもの。

    ビー、ビー…ビビッ

    大地があるボタンを押すと

    砂嵐が流れた。

    「おーい!!」

    くるみは不思議そうに見つめていた。

    ビビッーー…

    急にパッ!と画面がつく。

    『あぁ、大地か?なんかあったのか』

    大地似の大地よりは年上だろう

    イケメンさんがうつる。
  • 93 ちい id:7Nb74xi1

    2013-01-12(土) 19:56:24 [削除依頼]


    「滉っ!!
    女用の退治服ない?」

    "滉"と呼ばれたイケメンは、

    顔をしかめた。

    「はぁ?なんでだよ?」

    大地がニカッと笑う。

    「いやぁ、くるみも空飛べっかな〜…
    って思ってさっ♪」

    「くるみ…?」

    滉がダルそうな顔をする。

    「はぁ…彼女か?」

    「ちげーよっ!!佐々木くるみ!!
    オバケに目ぇつけられてんだよっ!」

    大地は少し恥ずかしそうに怒鳴る。

    「佐々木…な。ちょっと調べる」

    パソコンのキーボードの打つ音が

    方々聞こえてくる。

    くるみはまだ不思議そうにそれを

    見つめていた。

    「ん…お、あの大人気芸能人の娘か。
    くるみは、大地を探していたのか?
    そんな情報もあるが。
    ほぉ…世界を背負ってる…なるほどな。そういうことか」

    「そうそう!!ってか何で調べたら、
    んなの出てくんだよ!」

    大地が少し笑って言う。

    「女用な…
    あるけど、サイズわかんねぇし。
    くるみって子、見せろ」

    大地は「スルーかよ…」と呟きながら

    くるみをその画面に写した。

    「ん。了解…
    ていうか、可愛い」

    「いや、ていうか、お前
    思ったことしか言わねぇな、滉…」

    大地は呆れながら画面を自分に戻す。

    くるみは可愛いと言われたのに

    少しだけ照れている。

    「いやだって可愛いだろ」

    「いや可愛いけどさ、
    初対面で口に出す?普通。」

    くるみがそのやり取りを聞きながら

    照れながらも笑った。

    「あぁん?俺が普通じゃねぇとか
    言いたいのか?ぶっころすぞテメェ」

    「ちょ、おまっ、口悪いからマジで!」

    滉は最後に、ケッ、と言って、

    通信はブチッと切れた。
  • 94 ちい id:7Nb74xi1

    2013-01-12(土) 20:01:16 [削除依頼]

    「ごめん、くるみ。
    あいつ、口悪くて…」

    大地はあきれながら

    機会をポケットに直した。

    「ううん、さっきの、誰?」

    「いとこ!俺より1つ年上だ!」

    さっきの、滉はいとこらしい。

    結構似てた。

    「そうなんだ…仲いいね。」

    くるみがふふっ♪と微笑んだ。
  • 95 ちい id:imNSb1l/

    2013-01-13(日) 19:16:27 [削除依頼]


    「仲いいか?!
    昔はよく遊んでたけどなー…
    あいつ、昔から超賢くて、
    かっこよくて、すげぇ好きでさ…
    憧れだった。」

    くるみは、大地の横顔を見つめていた。

    その横顔は、キラキラしていて…。

    「まぁ、口悪いのがあれだけどな」

    大地はハハッ、と笑った。

    くるみは少し微笑む。

    「私はずっと一人っ子だから…
    きょうだいってものに凄く憧れた。
    母上も父上も、仕事ばっかりで」

    くるみのその微笑みには、

    どこか悲しさが混じっていて。

    「そっか…」

    「うん。でもね、
    私が世界を壊そうとして失敗したあの頃…
    私は公園で泣いてたんだ。
    理由は覚えてないけどね、
    急に同い年の男の子が隣に座ったの。
    私は驚いて顔をあげた。
    そしたら、笑顔満開で…
    『自分を信じて。
    君の心は 優しい』って…
    何を理屈に言ったんだろうね…。
    でも嬉しかったな」

    大地は、目をパチパチさせて考えた。


    俺…そのセリフなんか知ってるなぁ…

    しかも、泣いてる女の子
    泣き止ませた記憶も無くはない。

    まさか…な…


    「そんなやつもいるんだな」

    大地は笑顔満開で言った。

    「うん…なんか、大地。
    なんとなく、その男の子に似てる。
    その笑顔が、似てるかもしれない」

    くるみは嬉しそうに笑った。
  • 96 ちい id:nE.hzzI.

    2013-01-14(月) 11:37:58 [削除依頼]

    いろんな意味で大地はドキッとした。

    「そ、そうかな!滉から連絡だ!」

    滉にフォローされた感じだ。

    「くるみのサイズ見つけたから、
    今から送る。そこから動くなよ」

    ブチっ…

    それだけかよ!!

    ビビー…

    「おっ、来た来た!」

    大地とくるみの間に、

    不思議な光が舞った。

    その光が消えていくと同時に

    大地の退治服と似ている、

    薄ピンクの服出てきた。

    「わ、可愛い」

    くるみが声をあげた。
  • 97 パラル id:ilYnXfM.

    2013-01-14(月) 13:50:38 [削除依頼]

     ちぃ、進んでるねー!!
     これからどうなるかすっごい楽しみ?
  • 98 ちい id:nE.hzzI.

    2013-01-14(月) 21:23:13 [削除依頼]
    >97 パラル 進んだぁー^^ ありがと!!がんばるよょょ
  • 99 ちい id:ei7ZfE81

    2013-01-28(月) 14:38:23 [削除依頼]

    「どぅかな?」

    くるみが着替えて戻ってきた。

    その姿は、なぜか懐かしく…

    頭が少しいたくなる。

    何かを思いだそうとしているのか?

    心の奥から何か、

    不思議な記憶がよみがえってくる。


    「……父ちゃん、
    本当に僕にそんな力があるの?」

    不思議な、深い森の中。

    俺は誰かに何かを問いかける。

    父ちゃん…たぶん、父ちゃんに。

    「あるって!
    お前は俺の息子なんだから、
    ないほうがおかしいっての!!」

    父ちゃん、若い。

    何歳くらいだろう?

    たぶん、20だい。

    俺は、いったい何を
    問いかけているのだろう。

    俺は、いくつなんだ?

    僕、なんて…。

    しかも父ちゃんがいる。

    4つくらいか?


    「大地?!」

    「うわぁっ!」

    「きゃっ?!」

    大地の声に驚き、声をあげるくるみ。

    「……?」

    大地は何が何だか、自分の手を見る。

    大きい。

    あの頃の何倍も。

    戻ってきた、これは現実。

    「大丈夫!?急に倒れて…」

    「倒れた…?それだけか?」

    「え?どうしたの。それだけって…」

    くるみはそう言いながら

    倒れた大地の手をとり、

    立ち上がらせる。
  • 100 のんのん id:WAAjz7P0

    2013-01-28(月) 16:23:28 [削除依頼]
    >ちい

    やっほ★

    久しぶりー(>∀<*


    めちゃ進んでんじゃん!!←

    更新頑張れ♪
  • 101 ちい id:7PO0x7H/

    2013-02-04(月) 21:21:55 [削除依頼]
    100ダァーー♥(・ω・///) のんのん100踏んでくれてありがと♪ >100 のんのん 久しぶりーーっ!! ちいも時間なくて 全然来てないからねww 進んだ!! ありがと!!がんばるーーっ!!
  • 102 パラル id:FB/zBIW.

    2013-02-09(土) 21:52:26 [削除依頼]


     ちぃ、遅くなっちゃったけど
     100おめでとー!! (≧▽≦)
     
     これからもじっくり読むからね☆
     でゎ、更新頑張って?
     楽しみにしてま〜す♪
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません