全部ぼくらが殺りました1コメント

1 きう id:21a8izb1

2012-12-28(金) 00:37:45 [削除依頼]

初夏の優しく心地の良い温風に吐息を吹かれ、
都会では決して感じることの出来なかった僕だけの特権を、
向こうで別れを惜しんだ友人達に、自慢したく思う。
今となっては、もう懐かしい彼らの残像が、
使い古された白い畳の上に浮かんでは消え、浮かんでは消えていった。
このまま、大胆に開け放たれている頭上々の窓から
勢いよく飛び出して、僕に伸し掛る重い柵の解放を望む。
力なく垂れ下がり、ぶらぶらと揺れている腕と、
腹部に感じる鈍い痛みは、より一層のこと僕に激しい逃走欲を駆り立てる。
とにかく逃げ出したい。ここから逃げ出したい。

僕は、僕の腹に牙を突きたてている実に可愛らしい、
全長3メートル以上もありそうな犬っころに、
体の半分を食べかけられながら、
都会で味わうことを恐れ逃げ出した恐怖に、今、直面している。

そして、

「くそぉ゛?! 死にたくねぇ゛〜」

と、だらしなく泣くことしか出来なかった。
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません