裏切り者は何を見た?【いじめ系】12コメント

1 グリード id:ZGxQ9jF0

2012-12-23(日) 17:18:24 [削除依頼]
はじめてのいじめ系です!よろしくお願いします!!
  • 2 ポンコロ id:ytmevmm/

    2012-12-23(日) 17:20:24 [削除依頼]
    頑張れ!私も始めて書くとき緊張したから!
    リラックスで行けば大丈夫だよ!
  • 3 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:24:05 [削除依頼]
    ポンコロ

    応援ありがとな!!!
    初めて書くジャンルってなんか緊張するよなw!
    よくあるよくあr←
  • 4 乙葉@情緒不安定だコノヤロー id:eBanmcy1

    2012-12-23(日) 17:27:32 [削除依頼]
     あれ、ぐりー?
     戻ってきたん?
  • 5 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:32:24 [削除依頼]
    「転校生を紹介します」

    と先生が言うと、教室全体がざわめき始めた……。

    転校生と言うのはどこの学校でもよくある事だ……。

    ガラガラ

    という音がする。転校生がドアをあけて教室に入ってきたのだ……。

    私、鍵凪リアは、転校生にも目をくれないで、隣の席の幼馴染みで親友の古戸瑠央を見つめていた。

    転校生が

    「よろしくお願いします」

    と言う転校生の声が聞こえて、あわてて私は前を向いた。

    「伊達 梓です。」

    男の子だ。梓くんは、大きくお辞儀をすると、空いている席、瑠央と反対側の私の隣の席に座った……。

    私はこの時、まさかいじめが起きる何て事、思ってもみなかった……。
  • 6 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:33:47 [削除依頼]
    乙葉

    うん。戻ってきたぜ。ところで失礼だけど君が誰なのか思い出せないんだ。
  • 7 乙葉@情緒不安定だコノヤロー id:eBanmcy1

    2012-12-23(日) 17:36:25 [削除依頼]
      >>6 ぐりー  おい、TAMAりばーさいど見て来いよw
  • 8 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:37:47 [削除依頼]
    梓君は、みんなに平等に優しくて、とてもいい子だった……。

    だけど瑠央は、梓くんと仲が悪いみたいだ……。

    「やあ瑠央君、元気かい?」

    と梓くんが話しかけると……

    「……うるせぇ」

    と言う感じ。元々瑠央は口が悪いけど、梓くんの前になるともっと悪くなる。

    いったいどうしてなんだろう?
  • 9 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:38:45 [削除依頼]
    ああ!りばーさいどか!久しぶりにいってくる^o^
  • 10 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 17:50:51 [削除依頼]
    「ねえ、リアちゃん、ちょっと僕の話を聞いてくれないかな?」

    ある日の休み時間。梓くんが話しかけてきた。まわりの生徒たちは、グループでまとまって、何か雑談をしているよう。瑠央は寝ているようだ。

    しかし、梓くんの話ってなんだろう?
    私は

    「梓くんの話って何?」

    と梓くんに聞いた。すると梓くんは、私の耳元で、

    「僕さ、実は瑠央をいじめようと思ってるんだ。」

    そう呟いた。

    私は驚いた。なんでいきなり瑠央をいじめようなんて…………。
    私にはそんなことできない。だって瑠央と私は、親友だもん……。

    そんな事を思いながら私は梓くんに、

    「梓くん? 何でそんなこと言うのさ! ひどいよ!」

    と言った。すると梓くんは、ニヤリとしながら

    「アイツがイラつくからさ。」

    といい放った。今は担任の先生もいないし、生徒たちはみんな廊下とかトイレにいるから、今、教室には私と、瑠央と梓くん意外いない。だからこんな話をしていても、聞かれることはないのだ。
    梓くんはまた、ニヤリとして

    「実は僕、瑠央の家にいってる借金取りの息子なんだよね」

    といい放った。
  • 11 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 18:00:53 [削除依頼]
    文がおかしいところがあったけど、気にしないことにするww


    *****

    私は目を見開いて、梓くんに向かって……

    「本当なの?! 梓くん!!」

    と聞いた。すると大きな声を出しすぎたのか、瑠央の体が動いたので、

    「一旦場所を変えよう」

    と梓くんが言った。わたしはうなづき、梓くんについていった……。

    誰も使っていない空き教室にいって、話を続ける。

    梓くんが借金取りの息子なのは、本当のようだ。そして、瑠央をいじめるのは……、金を払わせるため。

    どうして、そこまでしなくちゃいけないのか、私はそう思った……。

    だから

    「私はいじめなんかしない!!梓くんが瑠央をいじめるんだったら……私は瑠央を守るよ!!」

    と叫んだ。
    瑠央をいじめるなんて……梓くん、優しい人だと思ってたのに!

    そんな事をしているうちに

    ーキーンコーンカーンコーン

    チャイムがなった……。
  • 12 グリード id:ZGxQ9jF0

    2012-12-23(日) 18:11:20 [削除依頼]
    瑠央の家は、確かに貧乏で、近くにすんでいる私も、家の前でヤクザのような人がドンドンとドアを叩いているのを見たことがある。

    けど、いじめなんてさせない。私が瑠央を守って見せる。

    放課後、私はそんな事を考えながら、校門をでた。私は部活に所属していない、帰宅部なので変えるのは早い。

    私は前を歩いていた瑠央に

    「一緒に帰ろう!」

    と笑顔で声をかけた。瑠央は私のほうを向いて

    「誰がてめぇと変えるかよバカ」

    と言う。まあいつもの事だ、瑠央に断られても、家の方向が同じだから、一緒にかえる事になるのだ。

    私は、瑠央の事が大好きだ。瑠央は私の事をどう思ってるかわからないけど、私は絶対に、瑠央を絶対守ろうと心の中で誓った……。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません