アナタはだぁれ?20コメント

1 零亜 id:ciV1a8r1

2012-12-22(土) 17:45:25 [削除依頼]
ふつつか者ですがよろしくお願いします
  • 2 零亜 id:O5HCD9b1

    2012-12-23(日) 08:24:25 [削除依頼]
    土砂降りの雨の中 赤い傘をさしうつむきながら一人ポツンと立っている女の子

    もうすぐで家だと言うのに

    私はすごく不思議な気がした

    「アナタはだぁれ?」

    たまらなくなって声をかけた

    女の子はうつむいたままだ

    と、思ったらいきなり顔をあげて

    「私はアナタの人生を大きく変える張本人よ」

    女の子はそのまま消えた

    「あっ、待って...」

    消えちゃった  私は不思議と怖いなんて思わなかった

    ただ、今日は早く家に帰ろう

    そう思って足早に家に向かった

    「ただいま」

    誰もいない家にこだました

    私は、一人暮らしだ

    親の家から、遠く離れたこの家に住んだのは

    今から5年前  高2の私はもう一人暮らしには慣れた

    最初はめんどかった自炊も今はちゃんとしている

    それにしても、今日の女の子は何だったのだろうか

    私の人生を大きく変えるとは どういう意味だ?
  • 3 零亜 id:O5HCD9b1

    2012-12-23(日) 19:12:25 [削除依頼]
    4時30分 私は起きた

    昨日の女の子 アレは一体なんだったのだろう

    私の人生が大きく変わるなんて 意味が分からない

    あぁ、今日は早く学校に行かないといけない気がしてきた

    時計を見ると5時をまわっていた 

    あれこれ考えているうちに時間が過ぎていたんだろう

    いけない ご飯、早く作らないと...

    さっさと、制服に着替えてご飯を作る

    急いで出来上がったご飯を食べて 早めに家を出た

    「行ってきます」

    誰もいない部屋に私の声が響く

    ?行ってらっしゃい?

    誰もいないはずの部屋からかすかに声が聞こえた

    幻聴かもしれないが、私には確かにそう聞こえた

    早く家を出なきゃ 

    私はそう感じながら鍵をかける

    後ろから強い視線を感じた

    昨日の女の子だ  

    「おはよう、昨日はなんで消えたの?アナタの名前は何なの」

    「逆に聞くわ、アナタはだぁれ?」

    「それは言えないわ」

    「そう、昨日も言った通り、私はアナタの人生を変えるわ」

    「別にいいわよ、私の人生がどうなろうと知らないから」

    「アナタは何も分かっていないわね 自分のしでかしたミスを」

    そうして女の子は風と共に

    消えた......
  • 4 零亜 id:O5HCD9b1

    2012-12-23(日) 21:53:05 [削除依頼]
    私は今までの自分の人生を考えた

    何が大変なミスなんだろうか?

    ミスとは何の事なのだろうか?

    何を分かっていないのか

    あの、女の子は、私の人生の何を変えるのか

    そんな事を考えていると、あっという間に学校についた

    学校の時計は7時15分を指していた

    校舎の2階 北廊下の突き当たり 2-3の教室だ

    閉じている教室のドア かすかに生徒の笑い声が聞こえる

    ガラッ

    ドアを開けると数名の生徒がこちらを見る

    「おはよう」

    「「「おはよう」」」

    こちらを見ていた生徒が私の声に答える

    私は自分の席に着く

    私の席は 最後の列の窓側の席

    隣はクラスで一番馬鹿な人

    前はクラスで一番五月蝿い人

    一番嫌な席でもある が、一番いい席でもある

    それは、先生が注目しにくい席であるからだ

    でも、勉強はしてる だって、学年主席を小6からずっと取り続けてきたから

    そんな事よりあの女の子は何だったの?

    今日の授業は、頭に入って来なかった
  • 5 零亜 id:IfLC3dG1

    2012-12-24(月) 08:17:32 [削除依頼]
    帰り際、ふと思い立って後ろを見た

    あの、女の子だ

    「どうしたの?」

    「アナタの人生を変えにきたの」

    女の子が言うと同時に私は何かに落ちた

    「うぅ、ここは...どこ?」

    「ここは、アナタの知らない世界よ」

    女の子がどこからかふっと現れた

    「知らない世界...」

    「そう、知らない世界」

    「私は、元の場所に戻れるの?」

    「ここで、ある事を果たしてもらわないと行けない」

    ある事? ある事ッて何なの

    「その、ある事とは...死んでもらうのよ」

    女の子が不気味に笑った
  • 6 零亜 id:IfLC3dG1

    2012-12-24(月) 08:28:17 [削除依頼]
    「死ぬ?」

    「そう、死んでもらうの」

    「それは、殺してもらうの?それとも、自分で?」

    「さぁ、それは分からない でも死なないともとの世界には戻れない」

    「分かったわ」

    「それじゃぁ、ここの世界を見学しましょう」

    あの、不気味な顔は何だったんだ と言うほど今度は無邪気に笑った

    それにしても私、あぁ、死ぬのか
  • 7 零亜 id:dtEzn580

    2012-12-25(火) 18:49:04 [削除依頼]
    「ここの世界は何をしてもいい国なの」

    「へぇ、じゃぁ窃盗とかひき逃げとか、殺し合いも?」

    「それが、今回の目的じゃない」

    「あ、そっか」

    「忘れてたの?」

    「少し、ね...」

    「危機感を持たないのね、アナタッて」

    「えぇ、昔からそう言われる」

    「そう言えば、アナタにも?名前?付けないとね」

    「どうして?私にも名前位あるわ」

    「名前くらい?アナタ名前を侮辱したらここで生きていけないわよ」

    「え...」

    「ま、死んでもらうのが目的なんだけど
     そうそう、名前  どうしようかしら」

    「私の、名前...」

    「アナタの名前は?シェリー?がいいわ」

    「シェリー」

    私の名前、今日からシェリーなんだ

    何か、不安が漂う

    「そうそう、ここの住人さん凶暴だから気をつけてね」

    「ねぇ、私の住む家とかあるの?」

    「あるわよ、ここがアナタの家」

    「ここ?」

    「えぇ、ここ全て」

    私は驚いた だってここは5階建ての家よ

    1人でここに住めッて言うの?

    ここの世界、私には理解不能だわ
  • 8 りお。 id:1dbtvJu/

    2012-12-25(火) 19:49:16 [削除依頼]
    とても続きが気になります!
    頑張ってください。
  • 9 潤風 id:bLWu.Xz1

    2012-12-25(火) 19:51:34 [削除依頼]
    続きが気になるねぇ…
    更新せねば…
  • 10 ムラサキ id:zeSf5xd0

    2012-12-25(火) 19:55:36 [削除依頼]
    続きが気になる
  • 11 ムラサキ id:8zCiIKs/

    2012-12-26(水) 15:09:13 [削除依頼]
    o
  • 12 フウカ id:v1FFVqT0

    2012-12-26(水) 17:46:44 [削除依頼]
    面白いですね!!


    がんばってください!
  • 13 零亜 id:DgP8tAq0

    2012-12-27(木) 07:29:33 [削除依頼]
    皆さん、ほんっっっとうにコメありがとうございます

    今、いたずら書きが多発されてるみたいなので

    更新出来ません  

    スミマセン
  • 14 零亜 id:DgP8tAq0

    2012-12-27(木) 07:34:27 [削除依頼]

    それでは、更新

    〜〜〜〜〜〜

    「うっわ、せっっま」

    入って気づいた  ここ狭すぎ

    いや、まだ5階だからいいけど

    え、だって1階だけで畳7〜8畳分位だよ

    この生活に慣れろッて言うのか

    「あら、この家の広さに感激しているの?」

    「えぇ、とーーっても感激してる」

    「それは、良かった」

    「ねぇ、アナタの名前は何なの?」
  • 15 零亜 id:DgP8tAq0

    2012-12-27(木) 07:35:50 [削除依頼]
    「そうね、この世界だから言うけど?ルウク?よ」

    「ルウクねぇ、いい名前」

    「元の世界に戻ったらこの名前は無効よ」

    「もし、言ったら?」

    「言ったら、死んでもらうわ」

    「2回も死ぬの?変な人生ね」

    「2回目の死はとっても怖いでしょうに」

    「それも、そうね」

    「ねぇ、シェリー、早く元の世界に戻りたい?」

    「それは...」

    「それは?」
  • 16 えーりん♪ id:tcDDA3k/

    2012-12-29(土) 15:23:54 [削除依頼]
    私の小説のほうにくれたコメ嬉しかったです!

    アナタの小説のほうもすごくつづきが気になる展開ですね!
    楽しみです!
  • 17 零亜 id:kAVhQam.

    2012-12-29(土) 20:26:02 [削除依頼]
    ありがとうございます

    超嬉しいです

    号泣
  • 18 零亜 id:wWt7Wjf/

    2013-01-02(水) 16:07:26 [削除依頼]
    「わからない 戻りたいけど もっとこの街にいたいの」

    「そう」

    「シェリーはこの街の住人なの?」

    「今は...ね 昔は違うところにいたわ」

    「ふーん、それってどういうトコ?」

    「そうね、しいて言えば...私にも分からないわ」

    「分からないの?住んでたのに?」

    「えぇ、それじゃぁ逆に聞くけどあなたの住んでいたところはどんなトコ?」

    「私も、分からない」

    「同じじゃないの」

    「そうね」
  • 19 零亜 id:cBDgAz10

    2013-01-22(火) 18:47:12 [削除依頼]
    「ねぇ、ルウク」

    「なぁに?」

    パァァン

    銃声の乾いた音が鳴り響く

    ルウクは余裕でかわす

    「それで、あたしを殺せると思ってるの?」

    「ただの力試しよ」

    「そう」
  • 20 えーりん♪ id:MF/8MGw1

    2013-02-26(火) 17:39:34 [削除依頼]
    とうとう殺し合いが始まった!
    めちゃくちゃ展開気になるー!
    がんばってください!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません