空色の君と海色の僕〜似ているようで似てない〜19コメント

1 緋和 id:UJ13xZm/

2012-12-17(月) 23:55:22 [削除依頼]
皆さん
初めまして!!緋和(あかわ)で〜す
一応、女子です
今回は男の子を主人公にして
かいていきますので
応援してくださると嬉しいです!!
  • 2 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:06:47 [削除依頼]

    春が終わり夏がきた
    うるさい蝉の声
    暑過ぎて授業なんて
    まともに受けられない

    まぁ、受ける気はもとからないけど・・・(笑)

    席が窓側の俺は授業を受けず
    ノートに落書きをしていた
  • 3 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:07:45 [削除依頼]


    春が終わり夏がきた
    うるさい蝉の声
    暑過ぎて授業なんて
    まともに受けられない

    まぁ、受ける気はもとからないけど・・・(笑)

    席が窓側の俺は授業を受けず
    ノートに落書きをしていた
  • 4 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:09:58 [削除依頼]
    すみません!!
    本当にごめんなさい!!!!!!
    間違って同じ文を二回も
    更新しちゃいました・・・
  • 5 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:21:50 [削除依頼]
    「なぁ、紫桜」
    後ろの席(俺の親友)の
    古斐屶 竜希(こひなた りゅうき)が
    俺を呼ぶ
    「なんだよ、俺はな今、落書きで忙しいんだ」
    「落書きしてんなら暇じゃねかよ
    それより、空見てみろ!」
    「はぁ!?何で空なんか・・・」
    そう言いながらも竜希の指差した空を見る
  • 6 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:34:17 [削除依頼]
    俺が見たのは
    綺麗な空に一筋の飛行機雲
    俺は何故かその風景に見とれていた
    「な!!綺麗だろ?」
    「そうだな・・・」
    何だろう、凄く懐かしく感じる
    「古斐屶 竜希、
    海城 紫桜(かいじょう しおう)
    お前らうるさいぞ!!しっかり授業を受けろ!!」
    「「は〜い」」
    先生に注意されて
    おまけに竜希とハモった・・・
  • 7 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:49:33 [削除依頼]
    それから授業が終わり
    ホームルームも終わった

    「やっと部活だー!!」
    うるさい竜希と教室を出る
    「おーい、紫桜!!」
    松島 之乃歩(まつしま ののほ)が
    遠くから俺を呼んでる
    「何?」
    「今日、部活来るのか?」
    之乃歩とは同じ部活だ
    「行かねぇから適当に言っといて」
    「分かった!!」
    そう言い之乃歩は部室へと走って行った
    「お前、最近部活休み過ぎじゃないか?」
    竜希が心配そうに言う
    1週間ぐらい行ってない
    「別にいいんだよ!!大会近い訳でもねぇーし
    やることないし」
  • 8 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 00:56:25 [削除依頼]
    「確か芸術部だっけ?お前」
    「あぁ、バスケ部入ればよかった」
    「じゃあ、なんで芸術部に入ったんだよ」
    「なんとなく・・・」
    理由なんてないただ・・・
    面白そうだと思ったからだ
    「じゃあ、俺こっちだから」
    そう言って俺と
    逆方向=1階への階段を降りていった
    俺は屋上へ向かう
  • 9 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 01:14:40 [削除依頼]
    屋上は鍵が掛かっておらず
    自由に出入りできる

    屋上に来て俺はできるだけ人目に
    つきかない場所を選んだ
    そこで大の字になって寝た
    鞄は近くに放り投げてある

    10分位寝たと思う
    ここは風通しがいいから
    気持ちよく寝れる

    目が覚めたら
    グラウンドから竜希の声がする
    「あぁ、竜希が部活してんだ・・・
    あいつサッカー部だったな」
    そんな事言ってどうすんだよ俺・・・
    頭がボーとしている
    また大の字になって空を見た
    「もう消えてるよな・・・」
    さっき見た飛行機雲は消えていた
    当たり前だけど・・・
    眩しくて手で太陽を隠した
    「眩しいです!!太陽様、お辞めください!!」
    何やってんだ俺・・・バカか!?
    いやついに頭がイカれてしまったかも・・・
  • 10 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 15:42:05 [削除依頼]
    そんなこと考えてたら
    また眠くなってきた
    「あと10分位寝るか・・・」
    壁に背をつけて寝た

    どれぐらい寝たんだろう
    俺が目を覚ました時
    空は茜色に染まっていた
  • 11 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 16:05:24 [削除依頼]
    「あれ、俺そんなに寝た!?」
    俺は10分位しか寝てないつもりなんだけど
    「今、何時だ?」
    腕時計を見た
    午後6時半過ぎを指す
    「そろそろ帰ろうか」
    立ち上がった時誰かが屋上に来た
    思わず身を隠してしまった
    女だ、
    肘位まである長い髪は茶色でストレートだ
    顔立ちは可愛いと綺麗、
    どちらの言葉も似合う
    目の色が変わっていて水色だった
    「綺麗な景色」
    そう言って彼女は柵に身を乗り出す勢いで
    景色を眺めてる
  • 12 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 16:24:02 [削除依頼]
    美人だけど
    なんであいつセーラ服なんだ?
    ここ(魅乃詩海空中学校=海空中)の制服は
    ブレザーだぞ!?
    「お前、誰だ」
    彼女は俺の存在に気づいた
    「あなた、ここの学校の子?」
    落ち着いた声で問う彼女の目は悲しげだった
    「そうだけど」
    「そう・・・、私は緋櫻 く・・・空(ひおう そら)
    明日からここに転校してくるの
    ヨロシクね!!」
    彼女は笑った でもどこか寂しそう
    「転校生か・・・俺は海城 紫桜
    よろしくな クー!!」
  • 13 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 23:45:59 [削除依頼]
    「なっ・・・!!なんで『クー』なのよ!!!」
    「えっ!空って『くう』とも読めるじゃん
    だから『クー』」
    「止めて!!」
    緋櫻が俺に怒鳴ってきた
    「どうして・・・」
    「嫌なの!!その名前で『クー』って
    呼ばれるのが嫌なの!!」
    今にも泣きそうな顔をしている
    「なんで?」
    「なんでもいいでしょ!!あんたには
    関係無いのほっといて!!
    それから、私のこと
    もう『クー』って呼ばないで!!!!」
    緋櫻は屋上を出ていった
    あいつ泣いてた・・・?
    「意味わかんねぇ・・・」
  • 14 緋和 id:Yril25x.

    2012-12-18(火) 23:57:22 [削除依頼]
    緋櫻 空

    屋上を飛び出してきてしまった
    「あいつに何がわかるのよ」
    いつの間にか私は泣いていた
    なんで涙がでるの?
    なんであいつに『クー』って呼ばれただけで
    キレてんのよ私・・・
    「あいつなんか・・・大嫌いよ!!!!」
    そう言って学校を出た
    歩いて帰りたくない・・・
    「お父さんに電話・・・」
    ・・・!!!!!!
    携帯がない!!
    嘘!屋上に行く前まではあったのに
    まさか屋上に!!
  • 15 緋和 id:gj4kZJR1

    2012-12-19(水) 00:06:46 [削除依頼]
    海城 紫桜

    大の字になって空を見た
    すると
    一筋の飛行機雲がある
    「綺麗!!そうだ!!携帯、携帯」
    ポケットから携帯を取り出して
    写真を撮った
    「おぉ!!綺麗に撮れた!!!」
    テンションが上がった
    「そうだ!!!カメラがあったはず・・・」
    鞄の中を探る
    「あった!!!」
    カメラを取り出して写真を何枚も撮った
    「さすが芸術部!!写真の腕が上がったぜ」
  • 16 緋和 id:CNbjmzM/

    2012-12-20(木) 01:51:29 [削除依頼]
    ついでに屋上から見える景色も撮った
    ここから見える景色は絶景だ
    森もあって海もあっておまけに空が綺麗だ
    空の色が変わると海の色も変わる
    『鏡の海』と言ってる奴もいる
    森は眠りに入る
    この町の森は『眠りの森』と呼ばれてて
    夜になると真っ暗で静かだ
    朝には濃い霧がかかっている
    「やっぱりここの中学校きてよかった」
    俺は元々この学校に入る気だった
    でも親が別の学校を希望してきた
    俺はそれを押しきってこの学校を選んだ
    何故そこまでしてこの学校にこだわったかは
    俺もわからない・・・
    ただ、誰かと約束した記憶がある
    ずっと昔に誰かと・・・
  • 17 緋和 id:qZMT9VC1

    2012-12-23(日) 10:48:34 [削除依頼]
    また誰かが屋上へきた
    「げっ!あなた、まだいたの」
    入ってきたのは空だった
    「悪いかよ・・・!お前こそ何で
    またここに来たんだよ」
    「あなたには関係ないわよ」
    「そーですか」
    俺はまた写真を撮り始めた
    空はさっき風景を見ていた場所で
    何かを探してる
    「・・・」
    落とし物か?
    ピロロロロ ピロロロロ
    ん? 俺の携帯が鳴った
    「もしもし」
    『紫桜・・・いい知らせよ』
    「なんだ、母さんか」
    『いいから聞いて』
    「わかったから」
    『あなた、小さい時仲良かった子とか
    覚えている?』
    「竜希とか?アイツとは小学校から
    仲良かったけど」
    『違うわよ、もっと昔よ』
    「知らねぇよ」
    『本当?じゃぁ、空心 海星(くしん かいせい)君
    も覚えてない?』
    「空心 海星?」
  • 18 緋和 id:qZMT9VC1

    2012-12-23(日) 11:13:19 [削除依頼]
    「空心君?!」
    俺の話を聞いてたのか
    空が 空心 海星 に反応した
    「でそいつがどうしたの?」
    『海星君が帰ってくるのよ
    小さい時に引っ越しちゃったんだけど帰ってくるのよ!!』
    「へー」
    『へーって、嬉しくないの?』
    「だって覚えてないし・・・」
    『まぁ、いいわ。顔見れば思い出すと思うわ
    明日、挨拶に行くから空けといてよ』
    「わかった、どうせ今日も夜遅くまで
    仕事なんだろ」
    『本当にごめんね』
    「いいよ、いつもの事だから」
    『ありがとう、明日部活終わるころに
    迎えにいくから』
    「おう、だいたい6時位でいいから」
    『はーい、じゃあバイバイ』
  • 19 緋和 id:qZMT9VC1

    2012-12-23(日) 11:37:50 [削除依頼]
    電話を切った
    明日、部活出なきゃいけないかな?
    てか空心 海星て誰?
    思い出せない
    「ねぇ、空心君がどうかしたの?」
    空が話しかけてきた
    「お前に関係ない」
    「うっ・・・」
    「さっきから何探しているの」
    「・・・携帯・・・」
    携帯!!
    「屋上以外は探したのか?」
    空は首を横に振る
    「だってここに来る前はあったから・・・」
    「なら、ここにあるんじゃ」
    「一通り探したでも・・・見つからない」
    「どうして・・・」
    俺はあることを思い出した
    空が身を乗り出して風景を見てた事を
    もしかして・・・
    俺は屋上を勢いよく出る
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません