真実の嘘21コメント

1 通りすがり id:dsEcMcV.

2012-12-16(日) 22:36:22 [削除依頼]
あらすじ
ある男子高校生、誠が双子のセンとランという不思議な子供に出会う。
どちらかが絶対真実を語り、どちらかが絶対嘘を語る。
そんな出会いから始まるストーリー
  • 2 実柚*miyu id:CU1PAl80

    2012-12-16(日) 22:57:19 [削除依頼]



      題名に惹かれました…*
      頑張って下さい♪
  • 3 きなこもち id:ewATZBp/

    2012-12-16(日) 23:19:19 [削除依頼]
    なんすかその設定…
    めちゃくちゃおもしろそうじゃないですか!更新ファイトッ(笑
  • 4 通りすがり id:dsEcMcV.

    2012-12-16(日) 23:37:07 [削除依頼]
    おお!ありがとうございます!
    今まで全部途中断念してきてるので、今回は完結できるように、頑張ります!
  • 5 通りすがり id:dsEcMcV.

    2012-12-16(日) 23:44:14 [削除依頼]
    真実とか、嘘とか、信じるとか、疑うとか、結局最後は本人次第で、
    その決断は人生を変える。
    僕は、今正しい決断をしたのだろうか、
    あの子達は今どうしてるのだろうか。
    あの夏の日、僕の人生が変わったんだ、何もかも。

    真実の嘘〜人生を変えた夏〜
  • 6 実柚*miyu id:CU1PAl80

    2012-12-16(日) 23:45:40 [削除依頼]
      >4   面白そーです~♪   完結まで頑張ってくださいっ!   私も完結できないかもw
  • 7 通りすがり id:vZUvcpd.

    2012-12-17(月) 00:40:06 [削除依頼]
    ともにがんばりましょ!
  • 8 若宮 鈴音 id:ez-u9//d12/

    2012-12-17(月) 00:44:52 [削除依頼]
    真実の嘘か…

    あたしにもあるんだろな〜…と思いながら来ました、若宮鈴音ですww

    頑張ってください!!
  • 9 通りすがり id:vZUvcpd.

    2012-12-17(月) 19:26:22 [削除依頼]
    「いってきまーす。」
    僕の名前は古俣誠、高校二年生のフツーの少年、成績もフツー。なにもかもフツーのつまらない男
    今日も何気無い景色を自転車で駆け抜ける。フツーの授業を受けて、フツーに帰るだけ
    だけど今日は違った、
    今日だけは少し違う道で帰ろうと思った。
    知らない道を行ったりして、しばらくすると、ある公園に着いた
    「ブランコか、懐かしいな。どーせ暇だし乗ってくか。」
  • 10 通りすがり id:vZUvcpd.

    2012-12-17(月) 22:52:13 [削除依頼]
    ブランコに乗って空を見上げていると、
    公園の反対側の道でクラスのいじめられっ子、島くんがいじめられていた、
    あいつ…、またか、まぁ、いつものことだし、俺には何もできねぇよ。
    「ちっちかよるなぁ!もういじめるのやめてくれよ!」
    そういいながら毎回、護身用のカッターナイフを突きつけるが、
    結局、人を刺す勇気がないから、イジメは止まらない。
    そんな事もすぎて、誠は思った
    ちょっと道を変えただけでこんなに見る物が変わるなんて。
    明日からこの道でこようかな、
  • 11 通りすがり id:DyHYVE31

    2012-12-19(水) 23:32:51 [削除依頼]
    そうして僕はこの日を境に帰る道を変えた。
    少し経つとすぐに慣れてしまったが、あの公園があるので、定番の仲良し3人で毎日あそんでいた。
    いつも通り遊んで家に帰った時だった。僕の耳にかすかに声が聞こえた
    子供の声で「明日は友達は公園で遊んでくれないよ。」と言った
    とても不思議に思ったが、特に気にせずその日は寝た。
    次の日の帰りだった、仲の良い 浩二と明日真を遊びに誘った時だった
    「わりぃ、オレは今日はいけねぇわ、まぁ理由は聞かないでくれ」
    「おれも、浩二と同じく行けねぇ…。ばあちゃんの手伝いしねぇと、ごめんな」
    その時、僕、誠は昨日の事を思い出していた、
  • 12 通りすがり id:3X8b9YL/

    2012-12-20(木) 23:39:57 [削除依頼]
    昨日の言葉が当たった…。いや、ただの偶然だ、
    一人で今日は公園に寄ろうと学校を出た所、幼馴染の女の子、麻友音が校門を出た所で立っていた、
    そーいえば、コイツ、悪い奴らとつるんでるっていう噂が立っててみんなから距離置かれてたな、
    そのまま通り過ぎようとしたら笑顔で話しかけてきた
    「ねーー、久しぶりに一緒に帰ろ!お願い!」
    さすがに断るわけにはいかないか…
    「いいけど。なんで急に?」
    「一緒に帰る人、いなくてさ、」
    「そっか、じゃあ行こう。そーだ、公園であそばね?」
    幼馴染の普通の会話をしながら公園まで歩いていると麻友音が急に悲しそうに話し始めた
    「もうすぐ…私、いなくなっちゃうかも、重い病気なんだ。」
    そんな話、一度も聞いた事なかったからその場で固まってしまった。
  • 13 通りすがり id:4vYZQXT/

    2012-12-30(日) 00:12:31 [削除依頼]
    言葉を失った僕に麻友音が続けた
    「うっそーー!そんなわけなーいじゃん!誠はほんと信じやすいね!ほら!公園あそこでしょ?」
    やられた、僕はホントに信じやすい、というか疑うことが出来ないんだ。
    その日は公園で麻友音とずっと遊んだ。

    その夜、僕が寝ようとしてベッドに入った時、小さな子供の声が聞こえてきた
    「ねぇねぇ、お兄ちゃん?」
    驚いて目を開けると、そこには色違いの服をきた双子?のような全く見分けのつかない子が立っていた
    「だれだっ?、どうやってへやに?」
    「僕はセン、でこっちは弟のラン!僕たちはお兄ちゃんの人生を変えにやってきたんだ」
    笑顔で元気に話しているが動揺が隠しきれなかった
    「人生を変える?どうやって、?」
    「そんな怯えなくてもいいよ。普通に過ごしてくれればそれでいい、」
    さっきからセンという子しか話していないことに気付いた
    「そっちの子は?なぜ話さない?」
    そうするとランは笑顔になった
    「話しかけてくれた?ありがとう!ラン、うれしい。とりあえず今日はこれだけ言っておくね、麻友音ちゃんだけど、ホントに重い病気だよ?あれは最後の強がりだったんだ」
    僕はそれを聞くと知らぬ間に眠っていた
  • 14 通りすがり id:4vYZQXT/

    2012-12-30(日) 11:15:34 [削除依頼]
    次の日麻友音は学校を休んだ事を先生が言った
    帰りに家に寄ろうと僕は思った。
    ピンポーン…
    誰も出なかった
    僕はすごく焦った。
    ホントにもう会えなくなったのか、
    その日は信じられないくらいゆっくり歩いて帰った。
    下を向いて歩いていたので誰かとぶつかったんだ、
    「オイ。どこ見て歩いてんだよ」
    僕はその人がとても怖い人と知らずにすいませんと一言いって歩き始めた、
    「待てよ、生意気だな。ちょっと来い!」
    そのまま僕は魂が抜けたようにひと気のない所に連れていかれ、
    そのまま殴られ、うごけなくなっていた。
    麻友音の家に寄らなければ、こんな事にならなかったのかもしれない。
  • 15 通りすがり id:ErNGttT0

    2012-12-31(月) 01:09:04 [削除依頼]
    次の日から僕の生活が変わった。
    親には子供に人生を変えられたとは言えないので、なぜこうなったのかを毎日毎日聞かれる。
    クソ暑いのに包帯で顔やら体やら巻かれて、学校ではミイラの誠という名前をもらった。
    嫌われたわけではないが、明らかに距離は置かれている。
    顔が怖いからか、
    結局麻友音もセンとランも一度も会わないまま一週間が過ぎた。
    だがそのよるだった。
    今度はセンかランのどちらかが僕の部屋に現れた。
  • 16 通りすがり id:ErNGttT0

    2012-12-31(月) 01:11:55 [削除依頼]
    …てかオレ完結できるかな?

    一応、なかなかイイ展開これから考えてるから楽しみだけど、
    不安だぜ
  • 17 通りすがり id:ErNGttT0

    2012-12-31(月) 19:37:10 [削除依頼]
    「お前は、センとラン…どっちだ!」
    「それは言えなーい。」
    ふざけた言葉に腹が立って小さな子の胸ぐらを掴んでしまった
    「ふざけんなよ!お前のせいで、お前らのせいでこんな顔になったんだ!」
    と叫ぶと目に涙を溜めて、じわじわ泣き始めた。やっぱ子供なんだ…
    「うわーん、違うよー、お兄ちゃんが信じたからいけないんだろー、うわーん」
    それから何度も謝ったが泣き止むのには大分時間が掛かって、
    やっと泣き止み、話し始めた
    「ぐすっ、僕ら兄弟は、どちらかが本当の事だけを言ってどちらかが嘘の事を言うんだ。まぁ予言する時限定だけど。それでセンとランはどっちがどっちなのかを見破られずに君のような人の人生を変えてあげるのが仕事なの」
    聞いた事も無い。そんな話、大体、こんな子供に人生を変えられるなんて。
  • 18 ゆっこ id:hUDnbRT/

    2013-01-01(火) 12:41:01 [削除依頼]
    初めましてタイトルに惹かれてやって来たゆっこです。

    おっ……。
    何となくタイトルの意味がわかった気がします。
    見破らないとハッピーエンドにならないとは……。無償で与えられるものなんてないってことなんですかねぇ。とても面白いです。

    続き頑張ってください(*^^*)楽しみにしてます!
  • 19 通りすがり id:U6F1SML/

    2013-01-02(水) 00:28:04 [削除依頼]
    久々のコメント!

    ありがとうございます!
    ありがとうございます!


    ……何故二回言ったんだろう(-_-)
  • 20 通りすがり id:U6F1SML/

    2013-01-02(水) 00:34:18 [削除依頼]
    「そろそろ、お別れだね、最後に言っとくけど、お兄ちゃんにはいつか大きな決断をしないといけない日が来る。それまではがんばんないとだめだよ」
    そう言い終わったあと、僕はまた眠っていた。
    今回はなんか抽象的なものだったな、信じても信じなくてもあまり影響が出なさそうだ。
    そーいえばいつの間にか明後日は終業式。夏休みに入る。
    大きな決断か、
  • 21 通りすがり id:VOP.FZ11

    2013-01-03(木) 02:18:04 [削除依頼]
    真実の嘘。これを通りすがりの僕は考えてみました!
    けど奥が深過ぎてわかんない。そんなものをこの作品から見つけれたらなぁと、おもうこの頃。
    勝負に引き分けはあるので真実の嘘もある気がします!
    疑ってるけど信じてる!
    真実の嘘、ここからが見所!?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません