コイって何!?36コメント

1 はる id:Y/HaqS21

2012-12-16(日) 16:23:48 [削除依頼]
「それでねー目が合ったの!」

「えええええええ!!」

「やるじゃん」


今日も女子達が
コイバナトークっていうやつで
盛り上がっている

全く、魚の話なんかして
何が楽しいんだ

みんながするコイってやつを
私は一生しないと思う

なぜなら、私は1人だから

ずぅっと1人で生きてきたから

今日も1人で孤独な人生を送る…
  • 17 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 17:57:30 [削除依頼]
    ー数日後ー

    あれから空音とは一度も
    話していない


    「空音、おはよう」


    と言っても、無視をされて
    他の女の子の中に行ってしまった

    私の唯一の友達…

    親友だったのに…

    空音が恋したあの日から
    空音は離れていってしまった

    空音は、今も他の女の子と
    コイバナをしている

    あの中に入りたくても
    私は入れない

    私はコイっていうのをしてないから

    そんなものする必要がない…

    そう思ったから
  • 18 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 21:37:11 [削除依頼]
    「ああああああああ」


    学校が終わって家に帰り、
    自分のベッドに倒れた

    暇ぁぁぁ

    最近は放課後空音と遊んでない

    何であんなこと言っちゃったんだろ

    もっと私がコイについて
    勉強しとけばよかった…

    私は携帯を取り出した

    如月空音を探す

    メールの本文を打とうとしたが、
    なかなか何を打てばいいか分からない

    ーーーーー

    気づけば、私はトモの家に立っていた
  • 19 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 21:43:00 [削除依頼]
    あはは…

    何で私ここにいるんだろう

    私は向きを変え、
    自分の家に帰ろうとしたが、
    ある声に呼び止められた


    「梨緒?」


    声の方を見ると、そこには
    部活帰りのトモがいた


    「あっ…」

    「まぁ、入れよ」


    そう言ってトモは家の中に
    私を入れてくれた
  • 20 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 21:53:05 [削除依頼]
    「んで、どうした?」


    トモは用意した紅茶をすすりながら
    私に聞いた。


    「私、どうしたらいいか分からない。
     私がバカだったから空音が
     離れて行ってしまった。」

    「アンって俺のこと好きなやつ?」


    一瞬、自分で言うなって
    いいたくなったが、今回は
    言わないことにした。

    そのかわり、私は頷いた。
  • 21 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 22:01:55 [削除依頼]
    ここで登場人物紹介しときます♪

     *柏木 梨緒 カシワギ リオ
      恋が分からない女の子。
      顔は可愛いが、
      ちょっとKYなところも……。

     *如月 空音 キサラギ アン
      梨緒の元親友。
      智哉のことが好き。
      ちょっと天然。

     *武藤 智哉 ムトウ トモヤ
      梨緒の幼なじみで梨緒が好き。
      頭が良くて顔も良くモテる。
      家はお金持ち。
  • 22 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 22:15:21 [削除依頼]
    「まぁ、なんとかなるさ!!」


    トモは無邪気に笑った。

    適当に言ったみたいだったけど、
    昔からトモのこの言葉は
    なんだか安心できるようで、
    好きだった。


    「あっ紅茶入れなおすね!」


    トモは私に入れた紅茶が冷めたのに
    気付いて、キッチンに新しく
    入れなおしに行ってくれた。

    昔から気の効くところは変わんないね。


    「お待たせー♪」


    湯気のたっている紅茶を
    トモは持ってきてくれた。

    私はそのアツアツの紅茶を
    口につけた。

    正直、私はものすごい猫舌。

    凄い熱かったけど、
    いつもみたいにKYって言われたく
    なかったから代わりに、


    「おいしい……。」


    って言った。
  • 23 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 22:24:31 [削除依頼]
    「そう?
     それ、オーストラリアのだよ。」

    「すご!!」


    オーストラリアのなんて、
    私が飲んでもいいのかって思った。


    「それにしても、梨緒変わったね。」

    「え?」


    変わった?

    どこが??


    「なんかか弱い女の子に見えてきた。」

    「失礼な!!」


    私がか弱い女の子に見える?

    初めて言われた……。
  • 24 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 22:38:59 [削除依頼]
    「まぁ、梨緒はいつまでもオレの
     お姫様だけどな♪」


    トモがそう言った。

    実は、中学生の時、一度だけ
    トモに告られたことがあった。

    今思うと、懐かしくて仕方がない。

    その時、ふと、私は時計を見た。

    時計の針は、6時をさす直前だった。

    その時、ちょうど6時を告げる
    音が鳴った。


    「ゴメン、私、帰るね。」

    「泊まっていきなよ、暗いし。」

    「隣だから大丈夫だよっw
     バイバイ。」


    そう言って私はトモの家を出た。

    なんかトモと話して、心が
    軽くなったような気がした。

    トモに会えて良かった。

    心からそう思った。
  • 25 はる id:KF.nAoh1

    2012-12-18(火) 22:20:32 [削除依頼]
    ー次の日ー

    お昼休みの時間になった。

    今日も私は1人でお弁当を食べる。

    相変わらず空音とは口も聞いてない。


    「リ〜オ♪」


    私の隣にトモが座ってきた。


    「へっ?」

    「ウッス!!」


    トモが笑った。

    子供っぽいところは
    相変わらず変わってないね。


    「何でここが分かったの?」


    今、私がいるところは
    学校の屋上。

    今は秋だから屋上でお弁当を
    食べているのは私しかいない。
  • 26 はる id:KF.nAoh1

    2012-12-18(火) 22:32:47 [削除依頼]
    「オレの愛の力!!」

    「ふざけないでよぉ〜!」


    絶対空音の前とかでは
    言わないでほしい。

    トモはモテるから。


    「何で1人で食べてんの?」


    トモが私のウインナーを
    食べながら言った。

    ってええ!?


    「何勝手に食べてんのよ〜!!」

    「いいじゃないか、
     3つくらい…。」

    「3つ!?」


    私は慌てて弁当の中身を見た。

    ……。

    ウインナーが1つもない!!

    私の大好きなウインナーが……。


    「まぁ、その元気があるなら
     安心した。」


    そう言ってトモは屋上から出て行った。

    何しに来たんだろ?

    まぁいっか。

    私は急いで残りのおかずを食べた。
  • 27 ヨーグルト id:i-s37d5Kj1

    2012-12-18(火) 23:15:36 [削除依頼]
    おもしろ!!Σ(゜д゜;)何かあたしのが駄作にみえてきた…
  • 28 はる id:POG9zHk1

    2012-12-19(水) 17:58:26 [削除依頼]
    面白い!?

    嬉しい!!

    ヨーグルトの駄作じゃないよ〜。

    むしろ私の方が駄作だよ〜!!!
  • 29 はる id:POG9zHk1

    2012-12-19(水) 22:18:13 [削除依頼]
    ー放課後ー

    私はマフラーを巻きながら
    昇降口を出た。

    風が冷たく、
    もう冬だと降っている雪が
    告げているように見えた。


    「梨緒。」

    「は!?」


    隣を見ると、そこにはトモがいた。
  • 30 はる id:POG9zHk1

    2012-12-19(水) 22:26:40 [削除依頼]
    「もう、ビックリしたぁ。
     お化けかと思った。」

    「こんな明るい時間に
     お化けなんて出ないよw」


    トモが笑った。


    「一緒に帰ろうぜっ!」

    「うん…。」


    それから私達は家に向かって
    歩き出した。


    「ていうか、私のこと待ってたの?」


    そう質問すると、
    即答で答えが帰ってきた。


    「待ってたよ。」

    「あっそう…。」


    雪が強く降ってきた。

    その時、私の体に何か温かいものが
    巻き付いてきた。
  • 31 はる id:POG9zHk1

    2012-12-19(水) 22:34:13 [削除依頼]
    見ると、私の体に巻きついていたのは
    トモの手だった。


    「ちょっと…!!!」


    そのとき、トモが呟いた。


    「寒そうだったから…。」


    今、どれだけトモが
    心優しい人間か分かった。
  • 32 はる id:POG9zHk1

    2012-12-19(水) 22:42:18 [削除依頼]
    「大丈夫だよっ。
     ありがと……。」


    私がそう言ったとき、


    「わっ!!」


    強く抱きしめられた。


    「離さない……。」

    「へっ?」


    頭の中がゴチャゴチャになった。


    「好き……だよ。」
  • 33 はる id:bBXIrdx1

    2012-12-20(木) 22:20:44 [削除依頼]
    ……。

    どうすればいいのかな?

    この状況……。

    実際、トモに告白されたのは
    2回目……。


    「2年前返事したよね……?
     ごめんって……。」


    そう。

    私はコイっていう言葉さえ知らず、
    告白なんかされてもよく分かんないから
    私は彼をふった。


    「今はもう分かるよね?
     オレの気持ち。」

    「え……。」


    なんて返事すればいいんだろう……。

    ……沈黙が流れた。
  • 34 はる id:bBXIrdx1

    2012-12-20(木) 22:31:28 [削除依頼]
    「梨緒がオレと
     付き合えばいいんだよ?」


    トモはまるで私の心の声を
    読んだように言った。


    「だから、私は
     恋愛なんてしない……!!」

    「え?
     何で??」

    「そ、それは……。」


    ……。


    「今決めました!!」


    しばらくすると、トモが笑った。


    「わはははは。」

    「なによ!!」

    「やっぱ梨緒可愛いー!!」

    「なっ!!!」


    可愛くないし……!
  • 35 はる id:ZnvsDBU1

    2012-12-21(金) 23:58:46 [削除依頼]
    「じゃ、この続きは明日……な?」


    ちょうど家の前に着いたとき
    トモが言った。


    「あっ……明日??」


    明日何するの??


    「じゃあなー!!」


    トモはそれだけ言って
    家の中に入ってしまった。

    意味が分からない。

    昔からそういう人だ。
  • 36 はる id:vLdk4JT1

    2012-12-22(土) 21:21:04 [削除依頼]
    私も家の中に入った。

    かぁぁぁぁ//

    さっきのことを思い出すと
    顔が熱くなってくるのがわかる。

    これが恋なのか?

    でも、私は恋なんてしない

    ……はず。

    でも、空音には絶対に知られたくない。

    下手したら殺されるかもっ!!

    そう思いながら、
    私は布団の中に潜った。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません