僕と人形の非現実な日常158コメント

1 キャンバス id:m6Hnkuw0

2012-12-16(日) 14:56:46 [削除依頼]
 ある日僕に一体の人形が届いた。
 その人形は…………
 喋ることが出来た。
  • 139 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:33:09 [削除依頼]
     俺は家に帰った。
     これであとは当日にくる人をみんなに発表するだけ……いや、くる人は当日までのお楽しみにしよう。
     日曜日が楽しみになった。
  • 140 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:36:51 [削除依頼]
    ー日曜日ー

    『東野くん、まだ誰も来てないですよ?』
    「いいんだよ、別に」
     時刻は七時半。待ち合わせ時間は八時だ。今いるのは俺と雪だけ。
    『あの、私来る人がわからないの二人いるんですけど…』
    「いーんだよ、お楽しみってことで」
  • 141 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:41:02 [削除依頼]
     七時四十分。
    「お、お前ら早いな〜」
     坂本登場!
    「それにしても俺、誰が来るかわかんねー奴いるんだけど」
    「お楽しみだ」
     今日お楽しみって台詞をあまり言わないようにしたい。
     そしてアイツが来た。
    「……!ロボット!!」
     疾風登場。
  • 142 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:44:50 [削除依頼]
    『東野くん、何で彼が……』
     あ、これはヤバかったな。疾風と雪は………
    「いや、疾風は俺が呼んだ」
    『……疾風さん、よろしくお願いします』
    「こちらこそ」
     取り合えず二人は挨拶した。
    「お前いつの間に疾風と仲良くなったんだよ〜」
     坂本がつっかかってくる。
    「……知るか!」
  • 143 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:48:25 [削除依頼]
     七時五十分。
     美樹と桜子が登場。
    「意外と人が来ているな」
    (別に遅刻してないし……)
    『遅刻じゃないですよ』
     あとは時雨だけか……
    「ねぇ、八時に来なかったら出発でしょ?」
     疾風が聞いてくる。
    「ん?あぁ……」
     時雨は絶対くる。俺はそう信じてる。
  • 144 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:54:35 [削除依頼]
    「そう言えば残る一人って誰なの?」
     疾風が聞いてきた。
    「それアタシも気になる!」
     美樹が激辛せんべいを食べながら聞く。
    「あぁ、歩影中の人間だからみんな知らないと思う」
    「「歩影中!!??」」
     声をあげたのは美樹と坂本だった。
    「お前、そいつって不良じゃねぇよは?」
    「あぁ、敬語使ってくるしいいやつだぞ」
    「なら良かった〜」
     坂本は安心したようだ。
  • 145 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 17:58:58 [削除依頼]
     七時五十九分。
     時雨はまだ来ない。
    「あと一分……」
     疾風が呟く。
    「来なかったら残念だな」
     坂本はいつの間にか縄跳びをしてる。
     八時まで十秒をきった。時雨…来てくれ!!
    「来ないんじゃない?」
     美樹が言ったときだった。聞き覚えのある声がした。
    「八時ぴったりに来たので遅刻ではないですよね?」
  • 146 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 18:01:41 [削除依頼]
     振り向くと、時雨がいた。
    「時雨!!!」
     俺は時雨の元に駆け寄った。
    『いい人そうで安心しました』
    「だな」
    (うん)
    「へーえ」
     雪と坂本と桜子と疾風は時雨と遊園地に行くのはOKだそうだ。
  • 147 キャンバスor夜桜 id:P37qh/6.

    2012-12-22(土) 18:05:31 [削除依頼]
    「おや?見慣れた顔が……」
     時雨の目線の先には美樹がいた。
    「………や…」
    「お久しぶりです、小学校以来ですよね?」
    「…………ひ…」
     美樹の様子が明らかにおかしい。時雨に怯えているようだ。
    「みーちゃん、またお遊びできるて嬉しいです♪」
    「いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
  • 148 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 07:32:04 [削除依頼]
     俺達はとにかく電車に乗った。
     でも色々あれなんで男子は三号車、女子は四号車と別れて乗るようにした。
    「おい、時雨。なんで美樹あんなに怖がってるんだ?」
    「さぁ……?」
     時雨でもわからないようだ。
    「トラウマみたいなやつじゃないの?」
     疾風が言った。
    「トラウマ……ですか」
    「君、あの子に何かやった?」
     時雨は少し考えるそぶりを見せたあと
    「ありません」
     と答えた。
  • 149 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 07:37:05 [削除依頼]
    ー女子達ー

    『美樹さん大丈夫ですよ、私達しかいません』
    (安心してね)
     雪と桜子が励ましている。でも美樹はうつむいたままだった。
    (美樹をこんなに怯えさせることは、時雨って人何者?)
    『………東野くんは時雨って人を気に入っているみたいですけど』
     ガタンゴトンと車内が揺れる。
  • 150 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 07:41:46 [削除依頼]
     目的の駅についた。
    「ふぅ……やっとついたな」
     坂本が言う。
    『東野くん』
     雪が俺のことを呼んだ。
    『お願いがあるんですけど…』
    「何だ?」
    『美樹さんと時雨さんを御一緒にはさせないでもらいます?』
     美樹と時雨か………
    「いや、多分一緒になる機会ってそんな無いし誰か周りにいるから大丈夫だろ」
     俺はそんな風にまとめた。
  • 151 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 08:43:28 [削除依頼]
    ー遊園地ー

    「最初に何乗る?」
     俺はみんなに相談した。
    「あれがいい」
     疾風がある乗り物を指差した。
     ジェットコースターだ。
    【日本で一番怖いジェットコースター!】
     と書いてある。
  • 152 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 08:47:49 [削除依頼]
    「ジェットコースターですか……」
     時雨が顔を真っ青にしている。
    「時雨はこういうの苦手?」
    「はい……乗り物って乗るとすぐ気持ち悪くなるんです…」
    (私も!)
     桜子もジェットコースターはダメらしい。
    『じゃあ時雨さんと桜子さんはあちらのベンチで見ててください。私達五人は行きますんで』
     ちょっと待てぇぇぇぇ!!
     俺も?俺も乗るの?
     俺こう言うの苦手なんだけど……(泣)
  • 153 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 08:52:49 [削除依頼]
     意外と待たなくて乗れた。
    『楽しみですね、美樹さん』
    「……うん」
     美樹は相変わらず元気がない。
    「ではこちらの座席にお乗りください」
     係員の人に案内されて俺達はジェットコースターに乗った。
     めっちゃドキドキする。て言うか怖い……。今から降りるのは恥ずかしいよ、でもこれは乗りたくない…。
    「俺もこー言うの好きなんだよね〜」
     坂本〜(泣)!男子でジェットコースター怖いの俺だけ!!?
  • 154 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 08:56:04 [削除依頼]
     ガタンゴトン……
     ジェットコースターが動き出した。
     もう後戻りはできない。
    「おーい!時雨〜桜子〜」
     ジェットコースターは上に上がっている。下に時雨と桜子が手をふっているのが見える。
    「た……高い」
     実は高いところ苦手な俺。
     助けて……
  • 155 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 08:58:31 [削除依頼]
    「あ、もう少しで良いところだよ」
     疾風の声が後ろから聞こえる。
     良いところ?あぁ本当だ。景色がとてもきれい。
     ガクン、ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
     え?
    「落ちるーーーー!!ギャアアアアアアアアア!!(泣)」
     
  • 156 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 09:03:32 [削除依頼]
    ーその頃の時雨と桜子ー

    「ギャアアアアア!!」
     遠くから悲鳴が聞こえる。
    「落ちましたね……みんなが乗っているジェットコースター」
    (みんなよく乗れますよね……)
     桜子は買ってきたポップコーンを食べる。
    「ポップコーン食べれるんですか?すごいですね」
    (苦手なんですか?)
    「いや………」
     桜子の方を見てニヤリと時雨は笑う。
    「この“製品はポップコーンも食べれるのかと……」
    (製品………!!?)
  • 157 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 09:07:31 [削除依頼]
    (製品ってどういうこと?)
    「……ひとつだけ約束してくれます?」
    (約束?)
    「いつか僕と口でお喋りしましょう」
    (!!!)
     自分の口では一切喋らず、筆談で会話に入ってる桜子にとって難しい課題だと思った。
    「約束……ですよ?」
     桜子は頷いた。
  • 158 キャンバスor夜桜 id:JBbmrnC0

    2012-12-24(月) 09:11:37 [削除依頼]
    ージェットコースター出口ー

    「いや〜楽しかったな!」
     坂本が疾風に話しかける。
    「うん、意外とね」
     どこが!!?あんなもの恐怖と緊張の固まりだろ!!
    『美樹さんは楽しかったですか?』
     雪はジェットコースターに乗っている時もひたすら美樹に話しかけてた。
    「うん……そうだね」
     少し元気がないように見えるが、前よりは明るくなった気がする。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません