吸血鬼×人間 loved73コメント

1 苺蘭 id:2wirCqs.

2012-12-16(日) 12:54:02 [削除依頼]

以前書いていた小説の、
題名を変えたものです!!


 
 
読んでいただけると、嬉しいです!!
  • 54 ペペロンチーノ id:fjBwG.0/

    2012-12-16(日) 20:12:40 [削除依頼]
    んなわけないやろおおおおッ!!(ツッコミww
    洗われるとか!ないないないないっ!!wwヽ(;▽;)ノ
  • 55 苺蘭 id:2wirCqs.

    2012-12-16(日) 20:34:56 [削除依頼]
    ぺぺ↓


    最近ウチの目、
    汚染されてて…

    ぺぺの小説で洗ってる!!ww
  • 56 苺蘭 id:2wirCqs.

    2012-12-16(日) 20:38:07 [削除依頼]

    夜side

    傷ついた山下の心から、
    姉との記憶を消去する術をかけた。

    しかし、
    この女は特殊能力者。

    その術は、
    完全には効かなかった。

    まだ姉のことを、
    覚えているらしい。

    ………。

    席が隣になると、
    普段から近いということ。

    そうすれば、
    僕の術にも慣れられてしまう。

    ……。

    とにかく。

    今日はどの女を食そうか。
  • 57 ペペロンチーノ id:HxaUoNq1

    2012-12-16(日) 20:39:25 [削除依頼]
    あかん!
    それはあかんッ!!(何故か関西弁ww
    うちの小説で洗ってしまったら…ゾッ…!((((;゚Д゚)))))))

    目が〜目が〜!(ムスカ風ww
    って、コトになりかねないww
  • 58 苺蘭 id:2wirCqs.

    2012-12-16(日) 21:22:59 [削除依頼]

    ペペ↓

    ムスカッ!!www

    大丈夫ヨ♪
  • 59 愛萌梨 id:nIbavDb1

    2012-12-16(日) 22:14:42 [削除依頼]
    頑張って!!
    苺蘭は天才だぁーーー
  • 60 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:14:50 [削除依頼]

    愛萌梨↓


    ありがとー☆

    天才ではないけどねww
  • 61 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:17:23 [削除依頼]

    ー放課後ー

    「夜、水汲みお願い!!」

    掃除中に、
    山下にバケツを渡された。

    水道に向かう途中、
    一人の女がいた。

    ………周りには誰もいない。

    ……頂こうか。

    僕は周りを確認し、
    人がいないことを確かめると、
    その女に後ろから接近した。
  • 62 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:22:38 [削除依頼]

    ちょうど真後ろに来ると、
    女は振り返った。

    『…な、なんですか!!』

    すぐに女の動きを止めた。

    女は身動きをとれない。

    『あなたは一体っ……!!』

    女が最後に言った質問に、
    僕は答えてやった。

    「地獄の使徒、吸血鬼。」

    『吸血鬼って…キャアアアアアッ!!!!!!!!!』

    女の首筋に牙を食い込ませた。

    そして静かな廊下に、
    女の悲鳴が響いた。
  • 63 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:36:02 [削除依頼]

    遥side

    「…はぁー…。」

    日直として、
    夜と教室掃除中。

    夜、遅いな…。

    水汲みにこんなに
    時間がかかるなんて。

    『キャアアアアアアアアアアッ!!!!!!』

    女子の鋭い悲鳴が聞こえた。

    耳を裂くような悲鳴。

    私はすぐにその声のする、
    廊下へ向かった。

    すると………

    その場に倒れている女子と、
    その近くに立っている夜。

    ………女子のほうは…

    死んでる…?
  • 64 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:39:23 [削除依頼]

    「……夜………」

    私は震えた声で、
    夜のもとへ駆け寄る。

    「……こ、この人っ…」

    「………死んでる。
     誰かに襲われたようだ。」

    夜も、
    少しだけ声が小さい。

    「僕がここに来たときには…
     もう………………。」

    夜がうつむいた。

    「…校内に犯人がいるはず。
     夜、手分けして探そう!!」

    「…………わかった。」

    私は先生を呼びにいき、
    夜は犯人を探しにいった。
  • 65 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:49:59 [削除依頼]

    夜side

    僕は犯人を探すわけでもなく、
    その場で口元を軽く袖でふいた。

    「………ちっ…。」

    袖は、
    赤い血で染まる。


     
    しかし、
    そんなに美味しくなかった。

    人間の血の味は、
    これらによって決まる。

    1. その人間の美しさ。

    その人間が美しければ美しいほど、
    血の味は最高級になる。

    2. その人間から吸血鬼への思い。

    その人間が吸血鬼を好意を抱いていると、
    その人間の味も格別だという。


    そして、
    三番目は…

    3. 吸血鬼からその人間への思い。

    例えて言うなら、
    僕が相手をどう思っているか。

    どんなに美しくても、
    僕が興味のない人間ならば、
    腐ったゴミの味がする。
  • 66 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 17:58:53 [削除依頼]

    さて、
    この女を持って帰ろう。

    このまま放置しておけば、
    問題になりかねない。

    僕はその女を抱き抱えた。

    女の長い髪が揺れる。

    首元からは、
    黒に近い血が流れる。

    『……あれぇ? 紅月クンじゃね?
     なにお姫様抱っこしてんの〜??』

    後ろから聞こえたのは、
    クラスメート、堀田リサ。

    よく山下と一緒にいるヤツだ。

    「……アンタ、何やってんの…??」

    僕が抱き抱えてる女を見て、
    堀田の顔色が変わる。

    この女が死んでることに、
    気づいたらしい。


    考え事をしてて、
    堀田の気配に気づかなかった……。

    目撃されてしまった。

    ……………………。

    しょうがない。

    堀田も………。

    食してやる。
  • 67 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 18:05:59 [削除依頼]

    僕は死んでいる女を一旦降ろし、
    堀田の近くへ歩み寄る。

    「………な、なによぉっ……!!」

    「お前も餌になれ。」

    「は………はぁっ!?」

    さっきの女同様に、
    動きを止めた。

    「アンタ……が…
     その女を殺し……………??」

    「…そうだ。
     血を吸っただけだがな。」

    「………吸…血………鬼……??」

    「…お前の血を頂く。」

    震える堀田の首に、
    唇が触れた時……

    「…1つだけ聞かせてっ…」

    「……。」

    堀田が声をふりしぼった。

    この状況でも、
    精神を保っていられるなんて。
  • 68 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 18:11:13 [削除依頼]
    「アンタッ………
     遥を狙ってるの………??」

    「……なぜそう思う。」

    「最近、遥と仲良いからっ………。
     なにを企んでいるのよ……。」

    「…なにも企んではいない。」

    「…じゃあっ…好きなの…?」

    「…………。」

    好きという感情など知らない。

    「お願い…」

    命乞いか?

    「遥には手を出さないで…。
     あの子、イイコだからっ……。」

    「…」

    ふと 脳裏をよぎったのは、
    中休みに山下と堀田が笑いあう姿。

    コイツは…

    山下の親友。

    殺ったら、
    山下が悲しむ。

    ……。

    僕は堀田の首筋から、
    唇を離した。
  • 69 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 18:16:07 [削除依頼]

    ピタリと堀田のおでこに、
    人差し指をあてた。

    「………ふえっ……。」

    バタンッ…

    堀田は気を失い倒れた。

    さっきの記憶を消した。

    目を覚ましたら、
    現場を目撃した記憶だけ消えてるだろう。

    そのとき、
    タイミングよく……

    『夜!!先生呼んできた!!
     ………って…リ、リサ…??』

    新たに倒れている堀田に、
    山下は目を疑った。
  • 70 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 19:01:26 [削除依頼]
    いちごぉぉぉぉ

    来たよぉぉぉぉ

    最近見ないと思っていたら
    新しいの書いていたんだね

    頑張れぃ♪
  • 71 苺蘭 id:oH7Shbm/

    2012-12-17(月) 19:07:55 [削除依頼]

    はる↓

    ありがとう☆

    ちなみに、
    「全人類滅亡~禁恋~」
    も書き始めましたぁ♪

    宣伝ごめんなさいww
  • 72 はる id:qreckXi/

    2012-12-17(月) 19:30:28 [削除依頼]
    見る見る!((ワクワク
  • 73 愛萌梨 id:vmw0hd2/

    2012-12-17(月) 20:14:31 [削除依頼]
    私も、みる!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません