戦国姫15コメント

1 青桜 id:FgHqZEs0

2012-12-15(土) 20:24:47 [削除依頼]
みなさん、はじめまして。
ここでは初です。
まだまだ、未熟者だけどよろしく。
  • 2 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 20:33:32 [削除依頼]
    時は、戦国時代。
    日本各地で戦争が繰り広げられていた。
    そんな、戦乱の世に一人の姫が生まれた。
    その名は「柚鈴」姫。
    今で言う、関東の地に生まれた。
    その姫はのちに、実に数奇な運命をたどることになる。
  • 3 ナイトムーン id:7DtCMYM0

    2012-12-15(土) 20:33:48 [削除依頼]
    おもしろそう。
  • 4 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 20:57:59 [削除依頼]
    ありがとう
  • 5 藍非 id:Uwe42mc.

    2012-12-15(土) 20:58:54 [削除依頼]
    頑張って♪
  • 6 *。´優`。* id:I7OeEkx/

    2012-12-15(土) 21:01:39 [削除依頼]
    おもしろしう!!!!
    がんばってね♪

    たまに見ますdd.*

    ━―━―━越智━―━―━
  • 7 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 22:01:54 [削除依頼]
    〜柚鈴姫、誕生〜
    それは、柚の実が実り関東の地に雪が降る師走の月だった。
    柚鈴姫の母、お梅の方が産気ずき、2時間がたった頃だ。
    〔産室〕
    そこには、破裂しそうなお腹を抱えた、お梅の方が一生懸命いきんでいた。
    「ん・・・・ん・・・」
    顔は真っ赤。
    汗が沢山でていた。
    「お梅の方様!いい感じでございますよ!頭が見えてまいりました!あともう少しでございます!さぁ、いきんでくださいませ!」
    と、関東の地で最も有名な産婆が言った。
    柚鈴の父はオドオドしてた。
    柚鈴の父は、当時の日本をまとめていた織田信長のいち大名の巨海 辰湖(コミ タツウミ)である。
    普段は堂々と威厳があるのに、今日ばかりはオドオドしていた。
    「頑張るのじゃ!梅!元気なお子を産むのじゃ!」
    「ふぅふぅ・・・うんん・・・」
    苦しそうにいきむ。
    その瞬間・・・
    「オギャー、オギャー」
    元気な産声が聞こえた。
    お梅の方は微笑み、殿であり父である辰湖は感動し泣いた。
  • 8 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 22:02:35 [削除依頼]
    5,6
    サンキュー!
  • 9 藍非 id:Uwe42mc.

    2012-12-15(土) 22:08:44 [削除依頼]
    柚鈴姫って架空人物?
  • 10 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 22:17:58 [削除依頼]

    架空人物です

    でも、モデルは
    第2代徳川幕府将軍 徳川秀忠の正室お江の方様(すうげんいん)です
  • 11 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 22:39:53 [削除依頼]
    〜柚鈴姫、戦により父をなくす〜
    柚鈴姫が産まれて10ヶ月。
    柚鈴姫はすくすく育ち、元気いっぱい城をハイハイで駆け回っていた。
    乳母の与志が追いつけないほど、高速だ。
    今までの話じゃ、平和に見える。
    だが、実際は違った。
    父の巨海 辰湖は主君、織田信長のめいにより東北の伊達家と戦っていた。
    最初は優勢だったが、後半になり伊達軍の反撃により巨海軍は追い詰められていた。
    正室のお梅の方は、皆には笑顔を見せるが、誰よりも心配していた。
    また、今回の戦は変な胸騒ぎがしたからだ。

    【数週間後】
    お梅の方の胸騒ぎは的中し、巨海軍は敗退した。
    そして、城攻めにあった。
    あまりにも城攻めが酷く、辰湖はお梅の方と柚鈴姫を、織田に引き渡した。
    無論、お梅の方は反対した。
    自分も辰湖様についていくと。
    どんなことがあっても運命を共にすると。
    だが、辰湖はそれを断固拒否した。
    柚鈴姫を立派に育て、巨海の血を絶やしてはならぬ、そしてそなたにはワシの変わりに生き抜き、ワシにソナタの日本を見せて欲しい。
    と言い残し、柚鈴姫とお梅の方を引き渡した。
    織田信長は、心よく引き受けた。
  • 12 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 22:55:20 [削除依頼]
    【織田家の城】
    織田信長の城に着いた。
    信長の使い、柴田勝家が迎えにきた。
    柴田勝家とは、織田家の家来の中でも筆頭の武将で戦もうまい。
    また、鬼 柴田と言われるほどの強い武将だそうだ。
    だが、実際話してみると優しく話しやすく忠誠心を持ったいわゆるいいやつだ。
  • 13 藍非 id:Uwe42mc.

    2012-12-15(土) 22:58:21 [削除依頼]
    10

    そーなんだぁ

    私、浅井三姉妹大好き

    特に江は...
  • 14 青桜 id:FgHqZEs0

    2012-12-15(土) 23:03:45 [削除依頼]
    13
    俺も!
  • 15 佑綺 id:O.19IrM0

    2012-12-16(日) 10:40:49 [削除依頼]
    勝家につれられ、信長のいる本丸に柚鈴姫と共にお梅の方がいく。
    お梅は本丸に近づくにつれて柚鈴を強く抱きしめた。

    【本丸】
    本丸では、信長が厳しい顔をして何やら難しそうな書物を読んでいた。
    「信長様! お梅の方様とそのお子、柚鈴姫様でございます。」
    と勝家に言われ、三人の存在に気づいた。
    今までの厳しい顔とは打って変わり優しい顔になった。
    「おぉ! 梅、ようきた。今回のことはすまぬのぅ。ワシもあやつのような、男を失いとてつもないほど無念じゃ・・・だが、ワシが辰湖の代わりに精一杯そなたたちを守るゆえ、安心せよ。」
    梅は、信長の心遣いに感謝した。
    今まで強く抱きしめていた、柚鈴を少し緩めた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません