ぬいぐるみと初恋〜つぎはぎウサギ〜22コメント

1 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

2012-12-15(土) 11:03:27 [削除依頼]
プロローグ・つぎはぎウサギ

ぬいぐるみを作るのがあたし、きいの幸せな時間。

「できたぁっ!!!!」

学校では手芸部に入っているの。

作っていたのはウサギのぬいぐるみ。

ぬいぐるみを作ろうと思ったのはこの、つぎはぎウサギ。

つぎはぎウサギはおばあちゃんが作ってくれたもの。

だけどおばあちゃんは手の届かない人になってしまって―

「きい〜??部活行くよ?」

同じ部活の親友、笑里(えみり)。

「あ、うん!笑里、ウサギできたよっ!!」

「きい、すごいじゃん!!」

つぎはぎウサギが揺れた。『かわいい』っていうように。
  • 3 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:12:40 [削除依頼]
    第一話〜

    それから(プロローグから)数日後。

    「きい!!!!きいのぬいぐるみがぬいぐるみ大賞に入選したって!」

    あたしのぬいぐるみが…?

    「えみりっそれ、ほんと…?」

    心臓の鼓動が速くなる。おばあちゃんのつぎはぎウサギを見て、作ったウサギ…。

    「うん!!!!」

    笑里の顔が曇る。どうしたの…?

    「笑里…?」

    笑里はハッとしてこっちを向いた。

    「ん??何??」

    作り笑いってことがよくわかる笑顔。どうしたのよ…。

    「どうしたの?笑里…」

    笑里の顔がますます曇る。

    「何でもない…」

    何でもないわけないでしょ??そんな顔して。

    「笑里っ!!教えてよ!!」

    何でもいいから知りたかった。笑里のことを。

    「ゴメン!!!きい!!!」

    笑里は展示会場の方へ走り出した―・・・。
  • 4 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:19:47 [削除依頼]
    第2話〜

    急いで笑里の後を追った。笑里は…いない。

    「笑里っ笑里…!」

    笑里の名前を呼んでも笑里は出てこない。

    ふと、展示会場の方に目をやった。

    そこには、笑う笑里と、光。それにぬいぐるみ。

    あれは、あたしの―…。

    光はぬいぐるみを手に取った。そしてはさみを取り出す。

    はさみはおなかのところに食い込んでいく―…。

    やめて!!あたしのぬいぐるみが・・。

    おかしいのはそれだけじゃなかった。

    笑里は笑ってみているだけ。ぬいぐるみを。

    「…んっ!!」

    つぎはぎウサギを握って走り出した―

    「ん…?光、今、きいの声しなかった…?」

    「笑里、空耳でしょ。きいなんてこの世にいらないんだから」

    光と笑里がこんな話をしていたことにあたしは気が付かなかった―

    「おばあちゃんっ…。あたしのウサギが…」

    つぎはぎウサギに向かって話しかけるあたし。

    「きい、がんばりなさい。あなたの味方をしてくれる人が必ずいるよ」

    そういうおばあちゃんの声が聞こえたような気がした―・・・。
  • 5 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:27:58 [削除依頼]
    第3話〜

    恐る恐る、展示会場に行ってみた。笑里と光はいない。

    あの「ゴメン!!!」はこういう意味だったんだ―

    「うさぎちゃん、今なおすからね」

    優しく話しかけて、ぬいぐるみを握って、手芸部に向かった―

    「できたぁ!!!」

    おなかのほつれは瞬く間にきれいになった。

    「きい」

    後ろで声がした。どうしよう…。笑里だ…。

    「笑里!!!」

    水をかけられた。

    つぎはぎウサギは、ポケットの中。きっと濡れてる。

    「何してんだよ」

    水をかけられてから数分後に、男の子の声がした。

    「あ…いや・・これは…」

    笑里がにが笑いをする。

    「いじめだろ。サイテーじゃん!」

    後ろを振り向くと理桜がいた。

    笑里の好きな人。

    「サイテーだなんて…」

    笑里は駆け出した。ドアが乱暴にしめられる。

    「大丈夫か??礼文きい」

    あたしの名前…知っててくれた?

    「大丈夫…。それよりウサギが…」

    つぎはぎウサギはびしょ濡れだった。
  • 6 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:31:22 [削除依頼]
    あ、笑里はえり、じゃありませんよ!えみりです☆
  • 7 実柚*miyu id:/RGc1qw0

    2012-12-15(土) 11:32:32 [削除依頼]



      笑里ちゃんひどい…!!
      きいちゃん頑張って!!
      杏咲実さんも
      頑張ってください!!
  • 8 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:33:36 [削除依頼]
    新キャラ★募集★

    名前
    読み
    性格
    部活

    書いてください♪

    書かないと進めません><
  • 9 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:34:18 [削除依頼]
    コメありがとうございます☆

    きい「ハイ!!がんばりますねっ!!!」
  • 10 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:37:41 [削除依頼]
    新キャラ〜!!!(考えるの苦手ww)
  • 11 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:38:48 [削除依頼]
    45分になったら落ちますねww
  • 12 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:43:08 [削除依頼]
    番外編〜〜きいの過去〜

    「きいちゃん、プレゼントだよ」

    5歳のあたしはおばあちゃんからプレゼントをもらった。

    「わぁ!!うさぎさんだぁ!!きい、大事にするね!!」

    このころはつぎはぎなんてなかった。

    おばあちゃんと一緒にいた時に事故にあった。

    「おばあちゃん、痛いよぉ…」

    きいは、足をけがしていて動けない。おばあちゃんは頭を打っていた。

    「あと2名います!!」

    誰・・?

    「お願いします!!!きいを先に…!!」

    おばあちゃんのほうが重傷なのに…。

    その事故で、ウサギは壊れて、おばあちゃんは余命2日になった。

    「おばあちゃん・・・!きい、おばあちゃんみたいなウサギを作れるようになる!!!」

    これがあたしの5歳の記憶だった―

            番外編end
  • 13 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 11:44:09 [削除依頼]
    落ちww新キャラ待ってます☆
  • 14 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:10:40 [削除依頼]
    キャー新キャラ来てない…。んじゃ新キャラなしの話で!

    第四話〜

    「ウサギ…?コレ、大事なものなんだな」

    今まで「子供っぽい」とか「幼稚園児だな」とか言われてきたのに…。

    「うん…。おばあちゃんが作ってくれたの…」

    理桜はそういうとポケットからハンカチを出して拭きはじめた。

    水がかわいて元通りになった、つぎはぎウサギ。

    「それにしても、ひどいよな。宮野」

    笑里…。どうしちゃったの?
  • 15 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:13:57 [削除依頼]
    ??メモリー…。

    「笑里!!!!なんでできないのか!!!」

    「すみません。水をかけていたところをみつかってしまい―」

    「次、できなかったらお前がターゲットだ!!!」

    笑里は震える。

    「ハイ!!必ずきいを苦しめます!!」

    ふふふ…。きいなんてこの世にいなければいい。

    そうだわ!!あのサイト使ってみよ〜かなぁ…
  • 16 実柚*miyu id:/RGc1qw0

    2012-12-15(土) 15:20:47 [削除依頼]



      名前*水島 れんげ
      読み*mizusima renge
      性格*気さくで可愛い
         漫画が大好き
         将来の夢(漫画家)に向かって
         一生懸命な努力家
      部活*文芸部


      …ぁりゃ,遅かった?><;
  • 17 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:20:49 [削除依頼]
    第五話〜

    「きい。ちょっと来て!」

    放課後、あたしは笑里に呼ばれた。

    この子…誰??茶色がかかった黒髪。

    「さぁ〜て、あなた、これ知ってる?」

    このサイトは…!

    「そう。いじめサイト。さて電話しよ〜」

    電話を掛ける女の子。笑里はにやにやしている。

    「ハイ。いじめサイトです」

    かすかな声。

    「いじめたいの。どうすればいい??」

    「○▽…この呪文を唱えてください。相手の体は光に包まれるでしょう」

    「○▽…」

    ところが光に包まれたのはその子の方だった。

    「な、何よ!!」

    大声を上げる女の子。

    「当サイトではいじめるほうを懲らしめるのです…」

    電話が切れた音がした。

    女の子は、いなくなっていた―・・・。
  • 18 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:21:23 [削除依頼]
    いえいえ使いますよ☆
  • 19 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:27:50 [削除依頼]
    第六話〜

    「華音様!?華音様!!!」

    大声を上げる笑里。だが、誰もいない。

    「きいのせいよ!!!」

    そういって、笑里は言ってしまった―

    「わぁ…かわいい!!」

    壁に貼ってある、ポスターが目に入った。

    ウサギの絵と、女の子。

    「あたしの絵、気に入ってくれた??」

    誰??振り向くと、かわいい女の子がいた。

    ポスターの女の子そっくりの。

    「あたし、水島れんげ。漫画家を目指してるの」

    漫画家!?すごいなぁ〜

    「あっ、あたし、礼文きい。よろしくね!!」

    なんか笑里より、れんげちゃんの方が話しやすかった。

    「そうだぁ!!今度、ショッピングに行こうよ!!」

    ショッピング?いいねぇ!!

    あたしはその時、笑里がこっちを見ているのに気が付かなかった。

    しかも、悲しそうな顔で。
  • 20 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 15:36:19 [削除依頼]
    第七話〜

    「きいちゃん、おそろいのもの買わない???」

    商店街に来たあたし。

    「いいね!!」

    その頃は笑里のことなんて考えることなく過ごせた。

    チャームとぬいぐるみを買った。

    「きい!!!!!」

    誰かの声がした。聞いたことのある・・。

    「理桜!!!」

    それは、あの時あたしをたすけてくれた理桜だった。―…
  • 21 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 16:46:27 [削除依頼]
    「なんでここに??」
  • 22 杏咲実♪ id:AJ5r6IJ/

    2012-12-15(土) 20:57:36 [削除依頼]
    第八話〜

    「だって、気になったから。また、宮野に何かされてるんじゃないかって」

    キュン・・・・。

    「でももう大丈夫です!れんげっていう親友、できましたから!」

    れんげちゃんが笑顔になる。

    「れんげ??水島れんげ????」

    理桜が興味深そうに聞く。

    「う、うん…」

    弱弱しい声で答えるれんげちゃん。

    「へぇ〜!!!プロデビューした、れんげかぁ〜」

    プロ??

    「違っ、あたしプロなんかじゃ…」

    理桜が差し出したのは漫画雑誌、スペシャル×スペシャル。

    「ほら」

    書いてあったのはこんなことだった。

    『デビュー!!!!!!
     
     水島れんげさん

    「奇跡のメモリー」

     批評・素晴らしい作品です!文句なしですね』

    すご〜い!!!!!

    「嘘…」

    嘘じゃないよ!れんげちゃん!

    「やったぁ!!」

    その日は太陽が反射してキラキラの日だった―・・・。

    ??メモリー

    「あのぉ、もうやめたいです」

    笑里・・?どうしたのよ!

    「ダメ。どうなってもいいの??これが」

    笑里の大事なものを出せばきっと笑里もー・・。

    「いいです。それ、偽物なんだもん。さようなら」

    ちょっと笑里!笑里!!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません