君は私の郵便屋さん.36コメント

1 実柚*miyu id:qQCg5yY.

2012-12-13(木) 08:21:34 [削除依頼]


  *prologue


   あの日別れた君と私.


   別々の道を歩んできた君と私.


   そして


   あの日


   君は私の元へやってきて


   言ったんだ.


   【 届けに来た 】.


   君と手紙を連れて来てくれた、


   私達の . 運命__


         君は私の郵便屋さん.
  • 17 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 19:59:44 [削除依頼]


    「ささき ゆうとです。
     小学一年生になります。
     よろしくおねがいします」

    パチパチパチ…


    8月。平和の園に新しい子がやってきた。
    『笹木 ゆうと』くん。
    サラサラでえりあしがクルッとなってる黒い髪に、ぱっちりした大きな目。
    元気よくはきはきと動く唇。
    そして、誰もが虜になりそうな、笑顔。

    …私は、君が好きになった。
  • 18 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 20:01:27 [削除依頼]


       訂正*

      郵人の台詞
      × 「小学一年生になります。」
      ○「小学一年生です。」

      すみませ~ん><;;
  • 19 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 20:14:14 [削除依頼]


    この施設では、里親が見つかるまでここで育つ。
    中学を卒業したら自立。
    でも、いつでも遊びに来ていいことになっている。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    「わたし、はるな。里中 はるな。
     よろしくね、ゆうとくん」

    ちょっと照れくさそうに挨拶をした。

    「うん。よろしくね。
     はるなちゃんってかわいい名前だね」

    「あっ、ありがとう」

    純粋なゆうとくんの言葉に、ドキッとしてしまった。


    「……ゆうとくんは、なんでここに来たの?」

    「…ぼくはね、お母さんとお父さんがいないの。
     お父さんはぼくが3歳のときに、
     お母さんはついこの前、病気で天国にいっちゃった」

    私の無神経な質問に、ゆうとくんはきちんと答えてくれた。

    「そうなんだ… 寂しかったでしょ…?」
    「そりゃ、さみしいよ。
     でも、お母さんとお父さんはいつでも
     空から見守ってくれてる、そう信じて、
     がんばってるんだ!」
    「ゆうとくん、えらいね」
    「そんなことないよっ」
    そう言って無邪気に笑う君。本当は辛かったと思う。
    …親がいなくなっちゃうのは、すごく辛くてすごくさみしい。
    それは私もよく分かってた。

    「はるなちゃんは?」
    「え?」
    「はるなちゃんは、どうして?」
    「……わたしは…
     
     …わたしも、ゆうとくんとにてるよ」
    「…そっか」

    …ごめん、ゆうとくん。
    君と似てるなんて、うそ。
    『捨てられた』って言うのが、
    怖くて恥ずかしかっただけ。
    ごめんね。ゆうとくん…
  • 20 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 20:22:56 [削除依頼]


      _それから2年…

    私たちは9歳になっていた。


    「陽奈ちゃん、郵人くん」

    「「 はい 」」


    −平和の園、園長室−

    私と郵人くんは、園長先生に呼ばれて園長室に来た。


    「実はね、あなたたちに新しいお母さんとお父さんが見つかったの」

    「新しいお父さんと…」
    「新しいお母さん…?」

    「そうよ。とても優しい方なの」

    「「…ふぅん……」」


    里親に引き取ってもらえる。それはとても幸いなことだ。
    でも、それはつまり、この園とのお別れ…。
    今まで過ごしてきた皆と、この園と、お別れなのだ。
  • 21 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 20:29:07 [削除依頼]

    ガラ……

    入って来たのは、優しそうな女の人と男の人の二組。

    私たちは、すっと立ち上がって互いに礼をした。


    「こちらは、羽瀬島さん」
    「初めまして」と男の人。
    「初めまして、よろしくね」と女の人。

    「羽瀬島さんには、郵人くんのお父さんとお母さんになっていただきます」
    「笹木 郵人です。よろしくお願いします」

    「こちらは西園寺さん。
     陽奈ちゃんを引き取ってもらうわね」
    「初めまして、西園寺です」
    「よろしくね、陽奈ちゃん」
    と、男の人と女の人が言った。

    「初めまして、里中 陽奈です。
     よろしくお願いします」
  • 22 実柚*miyu id:qQCg5yY.

    2012-12-13(木) 20:33:42 [削除依頼]


    次の日、私と郵人くんのさよならパーティーをして、それぞれ寄せ書きと写真をプレゼントしてもらった。


    その後、私たちは園の皆に見送られながら、羽瀬島さん.西園寺さんと一緒に、新しい家に向かった。


    _さよなら、先生。

     さよなら、園のみんな。

     さよなら、平和の園。


    _そして…


      さよなら、郵人くん……_
  • 23 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 15:36:52 [削除依頼]



      ただいまです。
      できれば更新します。
  • 24 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 16:01:36 [削除依頼]



      ハイ、でゎ、
      リクエストにぉ答ぇして…
      コラボです~!!!!!!!
      くっだらないけど
      暇潰し程度に
      読んでくださぃorz

        ↓☆Go☆↓
  • 25 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 16:13:01 [削除依頼]


    捺美「ぅ… うぅっ……」
    作者『何泣いてんの捺美?
    捺美「何じゃないよぉッ!!」
    作者『ひッ』
    捺美「陽奈ちゃんと郵人くん、
       離れ離れになっちゃったんだよ!?」
    作者『そうだね。
       てか私作者だからね。うん。』
    捺美「陽奈ちゃん、辛かったね…!!」
    陽奈「うぅ、はい…辛かったです、
       あのときは… うぅ、ぅ~…」
    郵人「……………」
    作者『こら郵人、お前も泣け。雰囲気的に。』
    郵人「命令すんな。てか泣かねーよ。   俺も大人だっつの。
       …少なくともお前よりはな」
    作者『外見はね。
       ずず…(お茶飲んでる)』
    郵人「呑気に茶ァ飲んでんじゃねー」
    作者『(バチンッ)ごふっ』
    郵人「あ、すまん。」
    作者『…………』

    将太「ふはははは。
       何こんな序章で泣い…て なんか……」
    作者『お前も泣いてんじゃねーか』
         バシッ
    将太「ごふっ」
    作者『あぁ、すまん。』
    将太「………」


        …くっだらねーーー。
        ごめんね、読者の皆さん。
  • 26 +廉羽miu+ id:bvdp7st0

    2012-12-14(金) 16:19:17 [削除依頼]
    miyuさん、やばい!

    続き気になる♪

    更新楽しみにしてます★

    コラボ面白い♪

    また、コラボよろ★
  • 27 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 16:33:34 [削除依頼]



      コメ返*


      【 廉羽 】
      ぁりがとぅ(笑)
      じゃ、もう少し
      更新したら、また
      コラボするわw
      呼びタメでいいよ!!
  • 28 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 17:01:36 [削除依頼]


      更新~~ッ!!*
  • 29 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 17:03:14 [削除依頼]


     _あれから5年の年月が経った_
  • 30 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 17:13:20 [削除依頼]


    _朝。
    私はいつものように日の光を浴びて目が覚める。


    「んぅ… ふぁ~…」

    里中…ぁ、今は、西園寺。
    西園寺 陽奈、14歳。
    幼かった私も、もう立派な中学2年生だ。


    寝室のドアを開けて、廊下に出た。

    長い廊下を進み、壁につきあたる所で階段を下りた。
  • 31 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 17:33:25 [削除依頼]


    「お父様、お母様、おはようございます」

    キッチンで朝食を作っている母とソファで朝刊を読んでいる父に、丁寧に頭を下げ挨拶をした。

    「おはよう陽奈」
    そう言ったのは父。一度新聞から目を離しこちらを見た。


    「陽奈、おはよう。髪が乱れてるわよ」
    母はそう言って私の長い髪を手櫛できれいにしてくれた。

    「あっ、ありがとう」
  • 32 +廉羽miu+ id:bvdp7st0

    2012-12-14(金) 17:38:39 [削除依頼]
    更新さんきゅ★

    めちゃくちゃ、気になる!

    頑張れ♪
  • 33 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 23:11:14 [削除依頼]


      コメ返


      【 廉羽 】
      ぁりがトン♪
  • 34 実柚*miyu id:r8TDgDQ/

    2012-12-14(金) 23:18:51 [削除依頼]


    洗面所に行って、大きな鏡に顔を写し、髪を結んだ。

    蛇口から出た水は、冬かと思うほど、5月の水にしては冷たかった。
  • 35 実柚*miyu id:/RGc1qw0

    2012-12-15(土) 09:55:12 [削除依頼]



      ぉはぁげ*
  • 36 実柚*miyu id:/RGc1qw0

    2012-12-15(土) 10:01:24 [削除依頼]


      ぁ、この日↑ゎ
      ぃちぉ日曜日です*
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません