不思議なラブストーリー18コメント

1 リン id:oC9Xi/71

2012-12-09(日) 19:23:32 [削除依頼]
不思議なラブストーリー登場人物紹介

神奈矢 水里(かなや みさと)
誕生日 2002年1月23日
 身長 132cm 体重26kg
服のサイズ 120〜140
小学5年生10才 5年2組

中島 雄太(なかしま ゆうた)
誕生日 2002年3月26日
 身長142cm 体重31kg
服のサイズ 130〜150
 小学生5年10才 5年2組

    
   この小説はこの、水里と雄太の不思議なラブストーリーです!

    この二人以外にもたくさんのキャラクターが出てくるのでお楽しみに!
  この小説の読み方
「 」 誰かがしゃべっている
( )  誰かが心の中で思っている
     ぐらいです♪

  では、不思議なラブストーリーの始まり始まり…
  • 2 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 19:44:36 [削除依頼]
    1話
     「みんなおはよ!」
       「おはよう水里!」
      水里は3年の2学期からこのふきしま小学校に転校してきて、活発な性格でたくさんの友達ができた。 
     そして今水里が気になっている男の子が…中島雄太   あまりイケメンとは言えない男の子だかクラスでは明るくムードメーカーだった。
      そんな雄太に引かれていた水里…
    実は雄太も水里のことが気になっていたのだ。
      そしてある日の放課
     「ねぇねぇ水里!皆でコイバナするけど水里も来ない?」そう誘ってきたのは、水里の友達のめぐみだった。
      「いくいく!」 「だよねぇー水里が居ないとコイバナ盛りあがんないんだよぉー!」  そして水里とめぐみは5年2組の教室に急いだ

       「お待たせ!」そう水里が教室に入るとクラスの友達のえりな、ゆきこ、あやねが待っていた。
      「もぉー遅いよぉ!」とゆきこが大げさに叫んだ。 「ごめん!」と水里とめぐみ
      「さぁ早く始めよ!放課が終わっちゃう!」とえりなが急かして全員近くのイスにすわった。
      「ねぇねぇじゃんけんで負けた人が好きな人教えるのやろ!」と話したのは人一倍コイバナが好きなあやねだ  良いよと皆が賛成した。  
    「じゃあやるよ!」
      「じゃんけんポイ!」
     「…負けたぁー!」と大声で叫んだのは水里だった。 
       「おー!水里の好きな人聞いたことない!誰だれぇー!」と興奮しながらあやねが喋る。
      「…じゃあ言うよ ウチが好きな人は雄太だよぉー」と照れながら言うと…  「え、マジ!しらなかったわぁー!」とめぐみとえりなが驚いた
      もちろんその時には教室に私達コイバナメンバーしか居ないと思っていた…
        2話に続く…
  • 3 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 19:58:23 [削除依頼]
    2話
      「だって! 水里の好きなヤツは雄太だってよ!」と男の子の声がした
      コイバナメンバーは全員廊下に出た。  すると…おんなじクラスのゆうと、けいすけがいた。  その二人はすごくイタズラ好きだった…
     
      そしてゆうとが「みんなに言いふらそうゼ!」といった。
        けいすけは「だよねぇー」といって二人は逃げようとした。   
      そこでコイバナメンバーは捕まえようと全力で追いかけた。 
     (まてぇー みんなに広まったら大変っ!)そう思いながら水里は追いかけた。  コイバナメンバーは全体的に運動も勉強も困らないぐらいのレベルだった。  コイバナメンバーはナイスチームワークでゆうと、けいすけを捕まえた。
      「私が雄太のことが好きなことは絶対に言わないで」と水里が怖い目付きでにらみながら言った。
      「わかったよ…言わないから放してくれ」とけいすけがいった。
      「わかったわ」とコイバナメンバーは掴んでた右腕を離した
       でも次の日のことは誰も予想していなかった…
         
      3話に続く…
  • 4 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 20:20:09 [削除依頼]
    3話
     水里はいつもどうり教室に入ると…
       「あっ!雄太の事すきなやつが来たぞ!」と大声で叫ばれた。 
      そこにコイバナグループが走って来て「水里ちょっと来て!」と焦りながら言われた。
      「水里が雄太のこと好きってばれちゃってる!」とゆきこが言った。
      「それって…けいすけとゆうとがばらしたって事?」と水里は冷静に聞き返した。  そうするとあやねが小さくこっくりとうなずいた。
    「そうなんだ…」と水里は言った。
       「大丈夫?」とめぐみとゆきこが心配してくれた。  「うん!大丈夫でしょ!気にしてないから大丈夫だよ♪」と水里は言ったものの、すごく気にしていた。  
      雄太は女子から結構人気だから雄太のことが好きな女子から嫌がらせを受けるかもしれない…
       その日は金曜日だった。
    でも、それがいい方向に進むなんて誰もおもわなかった。
      
        4話に続く…
  • 5 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 20:26:42 [削除依頼]
    4話
     そして土曜日… 昼間に家でゴロゴロしていた水里は3DSをやっていた。
       実は水里と雄太は3DSでフレンドコードを交換したことがあった。
     そして日記が届いた。 
       (だれだれ…)と思いながら、日記をみると雄太からの日記だった。
    (えっ!) 内容は(僕の事好きなの?好きだったら両思いだよ)ってね♪
       そして最後にこんなことがかいてあった

       5話に続く…
  • 6 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 20:34:25 [削除依頼]
    5話
     日記の最後に書いてあった言葉は…
    (付き合ってください)だった。
      水里は返事を書いた(はい!ぜひ付き合って下さい!)と送ると…
       返信がかえって来た(急だけど明日初デートできないかなぁ)
    水里は(大丈夫だよ!じゃあ1時に優山公園のブランコの前で!)

       雄太から返事がきた(了解!あと付き合ってること皆には秘密にしといてくれる?)
     (okだよ! じゃあ明日!)
    その日記を送り終わったらすぐに水里は二階にダッシュ!
      (明日めっちゃかわいい服来ていかなくちゃ!)
     
        6話に続く
  • 7 リン id:oC9Xi/71

    2012-12-09(日) 21:51:01 [削除依頼]
    6話 
     (今日雄太とデートだ!楽しみ過ぎて早くおきちゃった♪)
        その時はまだ朝6時だった
     ベッドからでて1かいでトーストに苺ジャムを塗ったパンと、ココアを飲んで、顔を洗い髪の毛をキレイにセットした。  ちなみに水里はきれいな長い髪型だった。髪の毛は背中まである。  今日は特別な日と言うことでツインテールをしている。
       「お母さん行ってきまーす!」

      
      7話に続く…
  • 8 リン id:RZpfsZh0

    2012-12-10(月) 07:35:35 [削除依頼]
    7話
      (早く来すぎちゃったかなぁっ? まだ約束の時間まで14分もあるなぁー  楽しみ過ぎるぅ♪)

     そして水里はブランコが見えるところまで来た。
       (あっ!雄太もう来てる!)
     「おまたせ!」と水里は手を振った

        8話に続く…
  • 9 リン id:RZpfsZh0

    2012-12-10(月) 10:29:35 [削除依頼]
    8話
     「じゃあ早速…行こっか!」と最初話したのは雄太だった。

     実は水里はデートのコースは雄太に任せていたためどこに行くか分からないのだ。   「着いてきて」 「えっ!うん」 二人はきんちょうしていた。   いちよう隣で歩いている。
      そこで水里は勇気を出して… 手を繋いだ。
     (暖かいな雄太の手…)
        手を繋がれた瞬間雄太は顔を真っ赤にして水里の顔を見た。
     「なっなによっ!何か変なのっ?」と真っ赤な顔で水里が聞き返すと雄太は意地悪そうに笑って「いやっかわいいなぁーって」と言った。
      水里は目をそらして考えていた。(かっこいい…)
       「水里!ここだよっ!」と着いたのはカフェ屋だった。
     「ここの飲み物めっちゃ美味しいんだよ!」と自慢そうに雄太は言った。
     
    9話に続く…
  • 10 リン id:ZDYzcf70

    2012-12-13(木) 20:59:15 [削除依頼]
    10話
      カランカラーン  ベルがなった
    「いらっしゃいませ!何名様ですか」という元気な定員さんのこえが聞こえた。
      「2人です」と雄太が言った。


         
    短くてごめんなさい
      10話に続く
  • 11 リン id:B.Jwo/D/

    2012-12-26(水) 08:40:45 [削除依頼]
    10話
      注文をどうぞ!と店員さんがいった。   俺ミルクココア 水里は?
     じゃあカフェオレで!と水里が言った      かしこまりました。
      
      …二人は帰る時間になった
      じゃあバイバイ!と水里が言って二人は自分の家に向かって歩き始めた


        11話に続く… 
       
  • 12 リン id:B.Jwo/D/

    2012-12-26(水) 08:50:15 [削除依頼]
    11話
     次の日大親友のエリナからメールが届いた    内容は、「うち、らいの事好きじゃん。 だから明日家にピンポンしにいこうと思うんだよね♪
    でその時告白するの! 一人だと緊張するから水里も着いてきて!」
      水里が返信を打つ「OK! じゃあ明日エリナの家迎えに行くね!」
      そして次の日…
     おはよう!と水里はエリナの家に迎えに来た。 
      よし行くよ!とエリナが元気よく言った。
       …12話に続く
  • 13 リン id:B.Jwo/D/

    2012-12-26(水) 08:58:06 [削除依頼]
    12話
      らいの家に着いた…
     ピンポン押すよとエリナ
    ピンポーン…
      はいとインアーホォンに出たのは男の人だった    あのらい君って居ますか?とえりな   男の人は居るよ!今行かせるね

        とらいが家から出てきた!
      エリナがとっさに「ずっと前から好きでした! 付き合って下さい!」と言った   らいは…「えっうんいいよ…」と照れながらも言った。
     「エリナ良かったね!」と水里

       夏が始まりだす時季の時だった

           13話に続く
  • 14 リン id:B.Jwo/D/

    2012-12-26(水) 09:12:27 [削除依頼]
    13話
      水里と雄太が付き合っていることはエリナとらいもしった。    エリナとらいも水里と雄太が付き合っていることを知った! 
      それに雄太とらいは友達だった
        だからエリナと水里はダブルデートできるかもね!
      …としゃべっていた。
     そして夏休みがきた。
        4人が集まって何かはなしている。    夏休みだし4人でどっか行こ!とらいがいった。
      エリナが いいね! でもどこに行く?と言った そこで水里は「じゃあナガシマジャンボ海水プールは?」と言った。    そして他の三人はいいね!と賛成した。   水里が 「じゃあ決定! バスで行くのとチケット代は3500円だから、5000円ぐらい持って来てね!」   そしてその日は皆家に帰った。  次の日…
      (あぁー今日プール行くんだ! 早く行きたい!)と水里は思っていた

       …14話に続く
  • 15 リン id:3KtLgeZ/

    2013-01-01(火) 23:05:46 [削除依頼]
    14話
      8時にコンビニ前に集合になっていた。
     みさとは、6時30分におきた。
    朝ごはんを食べ終わって、顔を洗い歯
    を磨いて髪をツインテールに結んだ。
       今日はなは柄のフェミニンなワンピースを来ている
     服の下には水着を着ている。
    水着の柄は黒とピンクのドット柄だ
     スカートはヒラヒラでとてもキュートだ。  水里はきれいな細い体なのでビキニがよく似合う。 

    えりなは、あさ6時00分に起きた。
     軽めに朝食をとり顔を洗い歯を磨いた。 えりなの髪型はポニーテールにして結んだ。  服はかわいいポップTシャツにハンズボンをはいている。
     えりなも服の下に水着を着ている。
    えりなの水着の柄は黄色のポップな水着だった。

      そして約束の時間ぴったりに4人は集合した。

       15話に続く…
  • 16 パンネロ id:3KtLgeZ/

    2013-01-01(火) 23:09:30 [削除依頼]
    いい感じのラブストーリーですき!


    甘すぎなくていいとおもうよ♪
  • 17 リン id:3KtLgeZ/

    2013-01-01(火) 23:28:13 [削除依頼]
    パンネロさんありがとうございます!
       これからも頑張って更新していきますね!
  • 18 リン id:T1yyTZw/

    2013-01-05(土) 11:07:53 [削除依頼]
    15話
     よし!出発!とえりなが元気よくいった。
      ここからバス停まで2〜3分ぐらい歩いていく。 
     水里の心の中…(あー雄太がとなりにいるんだぁ!早く泳ぎたいなぁ♪)
     そしてバス停に着いた その時ちょうどバスが着いた。
     …誰が隣に座る?と水里が聞いた。
    じゃあ俺は水里の隣に座ると雄太が言った。  そしてバスの中…
     水里と雄太はゲームを通信してラブラブモードに(笑)
    えりなとらいは手を繋ぎながら外を見てしゃべっていた。 またこちらもいい感じっ!
     
        16話につづく…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません