*私の恋日記*28コメント

1 キキ id:g/QsEB1/

2012-12-08(土) 12:43:47 [削除依頼]
 これは、実話や理想を混ぜたものです。

 更新頑張ります!
  • 9 シュガードロップ id:DaTI56..

    2012-12-08(土) 18:36:03 [削除依頼]
    キキさんてどっかで見たことある……

    好きな人の年賀状、探しちゃいますよね〜!

    ウチは今はいませんがっ!
  • 10 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 18:50:56 [削除依頼]
     〇登場人物

     *相沢 百花* アイザワ モモカ
    ーメモー
     日記を書いている。結構移り気だが、好きになった人に対しては一生懸命。割りとモテる。だが、自覚がない。

     *萩尾 美咲* ハギオ ミサキ
    ーメモー
     私(百花)の親友。顔は可愛いが、いろんな面で不思議ちゃん。…例えば、時に冷静沈着。時にハイテンション娘。時に鬼指導者…これ以上かいたら怒られるかな…?

     *櫻井 悠里* サクライ ユウリ
    ーメモー
     私の親友。体も心も力強い!?。相談が得意。あるアイドルグループに夢中。小太りなので、男子からよくからかわれる。気が強く恐い…

     *楠木 明宏* クスノキ アキヒロ
    ーメモー
     私の好きな人。明るく、まつ毛が長い。女がおだが、男らしい。スポーツ万能。
  • 11 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 19:35:48 [削除依頼]
     >9ですよね!ですよね〜!私、この時はいつくるかな…いつくるかなって、10日になるまで待ってたんですよ!  私もシュガードロップさんのことどこかで見たと思うんですけど…何の小説を書いているんですか?
  • 12 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 19:49:20 [削除依頼]
     ー続きー
     さてと、紹介もこれぐらいにしてっと…

     私はまた年賀状へ顔を戻した。

     もう一回年賀状に楠木君からのものがないか確かめた…けど

     やっぱりないや…。

     新年早々、気落ちな朝でした。
  • 13 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 20:06:54 [削除依頼]
     1月6日ー習字教室ー
     
     今日は土曜日。習字の日。私は習字を習っていて、毎週土曜日にいっているの。

     ついでに言うと、楠木君も同じ習字教室にかよっている。まあ、週は違うんだけど…それだけで私は嬉しい。それを話題に楠木君と話すことができる。それに、私はライバル視している。私は習字しか、ずば抜けてやれるものがない。私は習字だけは絶対に負けたくない。

     教室に付くと、早速あれを探した。

     !あった![習字便り]この本で自分の、他の人の段や優秀作品や、最優秀作品を見ることができる。

     そして、私の段を見たあと、あの人の名前を探す。


     楠木明宏…楠木明宏…楠木明宏…あった!

     良かった、抜かされていない。今のところ私のほうが一段上www

     私はこういう共通点があることが凄く嬉しい。

     
     
     いつもより張り切って書くことが出来ました。
  • 14 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 20:31:54 [削除依頼]
     〇1月10日ー届かなかった年賀状ー

     今日も寒いのに外へ出た。またポストをあさる。

     だよな〜あるはずないよな…

     今日はお正月から10日め。来るはずないじゃない…

     こんなに必死になっている自分に泣けて来た。

     ヤバい、泣くかも…

     だけど、冬の風が頬を切り裂くように寒くて早めに家に帰った為、思いっきり泣けなかった。

     冬は寒い。そのことを改めて思った1日でした。
  • 15 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 20:36:41 [削除依頼]
     ちなみに、私(百花)は6年生です。
  • 16 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 20:56:11 [削除依頼]
     1月15日

     今日から冬休みも終わり、3学期が始まります。

     「みんなーおはよー♪」

     美咲)モモ、おはよー♪

     悠里)あけおめ〜☆

     「冬休みどうだった?」

     美咲)むちゃくちゃ暇で死にそうだった…。

     悠里)きちんと勉強してないって一言だね、それ。

     美咲)あれれ〜どこかのだれかさんはずーっと国民的人気アイドルsakuraのhiroに夢中で1日じゅうテレビばっかり見てたんじゃなぁい?

     悠里)は?なんかいいましたかー?

     美咲)いや、別に…

     「ミサ(美咲)、本当のことだから謝らなくていいよ!」

     悠里)コラッ

     そんな会話が続く。私はそんな日常が大好きだ。

     【ガラガラガラ】

     汗をたっぷりかいた楠木君が入ってきた。

     朝からサッカーしてきたんだ。

     「ごめん。ちょっと用があって…」

     美咲)ハイハイ、愛しの彼と話してらっしゃい!

     「そんなんじゃないってば……///」

     悠里)いってら〜

     私は顔を真っ赤にしながら楠木君のもとへと走って向かった。
  • 17 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 21:32:35 [削除依頼]
     「おはよー楠木君。」

     明宏)はよー♪相沢

     ほら、この笑顔。私はこの冬休みの間、どんなにこの笑顔を見たかったか。

     明宏)また習字、お前を抜けなっかたな〜。悔しい…今度は抜いてやるからな!

     「ふふ〜ん。抜けるものなら抜いてみなさい!」

     明宏)プッ。なんだよそれwww 。

     楠木君はモテる。だから、周りには男子や女子がわんさかいる。

     でも、この話しは私と楠木君しか分からない特別な話し。

     意地悪かもしれないけど、女子が黙って話を聞いているのは気持ちがいい。

     そんなときに、一人の女の子がつまらなそうに話しかけてきた。

     <ねえ、楠木君〜なんで年賀状くれなかったのぉ>

     いつもは嫌な気分になるのだが…この人も私と同じように年賀状来てなかったと思うと、少し安心&なんでなのか気になる。

     明宏)実は…
  • 18 キキ id:g/QsEB1/

    2012-12-08(土) 21:42:01 [削除依頼]
     今日は落ちです。
  • 19 シュガードロップ id:DaTI56..

    2012-12-08(土) 21:43:38 [削除依頼]
    おもしろ〜い!

    どこだっけな?

    誰かの小説でキキって名前みたか、キキの違う小説で見たかもっ!
  • 20 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 09:07:17 [削除依頼]
    >19いえ…私、違う小説は書いてないんだけど…じゃあ、コメのほうかな?  シュガードロップさんのことなんて呼べばいいですか?  私のことはタメで全然いいよ!
  • 21 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 14:05:07 [削除依頼]
     明宏)実は…
          親戚が亡くなっちゃって、寒中ハガキじゃなくちゃいけなくて
          中旬になったら届くから、ごめんな!

     な、なんだそうだったんだ…親戚が亡くなるなんて辛いんだろうな。

     
     始業式の長い長い校長先生のお話。その日は、真剣に聞きました。
  • 22 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 14:29:29 [削除依頼]
     1月20日

     「やっと、届いた〜!」

     やっと届いた!楠木君からの手紙。

     何て書いてるのかな?

     『寒中お見舞い申し上げます。


            習字、これかも頑張ろうな!

                           楠木 明宏』

     ふっ…ふふふ。みんなは、好きな人から年賀状もらって嬉しい?

     ほとんどの女の子は嬉しい!って答えるんじゃないかな?

     …でも…でもね、嬉しくないときだってあるんだよ。

     習字っていう私と楠木君だけの共通点があるってことは、凄く嬉しい。でもね、時々寂しくなるの。私と楠木君とは、これだけしか話すことがないんじゃないかって。私は楠木君と話していていつも思う。

     違う!違う!私が話したいのはこんなことじゃないのに!…もっといろんなことが話したいよ、私は。楠木君は私をただのライバルとしか思っててくれていないの?…寂しいよ…

     
     冷たい冬。私はいつまでも春が来るときを待っています。
  • 23 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 15:16:00 [削除依頼]
     1月21日ーお誘いー
     
     今日もとっても寒い…夜です。

     今日の夕飯はお鍋♪やっぱり冬はこれだよね!

     私がお鍋でポカポカしていたら、電話がかかってきた。

     【トゥルルルル トゥルルルル ーカチャッ】

     「はい、相沢ですーあ、美咲ちゃん?今、モモに代わるね〜」

     「ーただ今代わりました、百花ですー」

     『もー、モモったら何かしこまっちゃってるのよ』

     「ーだって、ミサから電話なんて久しぶりじゃん!ー」

     『まーね、話すことは大体学校で話してるからね…。』

     「ーんで、用件は?ー」

     『ああ、そうだった。あのね、私の友達のお母さんがピアノ教室やってるんだけど、そこの教室すんごい安いのよ!最近習いに来る人少なくなってて困ってるみたいだし…人助けだと思って一緒に習いに行かない?』

     「え?ピアノ?私なんかに出来るかな…。」

     『大丈夫だって!私もいるし!見学してみたけど結構面白そうだったよ!ねぇお願い!モモだけが頼りなの!』

     「うーん…分かった、やってみる。」

      『きゃーー!ありがとうモモ!さっすがワタクシの親友www 』

     「プッ。何よそれ〜」

     『あ、後、私の仲良しの朱里ちゃんって子も一緒だから!ヨロシク!じゃあね〜ーーガチャッーー』

     …ハイテンション娘で終わったな…っていうか、朱里ちゃんって子も一緒だなんて言ってなかったじゃない!仲よくなれるのかな…。

     その後、お母さん同士の話し合いで、毎週水曜と決まった。

     
      何だか騙された気分の1日でした。
  • 24 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 16:07:12 [削除依頼]
     1月22日
     
     【これで四時間目の社会の学習を終わります!礼!】

     お、終わった〜。私は社会が大の苦手。終わってとても、ホッとした。

     次の時間は給食www 。あ、今日は給食当番だ!急がないと…。

     私は速足で手洗い場へと向かった。

     お!楠木君発見!ラッキー♪

     私は楠木君の近くで手を洗った。

     楠木君と男子数人が何かしら話している。

     私はそっと、話を聞いた。

     『アッキー(明宏)お前、今は、誰が好きなんだ?』

     お!気になる気になる!誰が好きなんだろ、こっそり聞いちゃえ!

     明宏)教えるもんか〜

     えー、そんな〜

     『よし、当ててやる!』

     『えーっと…小林!』

     明宏)違う!

     『分かった!相沢!』

     明宏)ちげーよ…

     チクッ。…だよね…そんなわけないよね…もう、聞きたくない。

     でも、心とは裏腹に耳は自然と聞こうとする。

     『じゃあ、元好きの、田口だな!』

     明宏)な、なんで、俺の元好きしってんだよ!

     『アハハハハハァ。図星〜』

     明宏)バカ!ちげーよ!

      『明宏ちゃん可愛いwww 赤くなっちゃって〜』

     私はそれ以上聞きたくなくて、静かにその場を立ち去った。

     神様…酷いよ。

     私はこんなにも彼を思ってるのに

     その思いは届かなくて

     どこか遠くへ行ってしまう。

     その代わり

     彼は私の思いのぶん

     そのまま違う人へと注いでる

     私の思いは空回り

     彼を愛してはけないの?

     彼に恋に落ちてはいけないの?

     私は暗い闇へとおちていく。


          神様…酷いよ…

     
      私は暗い夜、枕のなかで静かに泣きました。
  • 25 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 16:21:41 [削除依頼]
     誰も来ないな…
  • 26 キキ id:3bxlmcV.

    2012-12-09(日) 16:25:18 [削除依頼]
     2月1月

     今日から新しい月にはいる。

     月と一緒に新しい展開があったら良いのに…

     私はそんな気持ちで学校へと向かった。
  • 27 キキ id:5CLDLwJ/

    2012-12-15(土) 16:01:44 [削除依頼]
     悠里)モ〜モ〜!おはよー♪

     「…おはよ…」
     
     私の反応にビックリしている。

     美咲)どうしたの?具合悪いの?

     心配してくれてるんだ…

     私は無理に笑って答えた。

     「別に〜。あと、楠木君の好きな人分かったよ〜!タグ(田口)のことがすきなんだって!片想いか、まあいいよ!私、まだ小学生だし!」

     悠里)そっか…

     美咲)落ち込むなって!楠木君にモモのこと好きにならなかったこと後悔させてやろ!…ね?

     「…うん…!」

     なんにも聞かず、わたしの今の状況を分かってくれる友達。

     理解してくれる友達。

     優しい友達。

     神様。

     私はあなたを憎みました。

     でも、今は感謝しています。

     こんなに素敵な友達を

     私の親友にしてくれて。

     恋は実らなくても

     友達がいるから大丈夫。

     そんな気がします。

     神様、ありがとう。

     
          恋の発展は無くても友達がいる。その事に気づいた1日でした。
  • 28 キキ id:5CLDLwJ/

    2012-12-15(土) 16:32:05 [削除依頼]
     2月5日ー総合ー
     それから5日間。なーんにも変わらない生活を過ごした。

     でも、やっぱりまだ楠木君に未練あり。

     そんな私を悠里や美咲は優しく包み込むように接してくれている。

     そんな日の四時間目のこと。

     その日は大好きな総合の学習の日だった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません