一年荘の奇妙な住人。6コメント

1 れい* id:sWu9OZn/

2012-12-08(土) 12:24:17 [削除依頼]
緑川透、今のところ18歳。
この度、わけあって住んでた家を追い出されました。

まあ、悪いのは俺だけど、
いくらなんでも追い出すのは…。

すぐに新しいマイホーム(極安)を
見つけられたのはいいけど…。


「……なんだここ」


なんだか、奇妙なアパートだった。
  • 2 れい* id:sWu9OZn/

    2012-12-08(土) 12:39:48 [削除依頼]
    一年荘、そこは街の端っこの方の
    広い桜並木の近くに建つ、ごくごく
    普通の小さなアパート。

    二階建てで、部屋数は20。
    一人暮らし限定の変わったところだ。


    「思ったより広いな…」

    と言ってもワンルームだが。

    母親と父親は31回目の新婚旅行。
    姉はNYへ留学中、そして一応いる
    弟と言えば、今年から私立高の寮へ。

    なんともバラバラな家族でただ一人、
    こんな地味で貧乏なくらしとは…。

    「とりあえず、住人の人たちに挨拶を…」

    ピーンポーン

    「誰だ。まだ入りたての俺の元を訪ねに来たのは!!」

    ピンポーン ピーンポーン

    「はっ!! もしや、殺し屋とかが俺を襲いに…」

    ピンポン ピンポン ピンポン ピンポーン

    「しょうがない、此処は…」


    「どちらさまでしょうかぁ!!!」

    勢いよくドアを開ける。
    だが、目線の先には誰もいない。


    「なんだ、今どきピンポンダッシュか?」

    「ここにいるんだけど」

    「…ん? 声が…」

    「下よ、下」

    声の通り下を向く。
    するとそこには小学生のような
    小さい女の子が立っていた。

    「…君、今日月曜だよ?
     小学生だよね?
     学校行かなくていいの?」

    「し…失礼な!! 私は
     れっきとした高校生よ!」

    そういってチビ女は生徒手帳を
    見せつけた。


    「……それより、あなたも高校生よね?
     人の事言えないんじゃない?
     高校はどうしたの?」

    「え、いや、引越ししたばかりで…」

    「甘いわ。物凄く甘い…。
     私が此処に来た頃は、引越し早々
     高校に遅刻して行ったわよ!!」
  • 3 れい* id:sWu9OZn/

    2012-12-08(土) 12:51:55 [削除依頼]
    それは何とも言えない。
    いいことなのか…?

    暫く会話を交わさずチビ女を
    観察してみる。

    身長はどうやら145くらいか。
    高校生にしてはチビだな。
    さすがチビ女。

    そして頭のてっぺんから飛び出た
    奇妙なアホ毛は、すごく掴みやすそうだ。


    「何ジロジロ見てんのよ、このバカ!」

    「はぁ? 小学生みたいなチビに
     言われたくねーんだよチビ女!!」

    「うるさいわね、身長はどうでもいいでしょ!
     人間見た目より中身よ、な・か・み!」

    中身も駄目だけどなこいつは。

    「駄目ですよ、喧嘩は」

    「…桃ちゃん…」

    「桃ちゃん?」

    「初めまして、桃木梓です」

    どうやら俺は、運に見放されてなかったようだ。
    こんな美女、いや、美少女に引越し早々
    出会えるなんて……。

    「鼻血出てるわよアホ」

    「バカからアホにスキルアップか」

    「そのポジティブ思考どうにかして」

    「まあまあ、緑川くんは引越して来た
     ばかりなんだし、皆でお祝いしましょう」

    な、名前を憶えてくれてるなんて…。

    女神だ!! 美少女や美女を通り越して女神だ!!
  • 4 れい* id:sWu9OZn/

    2012-12-08(土) 13:11:10 [削除依頼]
    「桃ちゃん、お祝いってどこで?」

    「圭くんの部屋でどう?」

    「ああ、あいつの部屋が唯一広いもんね」

    「圭くん?」

    誰だそれは、…もしや女神の彼氏…。

    「圭は、あたしたちの一学年下、
     つまり高二で、唯一1LDKの部屋に住んでる、
     この荘ではちょっとしたお金持ち」

    「皆はもう呼んでいるから、行きましょうか」

    「女神…失礼、桃木さんの部屋は?」

    「梓で良いよ、同い年だしね」

    が、学年まで知っているのか…。

    「私の部屋は隣、103。茜は101よ」

    「あかね?」

    「私の名前よ、間中茜」

    「圭くんの部屋は二階よ、ここの上」
  • 5 猫助 id:hhH28ZU.

    2012-12-08(土) 14:11:51 [削除依頼]
    おぉ〜
    おもしろいっ!
    茜って、145センチ・・・。
    私、151センチ・・・。    

    差がありすぎる・・・。
  • 6 れい* id:sWu9OZn/

    2012-12-08(土) 15:35:45 [削除依頼]
    猫助さん

    ありがとうございます!!
    事情があり更新は月一になるのが
    多いと思いますが、宜しくお願いします!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません