学級支配53コメント

1 哀 id:27HdMm31

2012-12-07(金) 20:14:27 [削除依頼]
学級支配身分一覧

(神    1人)
女王   1人
王女   2人  
姫    2人
秘書   2人
メイド長 1人
メイド  20人
奴隷   4〜5人
        
           計.33〜34人
  • 34 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 15:33:33 [削除依頼]
    「な…何これ…」
     私は黒板に書いてある文字を読んだ。
     クラスの中で一番ダサい名前?
     名前がダサい奴は一週間いない者?
     話し合いで決めろ?
    「今回から命令内容が少し変わった……?」
     静が言った。
    「あぁ、私もそう思った。前のは可愛い命令だったしな」
    「『みんなで親孝行しろ』とか『親にプレゼントをしろ』とかね……」
     千明と莉亜が話してる。
     ダサい名前……。
     優子ってダサい名前なのかな……
  • 35 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 15:42:04 [削除依頼]
     話し合いは昼休みに行われることになった。
    「これから話し合いを始める。司会は私、メイド長の藤下怜が務める」
     この人がメイド長か……
    「なお、今回は身分関係なく誰にでも発言できる権利がある。例え奴隷でも」
     そういいながら怜は私達の方を見る。
    「何か質問は?」
    「はい」
     手を挙げたのは莉亜だった。
    「奴隷だから言っている言葉も分からないんだよ〜(笑)」
    「無感情女だからだよ〜(笑)」
     秋、咲が邪魔してくる。
     しかし周りのみんなは何故かソワソワしている。
     いつもなら、クスクス笑うはずなのに。
  • 36 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 15:46:07 [削除依頼]
    「怜、話してもいいかしら?」
     莉亜が質問する。
    「もちろん、だって発言する権利は誰にでもある」
    「じゃあいう。発言の権利は誰にでもあるのよね?」
    「何回も言ってるが、そうだ」
     莉亜が何を言おうとしているのか見当もつかなかった。
  • 37 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 15:50:50 [削除依頼]
    「じゃあ、もしも奴隷の身分でも話す権利がある人の発言を邪魔する人はどうなる?」
     ん?どういうこと?
    「莉亜、それはさっきの秋と咲の件か?」
    「別に違うけど」
    「………莉亜ちゃん」
     静が呟いた。
    「静どうしたの?莉亜が心配?」
    「優子ちゃん、違うの。莉亜ちゃんが怖いの…」
     莉亜が怖い?え?
  • 38 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 15:55:00 [削除依頼]
    「莉亜ちゃん…」
     静が泣いてしまった。
    「れ…怜…メイド長!!」
     私は怜を呼んだ。
    「優子、今は話し合いなので呼び捨てでいい」
    「静が泣いちゃったから…保健室に連れていっていい?」
    「もちろん。しかし、話し合いは勝手に進行するけど……」
    「構わないよ!いくよ、静」
     私と静は教室を出た。
  • 39 哀   id:2NgtP3..

    2012-12-09(日) 16:00:31 [削除依頼]
    ー保健室ー

    「保健室の先生居ないね……」
    「保健室行かなくても良かったんだよ……」
     静はまだ泣いている。
    「静、話聞かせて?何で莉亜が怖いの?」
    「…………」
     静は黙ってしまった。
    「莉亜って頭いいんでしょ?うらやましいよ〜」
    「り…莉亜ちゃんは……悪魔だよ」
  • 40 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 17:35:56 [削除依頼]
    静:中学1年生 ー九月ー

    「え〜、九月には体育祭があるんだ」
     先生が黒板の前で体育祭の話をしている。
     私にとって体育祭は一番嫌いな行事。
     理由はもちろん、運動が苦手だから。
  • 41 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 17:44:00 [削除依頼]
    「静、体育祭何に出場する?」
     隣の席で、親友の友子ちゃんが私に話しかけてきた。
    「私は、走るの遅いし……50m走と二人三脚かな…」
     生徒は最低でも2種目は出なくてはならない。足が速い人だとリレーとかに出れる。
    「友子ちゃんは?」
    「アタシはね、持久走に出ようかなって思ってるんだけどね…」
    「持久走!??」
     持久走は男女一人ずつ出る競技で得点がリレーの次に高い。
    「すごいね!」
    「うん…でも……アタシ、足今怪我してんだよね…」
     
  • 42 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 17:51:17 [削除依頼]
    「足を!?大丈夫なの!??」
     私が心配してると
    「大丈夫大丈夫、すぐ治るって!」
     そういいながら友子ちゃんは足ぶみする。
    「え〜てな訳で女子で持久走に出てみたい人!」
     先生が持久走に出場する人を決めている。
    「「「はい」」」
     三人手が挙がった。
     一人は友子ちゃん。
     後の二人は紗良ちゃんと莉亜ちゃん。
     二人とも運動神経抜群。
    「おぉ、みんな積極的だな。」
     先生は感心して
    「誰がいいか多数決で決めるから伏せて〜」
     いつものパターンだ。
     私はもちろん友子ちゃんに手を挙げる。
  • 43 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 17:54:59 [削除依頼]
    「じゃあまず……紗良がいい人!」
    「次に…莉亜がいい人!」
    「最後に……友子がいい人!」
     私は友子に手を挙げた。
     机に顔を伏せているので誰が誰に手を挙げたのかはわからない。
    「え〜と…多数決の結果、女子持久走代表は…………」
  • 44 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:13:00 [削除依頼]
    「女子持久走代表は………」
     先生が少し間をおいた。
    「友子です!みんな拍手!」
     パチパチパチパチパチパチ……
     友子ちゃん!凄い!!
    「友子ちゃん、良かったね!」
    「うん、静が票を入れてくれたおかげだよ!」
     本当に良かった………。
     でも私は気づいた。
     さっきからこちらをじっと、莉亜ちゃんと紗良ちゃんが睨んでいたことを…
  • 45 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:16:24 [削除依頼]
    ーちょっと現在ー

    「じゃあその友子ちゃんって今同じクラスの?」
    「うん、西田友子ちゃん。あと紗良ちゃんも。どっちもメイドだよ」
     私はメモ張を開いた。
     確かに友子って子も紗良って子もいる。
    「それからどうなるの?」
    「うん、あのね……」
  • 46 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:20:17 [削除依頼]
    ーまたまた九月 体育祭二週間前ー

    「あと一周!ラストスパートだよ!」
    「あぁ!静行くぞ〜!」
     私は友子ちゃんが持久走の代表に選ばれた日から毎日の練習に付き合っている。
     私は元々持久力がないから朝や空いている時間に近所を一人で走っている。
     そのおかげで友子ちゃんのペースにあわせられている。
  • 47 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:29:33 [削除依頼]
    「ふう…少し休憩…」
     グラウンドを15周走った私達は階段のところに座った。
    「友子ちゃん…これ…」
    「ん?」
     私が取り出したのは朝作ってきたレモンの蜂蜜漬けだった。
    「こういうのってベタかな…?」
     私が友子ちゃんがこれを食べてくれるか心配した。
    「一個…食べていい?」
     そういうと友子ちゃんはレモンの蜂蜜漬けを一個食べた。
    「美味しい!!!!」
     友子ちゃんは嬉しそうな顔をするとレモンの蜂蜜漬けをバクバク食べ始めた。
    「本当に?」
    「あぁ、静も一個食べてみろよ」
     私は一個口の中に入れた。
     美味しい。
     とても美味しい。
     私もレモンの蜂蜜漬けを友子ちゃんと争うように食べた。
  • 48 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:31:54 [削除依頼]
    ー体育祭3日前ー

    「ねぇ、静ちょっといいかしら?」
     私は紗良に呼び出された。
    「何?」
    「友子のことどう思う?」
    「えぇ??」
  • 49 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 18:33:51 [削除依頼]
    「どう思うって……?」
     私はとても嫌な予感がした。
    「まぁ簡単に言えばこれから友子をいじめようと思うの」
     ええ?
  • 50 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 19:51:54 [削除依頼]
    「友子ちゃんをいじめるって……」
    「いい?あのね、私は友子が嫌いなの。持久走の件もそうだけど、色々あるの」
    「でも紗良ちゃん……」
     私は友子ちゃんをいじめるのは嫌だ。
    「まぁ別にいいけど。静は誰かと一緒にいないと行動できないし(笑)」
     紗良ちゃんは私をバカにしたように笑う。
    「明日からいじめるんだけど邪魔しないでね♪」
     そう言うと紗良ちゃんは立ち去った。
  • 51 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 19:57:39 [削除依頼]
    ー次の日ー

    「まさかこんな日に熱が出るとは……」
     私は今日熱を出してしまった。
     お母さんは「今日はゆっくり休みなさい」と言い学校に休みの連絡をしてくれた。
     友子ちゃん………
     私は友子ちゃんのことが心配で仕方なかった。
     今ごろどうしてるのだろう。
     いじめられてるのかな?
     大丈夫。きっと友子ちゃんなら。
     体育祭は……明日!??
     えぇーーーーーーー!??
  • 52 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 20:01:03 [削除依頼]
    「ピーンポーン…………」
     玄関のチャイムの音で目が覚めた。
     どうやら私は夕方まで寝てしまったようだ。
    「静〜お友だちよ」
     友達?友子ちゃんかな?
    「西田さんよ」
     やっぱり友子ちゃんだ。
    「今行く〜」
     私は玄関に向かった。
  • 53 哀   id:Vv0mYG/1

    2012-12-10(月) 20:03:12 [削除依頼]
    「静!」
     玄関に友子ちゃんが立っていた。
    「友子ちゃん、中入りなよ。」
    「え、いいのか?」
    「うん」
    「お邪魔しまーす」
     私は友子ちゃんを自分の部屋に入れた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません