*叶わない恋*11コメント

1 ちゆう id:Yb34Cmq/

2012-12-07(金) 19:39:55 [削除依頼]
ぐたぐたなスレですが

がんばって書きます。
  • 2 シルル id:Y.cqmUT1

    2012-12-07(金) 19:43:37 [削除依頼]
    がんばれぇ〜
  • 3 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 19:49:02 [削除依頼]
    主な登場人物

    主人公
    中山 あん ナカヤマアン

    中山 りん ナカヤマリン

    浅野 陸  アサノリク

    高田 裕太 タカダユウタ
  • 4 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 19:50:06 [削除依頼]
    >2 ありがとうございますっっ!!!
  • 5 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 19:54:43 [削除依頼]
    「お姉ちゃん、これ。」

    私はお姉ちゃんに手紙をわたした。

    それは、告白の手紙だった。

    私は、涙をこらえながら自分の部屋にもどった。
  • 6 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 19:56:55 [削除依頼]
    新登場人物

    城田 美波 シロタミナミ
  • 7 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 20:15:01 [削除依頼]
    「はぁ。人生でこんなにつらいことってあるかな。」

    私は昨日私の好きな人の告白を手伝った。

    おまけにその相手は、

    私のお姉ちゃんなのだ。

    「神様って不公平だよね〜」

    「そう?」

    そりゃもてる女はいいよなぁ。

    私の友達みぃちゃんこと城田美波は、

    すごくもてる。

    「あんただって、誰か一人ぐらいあんたのこと好きな人いるだろ」 

    「そぅかなぁ」

    ははっ。今はもてるとかじゃないんだよみなみさん。

    りっくんは、ずっと私のあこがれだった。

    りっくんは、私より2歳年上の先輩だった。

    お姉ちゃんが高校3年生のとき、つまり私が高校1年生のとき

    りっくんは、高校3年生だった。
  • 8 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 20:28:11 [削除依頼]
    入学してすぐのころ、

    私ははじめてりっくんに会った。

    みぃちゃんにお姉ちゃんを紹介していたときだった。

    「中山さん」と声がした。

    それがりっくんだった。

    私はひとめぼれをした。

    こんなかっこよくて、

    優しそうな人みたことない。

    それから、お姉ちゃんに紹介してもらって仲良くなった。

    お姉ちゃんには、ひとめぼれしたことは言わなかった。

    最初は「好きな食べ物ってなんですか?」とかしかしゃべれなかった。

    けど、笑った彼の顔を見たときこの人を笑わせたいと思い

    りっくんに笑ってもらいたくていっぱい話せるようになった。 

    ぜったいに、私を好きになってほしかった・・・
  • 9 ちゆう id:Yb34Cmq/

    2012-12-07(金) 20:40:20 [削除依頼]
    なのに。

    卒業式の次の日。

    りっくんが家にきた。

    「あっ!あんちゃん。あのさ、お姉ちゃんいる?」

    「いないけど。どーかしたの?」

    「あっじゃあさ、これお姉ちゃんにわたしてくれないかな?」

    それは手紙だった。

    「これって・・・」

    「はずかしいんだけど、告白の手紙なんだ。」

    りっくんお姉ちゃんのことが好きだったんだ・・・
  • 10 ちゆう id:Mvf3sqO/

    2012-12-08(土) 17:09:47 [削除依頼]
    その日の夜というか昨日の夜私は

    ずっと泣いていた。

    うすうすわかっていた。

    しゃべるときは必ずお姉ちゃんの話をするし

    私のことなんか友達としか思っていないだろう。

    そんなことわかっていたのに・・・

    やっぱりつらい
  • 11 ちゆう id:Mvf3sqO/

    2012-12-08(土) 17:28:08 [削除依頼]
    そして今日。

    「みぃちやん。運命の人ってさ、そう簡単に見つかんないよね。」

    「はぁ。あん」

    「なに?」

    「もうそんな男わすれてさ新しい男見つけなよ。」

    「そうだねえ。」

    ピピピ美波の携帯がなった。

    「えぇ合コン1人たりなくなったのぉ?」

    「わかった。1人さそっとくわ。」

    「・・・あん、いく?」

    「いくいく!!」

    「じゃあ明日10時に駅前ねぇ」

    「OK!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません