もう…失いたくないの…っ!142コメント

1 moko&桃子 id:un2hnvw/

2012-12-02(日) 17:08:07 [削除依頼]
勝期…今は、何処にいますか?
私は、今でも勝期が大好きなの。
勝期はもういないけど
前に…進めてるかな?
また、逢いたいよ…
  • 123 桃ノ下・元moko&桃子 id:sPAUcSJ.

    2012-12-13(木) 22:29:56 [削除依頼]
    更新

    「え、と…」
    「俺は魅奈の彼氏だけど?」

    芦期君!?
    「魅奈、そうなの?」
    「う、うん…」
    「ふぅん…」
    ズキ…ッ
    勝期の冷たい言葉に、なぜか胸が痛む。
    「魅奈、で、こっちの人は誰」
    感情のこもってない声で聞くのは、芦期君。
    「碧月勝期…私の…元、彼…」
    「ふぅん…?生きてたんだ?」
    「うん、いろいろあったみたい。」
    怖い…
    二人はさっきから笑おうとしない。
    だから無表情。
    怖い…
  • 124 桃ノ下・元moko&桃子 id:fVQc1ZD1

    2012-12-15(土) 16:29:05 [削除依頼]
    なんだかひさびさですw

    今日は更新します〜
  • 125 moko/次元移動 id:QiDB2Je0

    2013-05-06(月) 11:10:11 [削除依頼]
    ……とか言って放置してしまったこれ……
    まぁ、そのうち頑張ります!
  • 126 moko/次元移動 id:y53C4Jp.

    2013-05-06(月) 11:47:57 [削除依頼]
    更新


    「……魅奈」
    「ふ、ふぃ!」
    きゃあぁぁあっ!
    変な声出たァ……
    「魅奈はさ、碧目勝期が好きなの?」
    「ッ!」
    ……わからない。
    正直、自分の気持ちがわからない。
    私は、確かに芦期君が好きだった。
    ……でも。
    「……私は……」
    ……でも。
    「二人共、好きじゃない……!」
    ……もう、誰も失いたくはないから。
    だから……
    「じゃぁね。写真、撮るから」

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    自分から、手放すの。
  • 127 moko/次元移動 id:H7fY/tO1

    2013-05-06(月) 11:54:47 [削除依頼]
    更新


    そう言って私は走り出した。
    後ろを振り返ったりはしないで、ひたすらずっと。
    詩乃李を置いてまで、あの場を離れたかった。
    ……だって。
    泣いたら、嘘がバレちゃうもん。
    ……私は。
    どっちが好きなのか、よく分からなくなったんだ……。
    だから、少し考えたくて。
    「う、ぅ……っぅ……」
    次々に零れる涙を、拭うこともせずに、抑えようともせずに。
    前が涙で見えなくても。
    私は……ずっと、ずっと走った。
  • 128 moko/次元移動 id:H7fY/tO1

    2013-05-06(月) 11:59:39 [削除依頼]
    更新


    ……人間の心理って不思議だな。
    漫画で、気づけば思い出の場所に……ってよくあるけど。
    それを見ているからなのか、そこに行きたいからなのか、
    そーゆーのをしてみたいからなのか、見つけて欲しいからなのか……
    よくわからないけど、そこに向かうよね。
    私も、そう。
    でも、私の場合、感情とかは分からない。
    本当に、“気づけば”そこにいた。
    あの、勝期が教えてくれた場所に。
  • 129 moko/次元移動 id:H7fY/tO1

    2013-05-06(月) 12:02:39 [削除依頼]
    訂正!

    勝期→芦期君
    です!
  • 130 moko/次元移動 id:CpSYH7S0

    2013-05-06(月) 13:00:29 [削除依頼]
    更新


    「……綺麗……」
    グラデーションの空に、沈む夕日。
    それはとても綺麗で。
    私なんか消えてしまいそう。
    「……ッ」
    ボロボロと零れる涙を拭いながら、私はそこに体育座りをする。
    そして、溢れる涙を隠すようにふせた。
    「ぅ……ふぇ……ぅぁぁあっ!!!」
    そんな状態で声なんて殺せるわけなくて。
    静かなその場所に、私の泣き声が少しだけ響いた。
  • 131 moko/次元移動 id:mZeeopV0

    2013-05-06(月) 13:13:27 [削除依頼]
    更新


    5分は泣いたかな……?
    気づけば夕日はさっきより沈んでいて。
    あたりはいっそう暗くなっていた。
    帰ろうかな……
    なんて思ったけど、私はそのまま草の上に寝転んだ。
    「……私は、どうすればいいのかなぁ……?」
    ふと、口をついた言葉。

    ピロリロリロリン♪

    ポケットに入れた、ケータイのメール受信音が鳴った。
    私は、なんとなくケータイを開き、新着メールを見る。
    「誰だろ……」
    送信:滝ノ眼芦期
    題名:無題
    本文:今何処にいる?
    ……芦期君か。
    送信:水無月魅奈
    題名:無題
    本文:どこでもいいじゃん。
    送信っと。
    空を見上げると、無数の星が輝いていた。
  • 132 moko/次元移動 id:XhH3EqB.

    2013-05-06(月) 13:33:28 [削除依頼]
    ……あー……
    なんか、ヒロイン可哀想になってきたわwww←
  • 133 moko/次元移動 id:XhH3EqB.

    2013-05-06(月) 13:38:52 [削除依頼]
    更新


    「……あ、満月」
    そういや、芦期君、今日満月って言ってたな……
    私は、近くに転がった一眼レフを持ち、レンズを空にむけた。

    カシャ

    小さく、むなしく、儚く。
    シャッター音が響いた。
  • 134 moko/次元移動 id:f/GBLGA0

    2013-05-22(水) 20:09:39 [削除依頼]
    久々の更新!


    「ぅ……芦期、く……グスッ」
    私は、なんかもうよくわからなくなって……また、涙があふれた。
    「呼んだ?」
    「……えっ?」
    凛として、透き通った声が、私を包んで。
    それと同時に、懐かしい温かさが私を包んだ。
    「本当、馬鹿じゃないの? 俺から離れるなんてさ?」
    「芦期……く……?」
    あぁ……芦期君だ。 
    この毒舌は芦期君しかいないもん。
    じゃあ、あの温かさは……芦期君?
    芦期君は、私を後ろから抱きしめていた。
  • 135 衣嗚(」・w・)」 id:9xpskGV/

    2013-05-22(水) 20:18:29 [削除依頼]



    moko久しぶり!!
    シルルだよ★

    名前変えたんだ^^←私。

    やっぱ、mokoは小説の神ですね☆
  • 136 moko/次元移動 id:f/GBLGA0

    2013-05-22(水) 20:20:58 [削除依頼]
    シルルだ!

    ん?神?
    加味の間違いだよ^^
  • 137 衣嗚(」・w・)」 id:9xpskGV/

    2013-05-22(水) 20:23:29 [削除依頼]


    違うよww


    moko
    本当、久しぶりだね。

    私がキャスに来てなかったんだけどねw
  • 138 moko/次元移動 id:f/GBLGA0

    2013-05-22(水) 20:26:30 [削除依頼]
    更新


    ……私。
    勝期じゃなくて、芦期君を呼んだ。
    それじゃぁ……やっぱり、好きなのは芦期君なのかな?
    「……芦期君」
    「何?」

    ……ドクン

    言わなきゃ……

    ……ドクン

    言わなきゃっ!

    「あのね、私……芦期君が、……芦期君が大好きッ!!!」
  • 139 moko/次元移動 id:f/GBLGA0

    2013-05-22(水) 20:28:48 [削除依頼]
    >>137 ん、本当に久々wwww 私も最近あそこ行けてない…… 勉強、がねwww いや、紙クズだよ、私のwwww
  • 140 moko/次元移動 id:u.ybcam1

    2013-06-02(日) 23:03:16 [削除依頼]
    更新


    言った……!
    「……//」
    私は、下を見る。
    「……ふふ……知ってる」
    なんて、上から聞こえてくるものだから、私は思わず顔をあげた。
    すると、芦期君の唇と私の唇が小さく触れた。
    「んなっ……!!??///////」
    「俺から離れたお仕置きだよ^^」
    なんて、いつもみたいに、芦期君は意地悪く笑った。
    「……意地悪」
    「知らなかった?」
    ううん、知ってた。
    ……なんて、言ったらどうなるんだろうね?
    「むぅ……」
    「……ふふっ……」
    芦期君は静かに笑った。
    「俺も、魅奈が好きだよ」
    芦期君は月明かりに照らされながら、静かにそう言った。
    「……へへっ、私もだよ!!」
    きっと……これからもずっと。
    私は、芦期君が大好きです……
  • 141 moko/次元移動 id:j3gN1HU.

    2013-07-24(水) 20:48:01 [削除依頼]
    エピローグ


    芦期君、芦期君。
    私ね、あらためて貴方が大切って分かったよ。
    失いたくないよ。
    勝期。
    貴方は、出てくるのが遅いんだよ……。
    でもね、大好き。

    二人は、私の大切な人だよ。
    詩乃李も、ね!

    「……ねぇ、芦期君。私の前から……いなくならないよね?」

    この、私からの問いに、きっと、芦期君はすぐに答えてくれるんだ。

    「……当たり前だよ。俺が居なくなったら、いつ魅奈が泣くか分からないからね」

    相変わらず意地悪なんだから。
    ……でもね、やっぱり大好きだよ。

    私は、芦期君の左手を握る。
    すると、芦期君が私の右手を握り返してくれた。

    二人で眺めた星空は、すごく、すごく……
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     綺麗だった。


    カシャ


    たったひとつ、響いたシャッター音は、

    二人の唇が重なったのを告げていた。
  • 142 moko/次元移動 id:j3gN1HU.

    2013-07-24(水) 20:51:19 [削除依頼]
    ーあとがきー


    放置少女☆モコですよ!!
    いやぁぁぁぁーー……完成作品ひとつ目です!

    気分によっては、しのりのやつも書くかも?!!!!
    リクとか無いもの求めてあったらですが。


    長らくおつきあいいただいた皆さん、ありがとうです!

    放置少女の作品はまだまだありますので、放置少女に訊いてくれたら答えます!

    では!
    またあう日まで……!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません