素直じゃない13コメント

1 しずく id:SlgMN4V0

2012-11-30(金) 11:36:22 [削除依頼]
登場人物ノート♪
名前:村井 しずく
年齢:16歳
性別:♀
性格:とにかく、口が悪い。意地っ張り。
ルックス:高1のわりに童顔。背は150センチ。
  • 2 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 11:37:59 [削除依頼]
    つたない文章ですが、精いっぱい頑張ります^^
    アドバイスやコメントお待ちしております(*^。^*)
  • 3 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 11:46:11 [削除依頼]
    季節は、桜の舞い散る春。
    僕は、高校生になった。

    「1−B・・・か」
    僕は掲示板に張られた画用紙のクラス表を見上げた。
     どうやら、1−Bが僕のクラスらしい。
    知っている名前が一つもないところを見ると、ここにきて正解だったということだ。
     胸の内でほっと溜息をついている自分に気づいて、ふっと苦笑した。
  • 4 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 11:50:30 [削除依頼]
     教室をひょいっと覗き込むと、教室には数人の生徒がいた。
    どうやら中学校からの持ち上がりらしく、グループでかたまっていた。
     僕に気付くと、こそこそと話し合っているのが見えた。
    (どこにきても同じか・・・)
     肩から鞄をおろして席に着くと、腕に顔をうずめてきゅっと目をつぶった。
  • 5 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 12:29:10 [削除依頼]
    更新開始・・・♪
  • 6 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 12:44:30 [削除依頼]
    「むーらーいさんっ♪」
    上から明るい声が降ってきて、体をびくりとさせた。
    思わず、頭の中で記憶をたどる。
     恐る恐る顔を上げると、見知らぬ女の子が笑いかけていた。
    「・・・え?」
    初めてだよな・・・?
     と、不安な面持ちで見つめていると、
    「あ、ごめーん!なれなれしかった?!」
    と、笑顔で手を合わせた。
    「僕に・・・何の用?」
    「他校の子でしょ?」
    「ああ・・・うん」
    僕は胸に不安の渦がとりまいているのに気付いた。
     初日から、「ハズサレル」・・・?
    けれど、その子の口からは信じられない言葉が飛び出した。
    「友達になろー!・・・って、いきなりでごめんっ」
    「え・・・?」
    僕はしばらくぽかーんとして、照れ笑いの目の前の女子を見ていた。
  • 7 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 12:51:56 [削除依頼]
    「あたし、木野 凛!」
    笑顔で自己紹介を始める木野さんに、僕は早くも好感を抱いていた。
    「僕は・・・」
    「村井 しずく!かわいい名前だからすぐ覚えちゃった♪」
    かわいい。
     そういわれた瞬間、ぼっと顔から火が出るのを感じた。
    「かわいい・・・なんて・・・初めて言われた」
    「えー?!うそ!」
    木野さんは大げさなほど驚いた。
     いちいち身振りが大きいな、と笑ってしまった。
  • 8 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 13:36:59 [削除依頼]
    「木野さんは、どうして僕なんかに話しかけてきたの?」
    僕がふとつぶやくと、
    「えっ?」
    木野さんが首をかしげた。
    「僕といても、たぶんおもしろくないし・・・今は普通だけど慣れてきたら口も悪い。
    友だちなんて、一人もいない。なのに・・・」
    「理由なんてあるの?」
    木野さんが真剣な顔でこっちを見たので、不覚にもドキリとさせられた。
    「え・・・」
    「友達になりたい、それだけ。理由なんてないよ」
    木野さんの優しい声に、胸がぎゅっと苦しくなった。
  • 9 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 13:44:11 [削除依頼]
    気づくと、目のふちに、じんわりと涙がこみあげていた。
    「あっ!しずくちゃんっ?!」
    木野さんはあわてて、ポケットからハンカチを取り出した。
    「こ、これ!」
    「う・・・ありがとう・・・」
    僕はピンクのハンカチを目に当てると、ちらりと木野さんを見た。
     心配そうにこちらを見ている。
     僕は、思わずくすっと笑った。
    「ありがとう」
  • 10 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 14:03:30 [削除依頼]
    「しずくちゃんは、好きな人とかいるの?」
    「え?」
    突然問いかけれて、間抜けな声が出る。
    「好きな人・・・いる」
    「えっ?!前の学校の子だよね!?」
    「ううん、このクラス」
    僕が平然と答えると、木野さんは興奮した顔でまくしたてた。
    「ええーっ!?じゃあ一目ぼれ!?」
    「いや、そーいうのじゃない」
    僕は、首を振った。
     どうもこういうのは苦手だ。
    「誰!?」
    木野さんがきらきらとした目で僕を見る。
    「・・・木野さん」
    「何?」
    「いや、何じゃなくて」
    「ん?」
    「好きなのは・・・木野さん・・・だってこと」
  • 11 ひらり id:d3Xa/7L0

    2012-11-30(金) 14:15:17 [削除依頼]
    いやっほーいっ♪

    きましたぜぇー^^しずくぅー^^
  • 12 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 14:16:52 [削除依頼]
    ひらりんだあーっ★
  • 13 しずく id:SlgMN4V0

    2012-11-30(金) 14:19:11 [削除依頼]
    「ええええええ!」
    木野さんが大きくのけぞった。
     それを見て、僕はあわてて言い訳をする。
    「あ、女の子がすきとか、そういうんじゃないからな!」
    「・・・だよね・・・びっくりしたあ・・・」
    木野さんはため息をついた。
    僕も、ため息を一つ。
     そして二人で顔を見合わせて笑い始めた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません