ほんとは覚えてる[多分GL]16コメント

1 十論骨 id:PLm1Nus/

2012-11-26(月) 20:48:11 [削除依頼]
「石井純!私のカレシになりなさい!!」
それを言ったのは眉目秀麗、文武両道、超絶完璧な美少女、諏訪ノ原 環綺である。
ここは諏訪ノ原学園、彼女の父が理事長を務める学園である。
  • 2 十論骨 id:PLm1Nus/

    2012-11-26(月) 21:41:23 [削除依頼]
    ☆登場人物☆
    石井 純(いしい じゅん)
    高二。
    男装女子。昔のある事件をきっかけに女の格好をすることにトラウマあり。
    天然イケメン。
    短い茶髪。

    諏訪ノ原 環綺(すわのはら たまき)
    高二。
    文武両道の美少女。
    理事長の娘で少し高飛車。
    金に近い茶髪。ロング。少しだけ耳の上でしばっている。毛先がくせっ毛。

    貴神 大和(たかがみ やまと)
    高二。
    純の幼なじみであり、親友。
    純のトラウマの原因を知る一人。
    落ち着いた黒髪。耳にかけている。  
  • 3 十論骨 id:Xtzc4Eu.

    2012-11-29(木) 19:58:17 [削除依頼]
    1.純サイド
    「キャァァァッ環綺様が純様に告白いたしましたわ!」
    ここはそんな諏訪ノ原学園の食堂である。
    「なぁ、答えどーすんの?OKしなかったら退学とか有り得るんじゃね?」
    一緒にご飯を食べていた友達が言う。
    「つーか、環綺様って純が女ってこと知らねーのかな?」
    もう一人が言う。
    「石井純?」
    環綺様は・・・眉間に皺寄せて仁王立ちですか。
           
  • 4 十論骨 id:Xtzc4Eu.

    2012-11-29(木) 22:26:56 [削除依頼]
    「どうしたらいい?大和?」
    「いいんじゃない?女の子と付き合ってみるのも。今しかできないよ。」
    そうか、大和が言うんだったらそうしよう。
    「石井純!いい加減にして下さらない!?」 
    「ごめんね。待たせてしまって。こちらこそよろしくお願いします。」
    「環綺様と純様がカップルにぃっ!」
    この学園は女子が8割を占めていてそれも腐女子、と呼ばれる女子が多い。
    「まぁ、それ以外の答えは有り得ませんわよねっ!」

    キーンコーンカーンコーン♪
    昼休み終了のチャイムが鳴る。
    「では、また後で。マイダーリン☆」
  • 5 meruto id:8eEc1OR/

    2012-11-29(木) 23:02:51 [削除依頼]
    更新ガンバ
  • 6 十論骨 id:OaINTif/

    2012-11-30(金) 18:02:57 [削除依頼]
    merutoさん
    ありがとうございます☆
    がんばっcaiMax♪
  • 7 十論骨 id:OaINTif/

    2012-11-30(金) 18:14:06 [削除依頼]
    今日の学校生活が終わり、寮に戻る者、部活に行く者みんなそれぞれに動いている。
    「大和、帰ろうぜー」
    「いいのかぁ〜、愛しの環綺様はぁ?」
    大和がにやついて聞いてくる。
    なんて言っていたらいきなり後ろのドアが開いた。
    「石井純!私と一緒に来なさいっ!!」 
    「噂をすれば、だな。先に寮、戻ってるから。・・・頑張れよ?」
    と言って俺の肩をポン、とたたいて大和は教室を出ていった。
    「何をボサっとしていますの!?ほら、早くしなさい?!」
    環綺様は俺の手をとると足早に歩いていった。
  • 8 十論骨 id:OaINTif/

    2012-11-30(金) 20:15:55 [削除依頼]
    環綺様に連れてこられた場所、それは屋上だった。
    環綺様はずっと空を見つめていた。手をつないだまま。
    「環綺様?」
    「ごめんなさい。あと、環綺様ってやめて下さる?」
    「じゃあ、石井純ってフルネーム、やめて下さいよ。」
    「敬語もなし、ですわ。」
    「わかったよ。じゃあ環綺、でいいかな?」
    「!・・・純でいいですの?」
    照れてる。環綺も可愛いところあるんだな。
    「じゃあ、コレもやめますわ。」
    「コレ?」
    「お嬢様言葉のこと!コレ、意外に疲れるのよ?」
    ・・・・・・・・・。!そーいや忘れてたっ!あまりにも環綺が可愛すぎるんだよ!
    さすがに俺が女だってこと言っとかないとマズイよな。 
  • 9 十論骨 id:Mw7t0hp0

    2012-12-01(土) 17:07:14 [削除依頼]
    「環綺・・・あのさ・・・」
    「あっ、純!頼み事があるんだけどっ!いいかな?」
    「・・・うん。」
    まぁ、後でもいいか。
    「あのね、今度私の幼なじみ、的な奴が誕生日パーティーを開くんだけど、一緒に来てくれないかな?」
    「俺が?何で?」
    「いやーその奴がね、毎っ年色々自慢してくるのよ。だから、純を自慢したいなって。ダメ・・・かな?」
    くっ・・・可愛いな!この野郎っ!
    「うん。いいよ。」
    「ホント!?ありがとう!それでね、」
    「ちょっといいかな?環綺?空の色を見てみようか。」
    「えっ?・・・あ・・・真っ暗だね・・・。」
    微笑む彼女を見て俺は少し頭痛がした気がした。
    「じゃあ、メールするね。」
    「・・・俺のアドレス知ってるの?」
    「・・・・・もう!冗談に決まってるじゃない!」
    なんか、イメージと違うなぁ。ドジッ娘の環綺姫、か。
  • 10 十論骨 id:A7ycSC21

    2012-12-03(月) 20:45:44 [削除依頼]
    そんなこんなで俺達は寮まで戻ってきた。
    俺の部屋で男子と女子が別れるような形になっている。
    ちなみに、俺の部屋の隣は大和になっている。
    「またね。純。・・・ではまたメールいたしますわ。ごきげんよう。」
    「うん、じゃあね。」

    部屋から見える外の景色は漆黒だった。
    ふぅ、なんか今日は目まぐるしかったなぁ。
    あの環綺様が俺の彼女、か。
  • 11 十論骨 id:A7ycSC21

    2012-12-03(月) 20:57:26 [削除依頼]
    1 大和サイド
    ドアの閉まる音が聞こえる。
    帰ってきたのか、純。
    遅いって言っても、もう純も子供じゃ無い・・・よな。
    純のかわいさをみんなに知らせたいって気持ちと
    誰にも教えたくないって気持ちがぐちゃぐちゃしててどうにかなりそうだ。
    ホントに。

    あぁ、どうして気づいたんだろう・・・。
    でもこの気持ちは絶対誰にも負けない。
    愛してるよ、純ちゃん。
  • 12 十論骨 id:V5ahjrP.

    2012-12-04(火) 18:41:03 [削除依頼]
    1 環綺サイド
    ・・・はぁ・・・告白しちゃった・・・。
    でもやっぱりかっこいいなぁ。
    ホント、会えて良かった。純ちゃん。
  • 13 十論骨 id:V5ahjrP.

    2012-12-04(火) 18:49:06 [削除依頼]
    1 純サイド
    シャワーを浴びてケータイを確認すると環綺から着信があった。
    メールの内容はこうだった。

    パーティーの時間のお知らせ☆
    12月20日 10時から
    服装は制服で。
    9時に寮前に集合だよ。
    何か質問あったらメールしてね!

    制服・・・?まぁいいか。
    メールを確認したら俺は寝てしまった。
  • 14 十論骨 id:xQK8TzM/

    2012-12-06(木) 18:24:36 [削除依頼]
    2 環綺サイド
    12月20日。
    パーティ当日。
    一応デ、デートだよね?
    ヤバい!緊張してきたぁぁぁ
    寮前にでるともう純がいた。
    「おはよう。純。早かったのですわね!」
    「あっおはよう。環綺。」
    「車は手配してありますわ。」
    あぁ…純と二人のときもキャラづくりしないといけないのか。
    車が来て私達は会場に向かった。
  • 15 十論骨 id:qnCYbV80

    2012-12-08(土) 17:12:01 [削除依頼]
    「レディースアーンドジェーントルメェーーーンッ
    今日は皆様お忙しい中お集まり頂誠に有り難うございます!
    一日アタシの誕生日パーティー楽しんでってくださいねっ!!」
    相変わらず派手な登場だな。
    純だって唖然としてるし。
    「ねぇ、環綺。あの人がキミの幼なじみ?」
    「うん。そうだよ。変な奴でしょ?」
    「変っていうか面白い人だね。」

    この時私達を見てアイツが笑ったのを気づかなかったせいで
    後々めんどくなるわけだが。
  • 16 十論骨 id:qnCYbV80

    2012-12-08(土) 17:48:11 [削除依頼]
    「やぁやぁやぁ!環綺ぃー久しぶりやねー」
    マジくんなし、めんどくさいから。
    「はいはいお久しぶりです。」
    「ひどいなー環綺!てゆーか、こっちは彼氏かい?」
    「ええそうよ。かっこいいでしょー?」
    「キャラつくってないってことは知ってるんだ。」
    じろじろ見んな。人の彼氏を。
    「うん。気に入ったっ!!ちょいアタシの部屋にきな!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません