君がいた日.53コメント

1 のんのん id:ylp3PGf.

2012-11-24(土) 11:53:15 [削除依頼]
Prologue


君がいた日は、
すごく幸せだった。


だけど、

君がいた頃には、


もう、戻れない―――……
  • 34 杏咲 鈴音 id:VOUWcBG.

    2012-11-29(木) 14:46:39 [削除依頼]
    鈴とか鈴ちゃんでいいよ♪

    良かったら『学園プリンス!!』来てね♪
  • 35 のんのん id:1Y1xBeM/

    2012-11-30(金) 22:43:42 [削除依頼]
    >鈴

    じゃぁ鈴で♪

    馴れ馴れしくてゴメンね。。


    絶対"学園プリンス!!"
    行くから!!
  • 36 のんのん id:1Y1xBeM/

    2012-11-30(金) 23:00:45 [削除依頼]

    無言で
    お互い立ち尽くす。


    「どうして
     ここに……??」


    長い沈黙に
    耐えられなくなった私は、
    黒木君に尋ねた。


    「……別に」


    黒木君は、
    素っ気無く答えた。


    また、沈黙。


    黒木君て、
    すごく無口だ。


    「……あいつと
     付き合ってたんだ」


    不意に聞こえた、
    そんな言葉。


    「あいつって??」


    そう言いながら
    顔を上げる。


    黒木君の真意を探りたくて、
    まっすぐに目を見つめる。


    彼氏なんていない。

    それに、
    彼氏に見える人いない。


    なぜか
    黒木君が目を逸らす。


    「……杉浦だよ」


    バツが悪そうに、
    黒木君が小さく答えた。
  • 37 杏咲 鈴音 id:ez-NBHIwMa1

    2012-11-30(金) 23:01:56 [削除依頼]
    良かったらコメ頼んでいい??
  • 38 のんのん id:1Y1xBeM/

    2012-11-30(金) 23:07:02 [削除依頼]
    ぃーよ★


    じゃぁ今から行くね♪
  • 39 のんのん id:1Y1xBeM/

    2012-11-30(金) 23:14:08 [削除依頼]
    >38は 鈴へのコメ返だよ★
  • 40 のんのん id:1Y1xBeM/

    2012-11-30(金) 23:30:32 [削除依頼]

    予想していなかっただけに、
    言葉に詰まった。


    「え、陵?!」


    だから言葉を理解した時、
    すごく驚いた。


    「そうなんだろ??」


    黒木君は、
    当たり前の様に言う。

    陵とは、
    そんな関係じゃないのに。


    「違うよ。
     陵は幼馴染」


    ふふっ、と
    小さく笑って言う。


    黒木君が一瞬、
    目を大きく見開いた。


    「ふーん」


    聞いた割には
    興味無さそうな返事。

    なんだか少し、
    ムッとした。


    「まぁ黒木君には、
     関係無い話だったね」


    気を遣って、
    そう言ったのに。


    「関係ねぇとか
     言ってんじゃねぇよ」


    突然黒木君が、
    不機嫌な声を出した。
  • 41 のんのん id:Rede4D.0

    2012-12-01(土) 00:30:16 [削除依頼]


    黒木君が不機嫌になった
    理由がわからなくて、
    呆然としていた。


    「え……。
     黒木、君??」


    とりあえず
    名前を呼んでみると、


    「瞬でいい」


    ぶっきら棒な
    瞬君の声が聞こえた。


    突然の事に、
    頭がついて行かない。


    「瞬君、
     あの……」


    話そうとした瞬間、
    鳴り響いたチャイムに遮られた。


    「じゃぁな」


    チャイムを合図に、
    瞬君はどこかに去って行った。


    私はしばらく、
    その場から動けなかった。


    そして、ただ、
    瞬君の後姿を見つめていた。
  • 42 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 21:27:13 [削除依頼]

    今になって、
    授業をサボった事に気づく。


    どうしよう。

    ただでさえ
    出席日数足りないのに、
    サボっちゃった……。


    ゾクッと
    悪寒が走る。

    それと同時に、
    冷たい風が強く吹いた。


    そして、
    陵の事を思い出した。


    「陵と、
     話さなきゃ……」


    静かにそう決意して、
    屋上を去った。
  • 43 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 21:39:37 [削除依頼]
    *美和side*


    さっきから、
    陵の様子がおかしい。

    なぜか梨花も
    授業サボってるし……。


    これは絶対、
    何かあったな。


    そう思ったあたしは、
    陵を裏庭に呼び出した。


    なんか……
    告白するみたい。


    そんな事を考えながらも、
    陵の方を振り向いた。


    「……梨花と、
     何かあったの??」


    あたしは気づかずに、
    自分から爆弾を落としていた。
  • 44 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 21:48:28 [削除依頼]

    案の定
    驚いている陵。

    言ってないのに、
    バレてるんだから無理もない。

    そして、


    「……美和には、
     何でもお見通しなんだな」


    陵は、
    自嘲的に笑った。


    その表情が、
    あまりにも切なくて。

    見てるあたしが、
    泣きそうになった。


    「なぁ美和。
     俺、さ……」


    わかってるから、
    言わないで。


    どうせ、
    陵は―――……


    「梨花が、
     好きだ……」


    ―――そんなの、
    最初からわかってたよ。
  • 45 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 21:59:33 [削除依頼]

    でもあたしも、
    バカじゃないから。

    そこまで、
    陵に言わない。


    だけど、
    それでも。


    あたしの気持ちは、
    言っておきたい。


    たとえそれで、
    陵と気まずくなっても。

    今、
    君に伝えるよ。


    「陵、
     あのね……」


    誰にも言えなかった、
    あたしの気持ちを。


    「あたしは、
     陵が好きだよ??」
  • 46 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 22:16:10 [削除依頼]
    *陵side*


    ―――いつからだろう。

    いつから美和は、
    そんな風に見ていたんだろう。


    幼馴染で、
    いつも一緒で。

    誰よりも近くて、
    大切な存在だった。


    だからお互いの事は、
    何でもわかってるはずだった。

    なのに俺は、
    何もわかってなくて。


    美和の事も、
    梨花の事も。

    何1つ、
    わかっていなかった。


    梨花が好き。

    だけど、
    美和も大切で。


    "あの人"の事すら、
    まだ絶ち切れてない。
  • 47 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 22:32:08 [削除依頼]

    中途半端だって、
    わかってる。


    それでも、
    この関係を崩したくなくて。

    ただ、怯えてる。

    崩れる事を、
    俺は恐れている。


    美和は、強い。

    崩れる事を、
    承知の上で言った。


    だから、
    俺は―――……


    1歩を、踏み出す。
  • 48 のんのん id:sbnOsH5.

    2012-12-03(月) 22:55:38 [削除依頼]
    3.変わる関係

    *梨花side*


    教室に戻った時、
    美和も陵もいなかった。

    2人ともどこに
    行ったんだろう??


    そんな疑問を抱きながらも、
    自分の席に座った。


    陵に、
    なんて言おう。

    なんて言えばいいのか、
    正直よくわからない。


    だけど、
    このままじゃダメだから。


    1回この関係を、
    壊さなきゃいけないんだ。


    決意した瞬間、
    勢い良くドアが開いた。


    「瞬君……」


    ダルそうに歩いて、
    ドカッと席に着く瞬君。


    引き寄せられる様に、
    私は瞬君の方に歩いていた。
  • 49 のんのん id:kaen2j20

    2012-12-04(火) 15:57:51 [削除依頼]

    私が瞬君の前に立った瞬間、
    ザワッ、と教室内が騒々しくなる。


    「何」


    特に気にする様子も無く、
    瞬君が私に尋ねる。


    「あ……、
     聞きたい事があって」


    少し震える声と体を、
    気づかれない様に隠す。

    瞬君は一瞬
    どこかを向いた後、


    「んで俺なんだよ。
     ……意味わかんねぇ」


    冷たく、
    そう言い放った。


    「え……??」


    さっきまでの態度とは
    打って変わってて。

    思わずその場に
    佇んでしまっていた。


    「「……梨花??」」


    後ろから
    美和と陵の声が聞こえた。

    振り返ると、
    心配そうな美和と
    怒っている陵がいて。


    「み「……ざけんな」


    2人の名前を呼ぼうとした瞬間、
    今まで聞いた事ない位低く、
    物凄い形相の陵の声に遮られた。
  • 50 のんのん id:kaen2j20

    2012-12-04(火) 16:20:54 [削除依頼]

    驚いて、
    陵を見上げる。

    美和も驚いたらしく、
    陵を見上げていて。


    教室内の空気が、
    凍りついた気がした。


    「お前に、
     梨花の何がわかる」


    威嚇する様に、
    陵は睨みつけながら言う。


    「何も知らねぇよ。
     けど、それはお互い様だろ」


    嘲笑う様に、
    瞬君は言い放つ。


    ―――やめて。

    こんなの、
    辛い思いするだけ。


    そんな事は、
    誰にもしてほしくない。


    「……そうだな。
     俺らは何も知らない」


    陵は、
    口元だけで笑った。


    「けど、
     気持ちは考えたい」


    ゆっくり、
    瞬君を見据えて言う陵。


    「"他人の気持ち"
     なんて、知らねぇよ」


    瞬君は、
    俯いて小さく呟いた。

    その声が
    すごく切なくて。


    瞬君も過去に何かを
    抱えているんだと思った。


    瞬君を見た瞬間、
    瞬君の右頬に。


    ―――陵の拳が当たった。
  • 51 結花 id:gGyxNbp.

    2012-12-04(火) 16:43:27 [削除依頼]


    めっちゃぉもろぃ!!!

    続きが楽しみでしゅ!
  • 52 のんのん id:kaen2j20

    2012-12-04(火) 16:45:44 [削除依頼]
    >結花さん

    コメありがとうございます★

    頑張ります!!


    もしかして、
    新作の方にも来てくれましたか??
  • 53 のんのん id:Mjc375l0

    2012-12-05(水) 23:31:27 [削除依頼]

    ……え??


    状況を理解するよりも早く、
    瞬君が床に倒れた。


    「ってぇな」


    お互いを威嚇する様に、
    鋭い目つきで睨み合う2人。


    「黒木、お前は、
     どれだけ自己中なんだよ」


    怒りの所為か、
    陵の声が震えてる。

    陵がそこまで
    怒る理由もわからないけど。


    それでも、
    止めなきゃ。


    「―――もうやめてっ」


    叫んだ。

    必死に、
    叫んだつもりだった。


    それなのに、
    声は小さくて。


    代わりに、
    私の体が倒れてた。


    「はぁっ、
     はっ……」


    呼吸が荒くなり、
    息がうまく出来ない。


    「梨花、梨花っ!!」


    遠くで、
    美和達の声が聞こえた。


    ―――ねぇ。

    少しでも、
    君の痛みがわかっていたら。


    君を、
    救えたのかな。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません