ディープ・ウォータ Deep Water10コメント

1 二番機 id:J4TDTbP/

2012-11-21(水) 20:36:08 [削除依頼]
 海と空との間には、何もない
 それなら
 生と死との間には、何があるだろう

 ただ、それだけの事なのに
  • 2 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:37:08 [削除依頼]
     真夜中に目が覚めた。恐ろしい夢を見たからだ。
     自分の呼吸。鼓動。顔の汗。長い周期で揺れる船室。丸い窓枠から白い月の明かり。戻った現実。包む安心。同時に儚さ。虚ろみ。乾いた眼。闇。静寂。
     ベッドから降りて、立ち上がる。顔を洗いに行く。口をゆすぐ。
     鼓動は既に収まっていた。ドアを開けて、外へ出る。
  • 3 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:37:30 [削除依頼]
     デッキを歩く。死んだように静かな海。船も泊まったように動かない。平たい海原。
     手すりから身を乗り出す。深遠なる黒い海面に。広がっていく筋。船が進んでいる証。星は見えなくて、空には薄雲にぼんやり隠れた月だけ。光を断片的に反射する海。
     後ろを振り返る。誰もいない。デッキにも。ここは総舵室からは死角になる。
     条件は揃っている。それは簡単な事だった。今すぐにでも、それは実行できる。
  • 4 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:40:06 [削除依頼]
     ただ、その前に。
     ポケットに煙草とライターがあったので、取り出して、火を灯した。吐き出した煙は子供の夢みたいに空へ昇り、夢みたいに消えた。吸いがらを海に投げ捨てる。吸いがらもまた、音もなく海に取り込まれた。これが最終定理で、抗えぬ運命。そこに到達するまでの時間は重要ではない。原因だって重要ではない。
     本当に?
     でも、生物の本能として、
     怖がっている自分もまた、確かにここにいる。
     何故?
     理性は本能に勝る筈ではないか。
     それなのに。
     いや、だからこそか。
     船に少し近い水面に現れた、波頭。
     ちがう、数秒経っても消えない。何か海に浮かんでいる。微かに見える影。直線的な何か。天使ではない。ぼんやり映った金属。ガラスの中。人影。
     「船を止めろ」
     近くの声伝管を探し、叫んだ。
     「緊急停止、遭難者を発見した。緊急停止」
     海に浮かぶそれは、撃ち落とされた戦闘機だった。
  • 5 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:40:34 [削除依頼]
    ***

     躰はまだリズムを覚えていた。空の上でのダンスを。
     海水は腰の中りまで忍び込んでいた。もう何時間海に浮かんでいるのだろう。いつの間にか夜になる。朝までは、この重い飛行機は浮かんでいないだろう。心地よい疲労と揺れる海波、それらがキーになって、いつしか朦朧とした意識の海に沈んでいた。
     再生されるダンスの欠片。右、左、右、急旋回。敵はどこだ? 再度ループ。上昇。スロットル・ハイ。ラダーを右に。トリガに掛ける右手。風を斬る翼の音。追いつく。さらに旋回。敵の機体に吸い込まれるような幻覚。反転。フラップを下げる。敵に追いつく、もう少し。敵が上昇と減速。幻覚ではなかった。擦られそうな程近くを通り過ぎる。撃てなかった。最大のミス。でも、構わず旋回。後ろを取られた。
     撃たれる。
     右翼に被弾。油圧が下がる。
     操縦が出来ない。みるみる落ちてゆく、煙を上げながら、高度計だけはしっかり仕事をしていた。落ちる、落ちる。最後に見たもの。あれは、海面? 
  • 6 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:41:39 [削除依頼]
     そこで目が覚めたのだ。
     静寂。
     おもむろに手を伸ばしてみても、目の前には海面もなく空もなく、ただ灰色の天井だけ。薄暗い部屋に、置かれたベッドの上だった。少なくとも天国ではない。
     船室だ。以前こんな船に乗った事がある。でも、軍のものではなさそうだ。知らぬ間に救助されたようだ。
     ドアが開き、白い制服の男が入ってきた。
    「気分はどうですか?」
     彼は笑みを浮かべながら言った。
    「いえ、特に問題ありません」
     上半身を起こながら答えた。
    「それはよかった」
    「あの……、この船は民間のものですか?」
    「ええ、欧州に向かう貨物船です。通りがかりに、たまたま発見しました。連絡した所、明日の昼に貴方を迎えにくるそうですよ」
    「色々すみません」
    「いえ、当然の事です」
     彼はまた笑った。
     少し手首を動かしてみる。特に大きな怪我はないようだ。たぶん大丈夫。
     何故か、助かったという安堵の気持ちは沸き上がってこない。少し辺りを見渡す。自分の為に彼らを手間取らせて申し訳ないと、そんな自分の思考を見つけた。何か出来ることはないだろうか。
  • 7 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:42:20 [削除依頼]
    「皿洗いくらいなら、出来ますが」
    「は?」
     彼は口を開けて瞬いたが、やがて息を漏らした。ジョークと認識したようだ。
     静かな夜だ。海も眠り込んでいる。
    「それにしても、よく見つけましたね」
     まだ帰らないようなので、話題を切り出した。男は近くイスを引っ張ってきて座った。
    「実は、私が見つけたんですよ」
     目と目が合った。
    「眠れなくて、デッキで夜風に当たってました。その時に見つけたのです。普段この海域はあまり静かではありません。波があったら発見でしませんでしたよ。あと月も。本当に幸いでしたね」
    「まあ、そうですね……。ありがとうございます」
     少し冴えない返事だった。運は良かった。その通りだと頭では理解しながらも、何かが引っかかる。
     沈黙。染み渡る暗闇。
    「信じてましたか?」
    「え?」
    「自分が助かると」
    「さあ……、特に何も考えてなかったと思います」
    「飛行機から身を投じようとは思いませんでしたか? 助かる確率はとても低いのに」
     彼の穏やかな目が、次第に変わるような気がした。
    「いえ、戦わなくて良くなったから、何もしませんでしたし、しようとも思いませんでした」
  • 8 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:43:07 [削除依頼]
    「解放されたと」
    「解放?」
    「戦いから解放されたと思ったから、ですか?」
    「いえ、そんなことは一度も考えたことはありません」
     どうしてこの男は、こんな質問をしてくるのだろう。何を知ろうとしてるのか。質問は抽象的だ。ただ、機密事項を探ろうといった動機はなさそうだった。それは理解できた。
    「では、救出された事をどう思いますか?」
    「素直に嬉しいです。感謝しています」
    「何故ですか?」
    「何故?」
    「生き延びられたから?」
    「もう一度、飛べるからです」
    「ああ……」
     彼は小さく口を開けた。そして、視線を変えた。窓を見たようだ。
     黒い海と、真っ暗な空を。
     空だ。
    「空は……、きっと海の中みたいでしょうね」
     海の中のことは知らない。
     そこに戦いはないだろう。
     しかし、似ているかもしれない。地上や海上よりは、ずっと。
    「海は好きですか」
     彼は尋ねた。
    「嫌いではないですね」
     彼は立ち上がって言った。
    「海は、どんな物でも浄化します」
     浄化、について思考を巡らした。
     空は、何も浄化しない。
     なにものも、そこには留まれない。空気以外は。
     だから、少しも濁らない。
  • 9 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:43:54 [削除依頼]
    「よかったら、これをどうぞ」
    「え?」
     彼がポケットから取り出したのは、煙草のはいった箱とライターだった。
    「私はもう使いませんので」
     その意味は、その時は分からなかった。
     でも、彼の好意に背くのは失礼かと思ったので、素直に受け取った。
     彼は再び微笑んで、部屋から出ていった。

     翌朝、迎えに来た飛行艇に乗り換えるため、貨物船から小さなボートに降りるときに、別の船員から聞いたのである。
     あの男が既に、この船に乗っていないことを。


     〜fin〜
  • 10 二番機 id:J4TDTbP/

    2012-11-21(水) 20:50:04 [削除依頼]
    ディープ・ウォータ
    Deep Water

    これもまた、向こうの世界の一欠片であり、
    一つの可能性です。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません