絵描き教室「ぺんしる」44コメント

1 妖精 ―fairy― id:TuMaHQZ0

2012-11-20(火) 17:58:01 [削除依頼]
「和真くん、ココ、どうすればいいの?」

小学2年生の繭ちゃんは、僕に描きかけの風景画を持ってきて、こう言った。

僕は、神崎和真、高校2年生。

ココは、絵描き教室「ぺんしる」。

絵描き教室といっても、自由に好きな絵を描いていい。

無料だから、幼稚園から高校生まで誰でも来る事が出来る。

テーマが欲しかったら、毎月変わる、テーマクジを引く。

僕は、この教室の1番先輩。

だから、こういう事は少なくない。

「ここは、ポスカ(ポスターカラー)でやった方が綺麗に描けるよ。」

「ありがとう、和真くん!」

繭ちゃんは走って、ポスカがある所に行った。

僕は、また自分のキャンパスに、筆を動かした。

今、僕が描いているのは、「僕の理想の人」。

僕の理想の人は、髪の毛が茶色でロングヘアー(ちなみにツインテ)、藍色の瞳、それに白とピンクの肌の人。

まあ、この人は僕の只の理想でしかないのだけれど。

僕は、彼女の瞳に、藍色を塗った。

僕はフッと笑った。

「おーい、皆集まれー。」

あ、結田先生。

何だろう?

僕は、藍色に染まった筆を、水の張った小さいバケツにつっこんだ。

「遅いぞ、早くせんか!」

結田先生は、口調がキツイだけで、本気で怒っているわけではない。

「すんません。で、なんスか?」

俺はふと、教室の入り口を見た。

茶色い、ふわふわしたナニカが、ちらりと見えた。

「これ、和真!ちゃんと話を聞かんか!ということで、新しい仲間が加わる事になった。アリソン・バーローズさんだ。アリソンさん、コッチへ来なさい。」

「は、はい!」

その瞬間、僕は自分の目を疑った。

茶色いふわふわのツインテ、藍色の瞳、そして透き通るような白とピンクの肌。

そこに居たのは、、紛れもなく、僕が描いた、理想の彼女の姿があったからだ。
  • 25 ポンコロ id:qVGJOR01

    2012-11-21(水) 19:19:25 [削除依頼]
    見たよー
    おもしろいですっ!!
  • 26 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:21:08 [削除依頼]
    ポンコロさん、ありがとうございます!!

    こういうコメント、嬉しいです♪
  • 27 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:22:20 [削除依頼]
    ポンコロさんは、何か小説、書いてますか??
  • 28 ポンコロ id:qVGJOR01

    2012-11-21(水) 19:24:32 [削除依頼]
    書いてますっ!
    何で俺の周りは非現実ばっかなんだよ!?
    だよー
  • 29 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:26:04 [削除依頼]
    。ちょこっと未来を覗き見コーナー。

    実は和真は、女の子と付き合った事があります(結構すごい情報だぜ)。


    これからも、こんな感じのをやっていきます。

    どうぞ、これからも宜しくお願いします(- -)/
  • 30 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:27:14 [削除依頼]
    28、マジですか!?

    よく見るタイトルだなあと思ってたんです!

    いやあ、楽しいなあ。
  • 31 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:28:56 [削除依頼]
    ああ、足が痛い・・・。
  • 32 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:30:29 [削除依頼]
    誰かいないかね??
  • 33 ポンコロ id:qVGJOR01

    2012-11-21(水) 19:35:45 [削除依頼]
    足!?
    大丈夫ですか!?
  • 34 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:37:40 [削除依頼]
    コメントほしーい。

    暇だよゥ。
  • 35 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 19:38:26 [削除依頼]
    33、痺れただけです。
       心配掛けてごめんね・・・。
  • 36 ポンコロ id:qVGJOR01

    2012-11-21(水) 19:51:21 [削除依頼]
    いえいえ・・
  • 37 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 21:37:09 [削除依頼]
    「ありがとうございました。じゃあ、また明日。」

    そう言うと、彼女は自分の家に入っていってしまった。

    残ったのは僕と竜二だけ。

    しかも彼女は傘を貸してくれたのだが、竜二も傘がないので相合傘状態・・・。

    「あのさ、これ(傘)、なんか恥ずいから止めようぜ?」

    竜二が言った。

    「だって、そしたら僕が冷たい目で見られるじゃないか。」

    自分で言ったのだが、そういう事よりも、もっと大切な問題がある。

    このままだと、僕達はゲイに見られてしまう、という事だ。

    「いや、俺、そっち系の趣味ねーから。」

    「僕だって無いよっ!!」

    「だったら、2人ともやんなきゃいいだろ。おら、傘貸せよ。お前ン家どこ?」

    え?

    僕の家・・・?

    ・・・・・・・・・・・・・・・。

    「もしかしてっ、僕の家に行こうとしてるのか!?」

    「当ったりめーだろ。他にどこ行くんだよ。」

    「いやっ、それはだめだ!」

    「なんでだよ。」

    お母さんとお父さんに誤解されるかもしれないからです!!

    そんなこと、口が裂けても言えないが。

    「とにかくダメっ!!」

    「いいじゃねーか!ちょっとくらい行ったって!!」

    「〜〜〜!じゃあ、コンビ二に行こう!何かおごってやるから!!」

    という訳で、僕と竜二は雨の中、傘もささずにコンビ二に行った。

    竜二に高い物をおごらされたのは、言うまでも無い。
  • 38 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 21:40:10 [削除依頼]
    誰かいないかしらぁ
  • 39 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 22:00:31 [削除依頼]
    「うん、このポテトスナックうまーっ!」

    「それ、1個100円・・・。」

    「うるっせーな!人がもの食べてるときに、いちいち物の値段ゆーんじゃねーよ!」

    ふう、なんだか疲れる一日だったなあ・・・。

    それにしても、まさかお菓子や飲み物で1500円以上も使う羽目になろうとはな・・・。

    「はあ・・・。」

    「な、なんだよ。いちいち溜息つくんじゃねーよ・・・。」

    僕は、竜二の服についた青や緑の汚気が付いた。

    「この青や緑の汚れは、絵の具?」

    「あ?ああ、そうだよ。」

    「絵、好きなのか?」

    その瞬間、竜二の顔が真っ赤になった。

    「ああ!?いや、えと、うん・・・。」

    耳まで真っ赤になっている。

    「《ぺんしる》に来てみないか?」

    「は?ぺんしる?なんだそりゃ?鉛筆の事か?」

    ・・・確かに意味的にはそうですが。

    「《ぺんしる》っていうのは、絵描き教室の事だよ。」

    「・・・絵描き教室?」

    そう言う竜二の目は、キラキラ輝いていた。

    「ああ。興味あるか?」

    「きょっ、興味ねーし!!」

    そういう君の顔は、すっごい聞きたそうですが?

    僕はフフッと笑った。

    「まあ、聞いてよ。その教室ではね、学校みたいにテーマとかが無いんだ。いや、ほしいならもらえるけど、基本的にはない。だから自由な絵を描けるんだ。ま、百聞は一見にしかずだ。まずは明日、来てきてよ。待ってるからさ。」

    「ちぇ、仕方ねえな。見に行ってやるよ。」

    竜二は嬉しそうな顔をして言った。

    「うん、待ってる。あ、もう9時だ。雨も上がったし、帰らなきゃ。じゃあね。」

    僕は立ち上がった。

    「おいっ、お前、アリーの事、どう思ってんの!?」

    竜二は真っ赤な顔をして言った。

    「アリー?」

    「バーカ!アリソンの事だよ!で?どう思ってんの?」

    こいつ、いつの間に名前、聞いたんだ?

    「・・・別に、どうも思ってないよ。」

    これは嘘だ。

    僕は彼女を好きになりかかっている。

    「あっそ、じゃあ俺、あいつを惚れさせるからな!!」

    「はあ?」

    「俺、あいつが好きになったから!じゃ、それだけだ!じゃあな!!」

    そういうと、竜二はさっさと走って行ってしまった。

    「マジかよ・・・。」

    僕はポツリと呟いた。
  • 40 妖精 ―fairy― id:V265aMZ.

    2012-11-21(水) 22:04:51 [削除依頼]
    ほんとに、誰かはなそーよぉ・・・。
  • 41 妖精 ―fairy― id:EWqSmY3.

    2012-11-22(木) 15:24:49 [削除依頼]
    ちなみに、まだキャラの募集してますよ♪

    どんどん応募してね
  • 42 妖精 ―fairy― id:m1yNxOR.

    2012-11-29(木) 16:03:03 [削除依頼]
    うわあ〜、なんか、誰も来なくなっちゃった・・・(泣)
  • 43 ポンコロ id:8H0xyuy0

    2012-11-29(木) 16:06:00 [削除依頼]
    来たよ!
    更新待ちー
  • 44 妖精 ―fairy― id:aHMnxYc0

    2012-12-18(火) 18:44:52 [削除依頼]
    久しぶりー(^^)

    アイデアが思いつきません・・・。

    ちょっとだけ我慢してくださると嬉しいデス・・・。

    いいアイデアがあったら、教えて下さいね!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません