君と365日。49コメント

1 あも/* id:UUORIPB1

2012-11-18(日) 20:03:12 [削除依頼]
制限された時間で、
君とどれだけ一緒に
過ごせるんだろう。


あと、どのくらい
君と一緒に空を見れるかな。


もう少し、もっと早く
この気持ちに気づいていれば。


後悔の涙が、頬を伝う。


暗い部屋のなか、
あたしは一人で願う。


『神様、どうかあたしを、
 掛け替えのないあの人を、
 助けてください……──』
  • 30 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:06:52 [削除依頼]
    そんなわけで、
    あたしと翔は
    誰に怪しがられるわけでもなく、
    スンナリ隣になった。


    大変。


    だって、だってさ。
    今日初めて会って、
    恋をして、
    もしかしたら両想いかも知れなくって。


    そんな人と隣って、
    ぜったい何かと話さなきゃいけないし、
    あんまり恥ずかしがって
    嫌われてもいけないし。


    どうしよう。


    「えー、あと
    今日は先生たちの
    研修会だから、短縮授業な。
    じゃ、これで終わり。
    日直。」


    気づけば、
    もうHLは終わっていた。
    あとで内容スグルに教えてもらわなきゃ。


    「きりーっつ!!
    礼!!」


    学級委員長の
    アンナちゃんの可愛い、
    甲高い声。


    あたしには、
    あたしの恋の
    はじまりのチャイムに聞こえた。
  • 31 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:07:43 [削除依頼]
    ふう、2章終わり。
    なんかだいぶ少ないカキコで
    おわってっけど、
    大丈夫かなww
  • 32 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:26:46 [削除依頼]
    君と365日。 一章 【出会い】 5>6>8>9>12>13 2章  【きっかけ】 14>15>17>18>19>20>21>22>23>24>26>28>29>30 コメあんまないのに まとめ。 RIRIKAさん、 コメありがとうございます!! スイマセン、 だらだら更新で 気づかなかった。。。 また見に行きますね♪
  • 33 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:30:30 [削除依頼]
    うぉれ?
    なんかまとめきれてないな。
    ゴメンナサイ。
  • 34 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:37:12 [削除依頼]
    第3章 【接近?】


    「ねえ、翔ちーん♪」


    だれだ、
    翔ちんなんてアホらしい
    呼び方をするやつは。


    「はーい、翔ちんでーっす☆」


    ノリのいい
    翔は、答えてやる。


    やっぱり。
    「翔ちん」のあだなをつけた
    本人は、スグルだった。


    「こんどさ、
    あたしとあたしの彼と
    翔ちんとカスミで、
    クリパしない?」


    えぇっ!?
    クリスマスパーティ!?
    なにも転校してきたばっかの翔に
    いきなりそんなこと…


    「いいね、やろ、やろ♪」


    あるか。


    あたしもはいってんだ。
    なんでかな。。。
    ううん、分かってる。


    スグルはあたしたちを
    引っ付けようとしてる。
    バレたのかな。
  • 35 あも/* id:S1Wnldu.

    2012-11-30(金) 22:43:43 [削除依頼]
    「ね、カスミもいいっしょ?」


    「うん、いいよ。」


    そんなこと言われて
    いやって言えるはずがない。


    「よーっし、じゃ決まりね♪
    12月25日はアイドルから誘われても、
    母親が危篤でもぜったいに来ること!
    来なかったら死刑だから!!」


    死刑て。
    危篤でもて。


    とにかく、スグルとショウは
    勝手に盛り上がっている。


    「やっぱケーキは買うよな!!」


    「うん、モチロン!!
    ショートケーキ?」


    「あ、俺苺大好き!!
    そうしよ!」


    「プレゼント交換も
    しなきゃね!」


    「うへぇ、俺あんま
    金持ってねえや。」


    「ちょっとぐらい貯金したらあ?」


    やっぱ、
    うるさい者どうし、
    気が合うのかな…
  • 36 あも/* id:9WnVRXD0

    2012-12-01(土) 16:53:42 [削除依頼]
    「ちょっと、スグル!!」

    いつかと同じように、
    (逆に?)
    あたしは廊下にスグルを引っ張った。


    「い、いきなり
    なにしてんの?」


    「だって、カスミ、ショウ好きなんでしょ?
    ショウもさ、カスミのこと好きだと思うよ。
    ずっと見てるし。
    あたしは、あんたの久々の恋、応援したい。
    あたし達はもうラブラブだからさ、
    気にしないで。」


    少し笑いながら言う、スグル。


    怒りたいはずなのに。


    あんまりバレてて、
    あんまり気遣わせてて、
    あんまり迷惑をかけて。


    感謝と、恥じらう気持ちが
    あふれ出て、涙になって流れていった。


    「う……、うあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


    「もう、泣かないでよ〜」


    はにかみながら、
    頭を撫でてくれた。


    ごめん。
    まるで、スグルは太陽みたい。
    あたしの心を、いつも、
    暖かくして、照らしてくれて。


    ごめんね。
    カップルの大事な日に。


    「………ありがと。
    ありがとう、スグル。」


    「これでなんにもなかったら、
    許さないからね?」


    「………うん。」
  • 37 あも/* id:9WnVRXD0

    2012-12-01(土) 19:26:51 [削除依頼]
    *shou side*

    キタヤマたちと、
    クリスマスパーティ。


    ここまでいっきに急展開。


    これがたった1日の
    出来事なんて。


    なんて考えてると、
    キタヤマがアマミヤを引っ張っていった。


    何を話すのかな。
    気になって、
    悪いこととは分かっていても
    ついて行った。


    廊下側の男子と話しながら、
    心は向こうにある。


    「………スキナンデショ?………」


    アマミヤの声。
    スキナンデショ、って…
    キタヤマが、俺の事?


    「……アリガト……」
  • 38 あも/* id:9WnVRXD0

    2012-12-01(土) 19:52:32 [削除依頼]
    アリガト。


    ありがとう、って。
    それって、認めたのか?
    ってことは俺らって両想…


    「しょうちん。」


    「んぁ?」


    てっきりアマミヤだと思ったら、
    返ってきたキタヤマだった。
    とたんに顔が熱くなる。


    「これ。」


    といって、
    俺の頭に付けたのは、
    ………ネコ耳。


    ………ネコ耳!?


    「わぁぁ、やっぱしょうちん
    ネコ耳似合うーーー!!!」


    その声を聴いた
    女子たちが、とたんに集まってくる。


    「え、ショウがネコ耳!?」


    「わぁ、似合うー!!!」

    ガヤガヤした人ごみの中、
    おれは頭を押さえられ、
    油性ペンでひげを書かれた。


    じたばたと焦る中、
    キタヤマの声が聞こえた。
    「キャーーー!!萌えキュンーーー!!!」
  • 39 あも/* id:9WnVRXD0

    2012-12-01(土) 20:55:25 [削除依頼]
    突き出された手鏡を見ると、
    驚くほどまさに萌えキュンの
    だれかがいた。


    俺だと思いたくない。
    だれか夢だと言ってくれ。


    横では、アマミヤが
    彼氏のイツキと大笑いしている。


    嗚呼…
    俺のプライドが
    俺の威厳(?)が
    ぼろぼろと壊れていく…

    でもほんとにカワイイ…


    ふと目の前を見ると、
    眼がハートになったキタヤマが、
    襲い掛かってくるところだった。
  • 40 あも/* id:26G09Tm.

    2012-12-03(月) 18:29:00 [削除依頼]
    フワッ


    不意に抱きしめられた。


    相手は、キタヤマ。
    途端にドキドキする
    俺の心臓。


    ……ッ、バカッ
    人を選ぶなッ!!!


    でも、その目には
    俺は映っていない。


    あるのはネコ耳付きの俺だ。
    ほんとうの俺じゃない。


    この格好をみて、
    周りの奴らがヒューヒューっと
    冷やかしてくる。


    高校生にもなって
    小学生レベルの冷やかし
    すんじゃねえよ……
  • 41 あも/* id:26G09Tm.

    2012-12-03(月) 18:33:52 [削除依頼]
    ほんとはもっと
    こうしていたいところを
    むりやり引っぺがして、
    アマミヤに小声で怒った。


    「なにしてんだよ!!!!」


    「いや、クスッ た、ブッ ただの悪ふざけ?ブハッ」


    「いちいち笑いながら答えてんじゃねえよ!!」


    「いや、フフッ あんまりおもしろくって…プッ」


    「スグルー、あんまり冷やかしたら
    かわいそう…ブハッ」


    「おめえまで笑ってんじゃねえかよ!!
    一人ぐらいカバーしてよねえ!!」


    周りを見た瞬間、
    クラスの全員がブホッっと
    吹きだした。


    情けな。


    お腹を抱えた
    アマミヤから化粧落としの
    シートをもらって、
    顔をごしごしふきまくって
    やっととれた。


    こすりすぎて赤くなって、
    ヒリツク頬を
    押さえながらショックで
    涙ぐんでいると


    カシャッ☆


    恐ろしいぐらい爽やかな
    シャッター音。


    それをとった男子を
    全身全霊で睨みつけて
    (殴りたいけど怖くて)
    家に帰った。
  • 42 あも/* id:26G09Tm.

    2012-12-03(月) 18:35:49 [削除依頼]
    3章おわりー
    あたしってカキコの
    一つ一つがめっちゃ長いから
    短くしたらもっとレス増えてると思う((
  • 43 あも/* id:b9IzFbj/

    2012-12-09(日) 19:29:18 [削除依頼]
    *kasumi Side*

    ショウは、泣き顔を
    撮られてめっちゃ怒り、
    帰って行った。


    まだ授業終わってないのに。


    犯人は悠斗。
    クラスのムードメーカー。
    いつも周りに笑いがあふれてる、
    人気者だった。


    でも、今はほぼ全員の女子、それに男子まで
    睨みつけられるか、
    冷たい眼で見られるか、
    コソコソなんか言われるか
    している。


    今までそんなことに
    なったことがないのかな。
    今度は悠斗が泣き顔になっている。


    弱っちい。


    しばらくの沈黙のあと、
    (天使が通ったぐらい)
    アイラが言った。


    「ひっど。」


    とたんに、周りがざわめきだす。

    「悠斗ー、今のはちょっと…」
    「ねえねえねえ、写真見せてー!!!」
    「やりすぎだろー」
    「ショウ君かわいそー」


    だれだ、写真なんて
    せがんでるのは。
  • 44 あも/* id:b9IzFbj/

    2012-12-09(日) 19:38:51 [削除依頼]
    思った通り、
    多分ショウのことを好きな
    響歌キョウカだ。


    でも、悠斗は
    落ち込みすぎて
    ケータイを触ろうともしない。


    「みんなうっさい!
    悠クンがかわいそーぢゃん!!!」


    ギャル語で叫んだのは、
    クラスの偉そうなぶりっ子、
    春姫ハルヒだった。
    こいつは悠斗のことが大っ好き。


    つられて、取り巻き達も
    おばさんのように
    ギャーギャー喚きだした。


    「そーよ、悠クンかわいそぉ」
    「そこまですることないぢゃーん」
    「悪口言う奴って、だいたい
    嫌われてるよネー」
    「あー、分かるぅぅぅ」


    いやいや、
    嫌われてんのはお前らだ。


    誰もがそう思い、
    白い目で眺めた。


    春姫たちは赤くなって
    すごすごと退散していった。
    ザマアw
  • 45 あも/* id:b9IzFbj/

    2012-12-09(日) 19:47:12 [削除依頼]
    なんか人多くなってきたんでまとめ。


    北山 霞 キタヤマ カスミ
    主人公。
    ショウが好き。


    真田 翔 サナダ ショウ
    転校生。
    カスミに一目ぼれ。


    雨宮 優 アマミヤ スグル
    カスミの親友。
    イツキと付き合っている。


    龍石 樹 タツイシ イツキ
    スグルの彼氏。
    スグルが大好き。


    愛羅 アイラ
    気が強い。
    カスミたちのクラスメイト。


    響歌 キョウカ
    ショウの事が好きな、
    カスミたちのクラスメイト。
    春姫の取り巻き。


    陽姫 ハルヒ
    クラスのヤンキー的な人。
    めっちゃギャル。
    嫌われている。


    悠斗 ユウト
    ムードメーカー。
    人気者。
  • 46 あも/* id:5Bym8E8.

    2012-12-11(火) 18:57:15 [削除依頼]
    補習が終わっても、
    ショウは帰ってこなかった。


    ゴリラは、
    「ん〜、ショウいねえなぁ。どこ行った?」
    とかのんびり言っただけで
    ぜんぜん気にしてなかった。
    アホか。


    悠斗の周りにも
    いつも通りみんな集っていた。


    すっかり元に戻った教室。
    でも、ショウを知ってしまったあたしには
    同じ景色じゃなかった。


    ショウがいない教室なんて、
    灰色にしか見えない。


    つまんないな。


    恋って、不思議だね。
    相手が自分の一部みたいに思えちゃう。


    ひさしぶりの感覚。
  • 47 桜咲 ハル id:vXTPiEu1

    2012-12-20(木) 17:27:37 [削除依頼]
    あもです。
    名前変えました

    最近書き始めた小説の、
    「海の彼方へ。-天使が羽ばたくとき-」が、
    いくら探しても見つかりません。


    スレ番は覚えてないんです…


    どなたか、これを見て下さったら
    アゲて連絡してくださいませんか?


    すいません。


    私も探します!!
  • 48 桜咲 ハル id:sM94C0.1

    2012-12-24(月) 16:15:06 [削除依頼]
    見つけましたぁ
    ありがとうございます
    こっちも更新しようっと…
  • 49 桜咲 ハル id:sM94C0.1

    2012-12-24(月) 16:19:37 [削除依頼]
    今日あったばかりだから、
    家も知らない。
    番号も知らない。


    だから、今日はもう会えないんだ。


    部活で遅くなるスグルをのこして、
    とぼとぼと家に帰る放課後。


    家の近くの公園をまがったとき、
    ………みつけた。


    愛しい、ショウの姿。


    「ショウ…!!!!」


    自然に呼びかけてしまう。


    「キタヤマ…!?」


    そりゃあ驚くだろう
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません