片想いの先には。5コメント

1 杏咲実♪ id:D5rTLoB.

2012-11-18(日) 18:31:44 [削除依頼]
殺し屋は誰・・・??のあさみでぇ〜す”!!!
れんあいもの書きたいと思いまぁ〜す!!
  • 2 杏咲実♪ id:D5rTLoB.

    2012-11-18(日) 18:42:48 [削除依頼]
    わたし、上埜ゆあな。茲山中学校の一年生です。
    この学校では、月曜日にあることがあります。それは「告白」。
    男子が好きな人に告白するのです。私も何回か告白されました。
    「ゆ〜あ〜なぁ〜!」
    この子は幼馴染の侑李。なかよしです。
    「侑李、今日「告白」あるよ??」
    私が聞いた。侑李は人気者で、女子のアイドル。
    だから、わたしなんか―
    「ゆあな。俺、誰に告白すると思う??」
    そんなの聞かれたってわかんないよぉ。
    ほっぺを膨らませる私を見た侑李は笑った。
    「可愛い。。このほっぺ」
    ドキン・・・・胸が高鳴る。
    もうだめ。我慢できない。
    私は走り出した。学校へ。もう侑李の顔、見れない。
    「ゆあな!!!」
    追いかけてくる侑李。私は全速力ではしった―
  • 3 わかな☆ id:D5rTLoB.

    2012-11-18(日) 18:50:42 [削除依頼]
    「もう・・・ゆあな。どうしたのっ…??」
    息切れた声で侑李が言う。
    「・・・・」
    「ゆあな!!!」
    腕をつかまれた。もう逃げれない。
    「・・・・何。侑李」
    ようやく声を出せた。
    「ゆあなきょうどうしたの??」
    侑李のせい、侑李のせい・・・何度もつぶやいたけど。
    恋の魔法には勝てなかった。
    「うわーん!!!」
    泣いてしまった。どうしよ・・・??
    「ゆあな。どうしたの。ゆあなが悲しいと俺も悲しいよ・・・?」
    侑李、ごめん、ごめん・・・そのひとことが、いえない。
    「あれぇ〜侑李君だぁ〜」
    ゲッ・・・ナナカ。ぶりっ子で侑李のことが好き。
    「侑李君はぁ〜ナナカを選んでくれるよねぇ〜」
    そういうナナカをよそに侑李は私の腕をつかんで走り出した。
    「ちょっと侑李くーん??」
    ナナカの声が遠ざかっていく。私は揺れるうでのなかで気を失ってしまった―
  • 4 杏咲実♪ id:D5rTLoB.

    2012-11-18(日) 18:51:01 [削除依頼]
    ↑は私です☆
  • 5 杏咲実♪ id:D5rTLoB.

    2012-11-18(日) 18:56:40 [削除依頼]
    「・・・な。・・あな・ゆあな!!!!!」
    ん・・??侑李の声…??すごい遠いところから聞こえる気がする・・・
    フワッ・・・唇に何かがふれた。侑李・・・侑李・・・
    パチッ・・・目を開けると見たことない風景。ここ、どこ??
    「ゆあな、保健室だよ。」
    優しい侑李の声。今何時!!!???
    時計を見ると8時。よかったまだ間に合う。
    「ゆ、ゆあな。さっき何かが唇に触れたでしょ??」
    真っ赤な顔で侑李が聞いた。ここは廊下だ。
    「そういえば、触れたような・・・。え??侑李知ってるの??」
    侑李はそれきり黙りこんでしまった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません