… 初めて。…4コメント

1 まふティン id:1I8hpnB/

2012-11-17(土) 14:14:06 [削除依頼]
ノノン。まふティンと申しまふ。

ぼく、まふティンは(本体女←)
れれれ…れんあい小説をかきまふ((

皆様に読んでいただけたらひゃっほーですん、

でゎでゎ、人物紹介
*如月 美雨(きさらぎ みう)
西南高校1年。帰宅部。
皆から可愛いと言われている。が、性格は怖がりで被害妄想が激しい。成績はトップ。過去の記憶がないという。

*日向 輝(ひなた てる)
西南高校1年。バスケ部。
明るくて、バスケ上手。皆からも好かれている。結構天然だったりする。

*松田 梓(まつだ あずさ)
西南高校1年。剣道部。
美雨の親友。結構頼りになる。成績はいいが美雨に勝ったことはない。

まぁこんな感じですかね、後からもいろいろと出てきまふ。

でゎでゎ - 読んでくだはい*
  • 2 まふティン id:1I8hpnB/

    2012-11-17(土) 14:33:28 [削除依頼]


    優しい風が吹き、桜がひらひらと散るー・・・

    私は今日から西南高校の生徒なんだー・・・

    ドンッッ
    「おっはよ - 美雨 !!」
    「あ あず !!」

    あず(梓)とは小学校からの友達だ。

    「もぉ、美雨 〜 また男子達が美雨のことガン見してたよ 〜 ?」

    あずがニヤニヤしながらひそひそ声で話してきた。

    「 ちがう、絶対ちがう、私じゃなくてあの子を皆見てたんじゃない ?」

    と、私はその子を指さしながら言った。

    「 なんで認めないのよ … 」

    あずはプクッと頬をふくらませながらブツブツ言っていた。

    … どうせ私なんて可愛くない。今までずっとそう思ってきた。

    告白されても「 私なんて可愛くないからっ 」といい、逃げてしまう。

    どうせ付き合ってもすぐに別れを告げられるんじゃないかと頭の中で考えてしまい、そのような行動をとってしまうのだ。
  • 3 まふティン id:mRUMSB8/

    2012-11-18(日) 15:41:09 [削除依頼]

    私は「はぁ 〜 …」とため息をつきうつむいていた。

    その時

    「 あっっっ !!!!!!!! 」

    前にいたみんなが口を大きくあけて上を見上げていた。
    私もつられて上を見る。

    「美雨 ー っ !!!!」

    あずが叫んだのと同時にバスケットボールが私の顔面に直撃。

    「 うぶっ … 」

    あまりの痛さにでこを押さえる。
    右足を後ろにやった時、
    さっきのバスケットボールを踏み転んでしまった。

    何か今日ついてない …
    恥ずかしさと痛さで涙が出てきた。

    「ちょ … 、美雨、大丈夫 !?? 」

    あずがかけよる。

    やだやだ、涙ひっこめ 〜 (/;;)

    その時だった。

    「 大丈夫 !? ごめん 、怪我したよな
    !?」

    1人の男子がかけよってきた。
    茶色の髪。優しい瞳。ネクタイはちょいゆるめ。
    第一印象は、バスケっぽい感じ。

    「 えぇと … 大丈夫 … です 」

    あまりにビックリしたから自分の顔が驚いているのにはまちがいない。

    「 とにかく保健室連れてく。 」

    その瞬間私の体が浮いた。
    同時に周りの女子は「 きゃ 〜」と騒いでいる。

    あずもニヤニヤしていた。

    … こ … これは …

    『姫抱っこ』 !!!!!!!!!!!?????

    瞬間私の顔はトマト色になった。
  • 4 まふティン id:mRUMSB8/

    2012-11-18(日) 16:07:13 [削除依頼]

    「 ……… 」

    「 よし、これで大丈夫よ 」

    私と茶髪男子は同時にありがとうございましたと礼をいい、保健室から出ていった。

    「 ごめんな、俺のせいで 怪我させてしまって … 。 」

    茶髪男子は申し訳なさそうに言った。

    「 いえ、ぜんぜん大丈夫ですよ !! 私の不注意でもあったし … ;; 」

    私も申し訳なさそうにいう。

    2人は顔を見合わし、笑った。

    「 ええっと、そういえば … 名前聞いてなかったな … 」

    茶髪男子は頬をぽりぽりかきながら言った。

    「 私は如月 美雨です 」

    にっこり微笑みながら自己紹介した。

    「 俺は日向 輝。よろしくな 」

    こちらもにっと笑いながら自己紹介。
    2人はまた顔を見合わせ笑いあった。


    そして入学式も終わった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません