歌姫と少年11コメント

1 くさったドリアン id:q8YBN8X.

2012-11-15(木) 17:03:07 [削除依頼]
 窓から漏れた光。
その光は、ピアノの前に立っている少女の茶髪を淡く染めていた。
少女はド、レ、ミ、と音階をひきながら確かめるように歌う。
その声は小さな音楽室ではおさまりきらず僅かに開いた窓から校庭へ響く。
 校庭にたたずんでいた少年はふと聴こえてきた歌声に耳を傾ける。
  • 2 くさったドリアン id:q8YBN8X.

    2012-11-15(木) 17:44:52 [削除依頼]
     鐘の音が聞こえる。
    少女、伊島優希は小さく音をたてて教室へ向かった。
     この学校、右平中は全校生徒わずか87名の学年にークラスづつしかないような学校で、優希は右平中の二学年だ。
    もちろんこんなに小さいと部活のしがいがないのでこの学校は全員帰宅部だ。
     教室へ着き、制服に着替えると珍しく転校生が来るため体育館で集会があると先生が呼び掛けた。
    周りはざわついていた。無理もない、ここ何年の間転校生が来なかったからだ。
    ここは人数が少ないのもあって別学年でも仲良くなれる可能性が高く、もしかしたら年上の彼氏が出来るかもっと女子は騒いでいた。
    一人静かに並んでいる優希に大きく肩を叩いた女子がいた。彼女は斎藤夏樹、優希の大親友だった。
    「今日のレッスンはどうでしたか?」
    アナンウサーのように聞いてくる夏樹に優希は笑ってしまった。
    「レッスンなんてもんじゃないよ、なぁがそれを一番知ってるでしょ。」
    小さいころ夏樹のつが言いづらく、いつもなぁと読んでいた。ちなみに夏樹は優希のことを小さい時からゆっちゃんと呼んでいた。
    「なぁ、転校生って何年生かな?」
    「同学年の女子がいいなっ。」
    そこに恋男子というあだ名をつけられている明斗が来た。
    「俺も斎藤に賛成ねっ、特に都会系の美人。」
    皆それを聞いた瞬間笑ってしまった。
    全校生徒、皆仲良しというのがこの学校のいいところだ。
  • 3 nansa♪ id:UfVnyzx1

    2012-11-15(木) 21:16:34 [削除依頼]
    ドリアン〜

    来てやったぜ☆(ウゼエ)
  • 4 くさったドリアン id:T2N7XfV0

    2012-11-16(金) 17:42:54 [削除依頼]
    なんさ、ありがとうっ!
    なんさがここを教えてくれて意味もなくゴロゴロしていた時間がなくなったよ!
    まぁ、意味のあるゴロゴロも悪いけどねwww
  • 5 くさったドリアン id:Ll4gHxS0

    2012-11-17(土) 14:07:16 [削除依頼]
    生徒が全員集まった。
    「起立、整頓、礼。」
    二年の千歳ちゃんは美人で、明斗は前まで千歳ちゃんに恋をしていた。
    将来は女優。
    司会が二年になったことで三年が受験勉強に励んでいることがわかる。
    少し広めの体育館のステージに少し明かりが加えられた。
    「転校生の紹介があります。」
    そういうと、ステージ脇から歩いてくる。
  • 6 くさったドリアン id:Ll4gHxS0

    2012-11-17(土) 14:08:24 [削除依頼]
    おっと、おっかさんが……
    ごめんきりわるい
  • 7 くさったドリアン id:N1Bv6E4.

    2012-11-23(金) 17:46:20 [削除依頼]
    そういうと、ステージ脇から歩いてくる転校生に皆の視線がくる。
    (絶対に私に転校は無理だな。あんなに見られるなんて……)
    転校生は明斗の望んだような都会系の顔で、特別美人というような顔ではないがこの田舎では充分目立つ姿だった。明斗には残念な話で女子ではないが。
    転校生が中心を立ち少し小さな、でもよく聞こえる声で自己紹介をした。
    「相澤 信、二年です。よろしくお願いします。」
    まるで友人と話しているくらいのなめらかな喋りに、優希は心底驚いた。
    人見知りな優希には99%無理な技だったからだ。
  • 8 くさったドリアン id:ssB0kqs.

    2012-11-26(月) 18:47:46 [削除依頼]
    「……」
    (なんで、なんで初日から隣なの!?)
    相澤は無口だった。この地域の教科書を持っていないので貸してあげるのだが、見ている感じが全くない。
    昼休みには我先にと生徒が押し寄せるので避難しようと夏樹の席へ逃げようとしたのだが、夏樹まで来てしまったので静かに黙って話を聞いていた。
    「相澤君は部活なんだったの?」
    「……えっと、音楽部。」
    「すごぉいっ」
    (音楽……意外だなぁ。)
  • 9 くさったドリアン id:wxNZGtj/

    2012-11-27(火) 20:58:14 [削除依頼]
    ここでは朝と放課後に当番の人がいれば自由に音楽室や家庭科室、技術室を使えるようになっている。
    今は二年が当番をしており、優希は音楽室の当番を毎日している。



    説明も大変だな。みてる人いないと思うけど。
  • 10 くさったドリアン id:wxNZGtj/

    2012-11-27(火) 21:22:28 [削除依頼]
    ・放課後・
    今日は友達とクッキーを作った。
    先生がいたのでココアクッキーの作り方を教えてもらったのだ。
    クッキーを振り回しつつ音楽室に向かっているとピアノの音がきこえてきた。
    (先生かな?)
    とつとつとした弾きかたは主張的ではないけれど心に響いていく。
    この穏やかな海を連想させる曲調にふと、優希は気になった。
    (ひいているのは先生、それとも誰か?)
    そっと開くとピアノの前に座っていたのは転校生の相澤だった。
    すっと手が鍵盤から離れる。
    「何見てんの?」
  • 11 くさったドリアン id:mBCa4kM0

    2012-12-05(水) 20:48:38 [削除依頼]
    今からゆうき視点になります。
    第三者からの目線とか苦痛だったゎ。

    ・続き・

    「は?見てないしっ。」
    「……さっき隙間から覗いてたくせに。」
    なんてやつっ。
    こんなにも相澤という転校生は皮肉屋なわけっ?
    「見られてると弾きづらいんだけど。」
    「当番だから見てないといけないの、なんか文句ある?転校生。」
    いきなり吹き出した相澤にイラっとした気分が高まる。
    「転校生ってやめてくれない?」
    「なんて呼べば言い訳よ? 転 校 生 。」
    いかにも不快そうな顔をした相澤に勝ち誇ったような顔で見る。
    「……相澤、相澤って呼べよな。最低でも相澤くん。さん付けでもいいけど。」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません