年上の君と・・・5コメント

1 ともみ id:.GAIIi/1

2012-09-23(日) 20:55:25 [削除依頼]
はじめて小説投稿板にスレをたてるので、どうかよろしくお願いします。
これは、私が実際に描いた作品です。
だめだしOKです!!皆さん見てください!!
ちなみにまめに更新します
分からないところは聞いてくださいね
  • 2 ともみ id:.GAIIi/1

    2012-09-23(日) 21:03:35 [削除依頼]
    今日は落ちます(0_0)
  • 3 ともみ id:f4LboA4/

    2012-09-24(月) 19:16:36 [削除依頼]
    「小学生の時、翔太と約束したんだ」って思うときあるのかな・・・

               ―5年後―

    「うっわぁ〜!この町久しぶりです〜。よしっ!学校に行こう!です」

     ある一人の少女が言った。
    彼女の名前は「さら」 色白でふわふわの髪の毛。まるで空から来た天使みたいに・・・

    「今日は突然だが転校生を紹介する。入って。」

    あだ名は「オガ」の小笠原先生が言った。いつも眠たそうでとてもやる気がなさそうだ。

    「新井さらです。5年前までこの町に住んでました。よろしくです」

    「よろしくね〜」という声が山ほど聞こえてきた。
    やはり、「ここはいいところだな」とさらは思った。
    ある、一人の少女が大人っぽい声をかけてきた

    「さらちゃん?私、希美(きみ)!希美って呼んでね」

    彼女の名前は「希美」とても大人っぽく、さらとは正反対の外見だ。
    でも、とても優しいいい人だった。

    「ありがとうです〜!希美ちゃん!」

    「さらってどこから来たの??」

    希美が笑顔で聞いた。

    「パリです〜」

    「パリ??何かで有名なの?」

    希美はとても不思議そうな顔で聞いた

    「はい。バイオリンで留学生です〜」

    「へぇ〜すごいね。私なんか全く音楽できないよ」

    「あっ!!そうだ希美ちゃん!翔太っていう人知ってます??」

    「翔太さん??」

    「翔太さん??ヤンキーみたい・・・」

    「翔太さんの事知らないの!?ここらのヤンキーだよ。さらはおっとり系で襲われそうだから気を付けなよ〜」

    「あっあの!翔太さんのお家、教えてください!!」

    「え??いいけど・・・気を付けなよ。」
              〜続く〜
  • 4 ともみ id:f4LboA4/

    2012-09-24(月) 19:42:40 [削除依頼]
    誰か来てよ〜(泣)
  • 5 ともみ id:dj.nE7I/

    2012-11-16(金) 16:08:26 [削除依頼]
    だれかこのスレ消して(´▽`〃)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません