霊感クラブ12コメント

1 アリス id:oNG..V8.

2012-09-17(月) 14:22:53 [削除依頼]
私の友達は…幽霊

そして学校にある霊感クラブ…

私には大事な心の支え・・
  • 2 美空 id:L4e.2fK0

    2012-09-17(月) 14:24:05 [削除依頼]
    ファイトです!
    おもしろそう(^_^)
  • 3 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:30:44 [削除依頼]
    登場人物
    主人公…湯本秋穗
    主人公の友達…坂口優希
    霊感クラブの部長?…湯川麗華
    霊感クラブ部員…坂本澪
  • 4 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:31:12 [削除依頼]
    >2
    ありがとうございます!
  • 5 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:42:43 [削除依頼]
    あのときみんながいてくれたから今の私があるんだ…


    誰もいない廊下…
    秋穗「優希〜いる?」
    優希「何か用?」
    秋穗「あっ!いた〜」
    優希「だから何?」
    秋穗「いやお話しようと思って」
    優希「だったら普通に友達作ったら?」
    秋穗「友達ならいるさ!」
    優希「誰?」
    秋穗「優希に決まってるじゃん」
    優希「あのね?わかってる?」
    秋穗「何が?」
    優希「私は幽霊なんだよ?」
    そう私の友達優希は幽霊なのです…
    秋穗「わかってるよ。優希が幽霊なのは…」
    優希「だから私じゃなくて、普通の人間の友達」
    秋穗「いやっ!私の友達は優希だけだもん」
    優希「いい加減にして!」
    秋穗「優希…」
    優希「秋穗はいつでも私と話してばっか」
    秋穗「そんなこと言われたって…」
    優希「もう話さないから!」
    優希は消えてしまった。
    秋穗「優希…まってよ!優希!」
    角から秋穗を見る影…
  • 6 ポンコロ id:i-aWh3PiA1

    2012-09-17(月) 14:45:10 [削除依頼]
    タイトル見て引かれました!この小説面白いです!
    宣伝になりますがLOVEカフェオススメですよ!
  • 7 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:51:19 [削除依頼]
    秋穗「しかたない…教室戻ろう…」
    角に通りかかった時
    ドン!
    秋穗「きゃっ!すいません」
    ?「ううんずっとここにいた私が悪いんだし…」
    秋穗「本当にすいません」
    ?「そんなことよりも」
    秋穗「はい」
    ?「あなた霊感あるの?」
    秋穗「えっ…まあ一応」
    ?「だったらさ今日の放課後一緒に来てほしい所があるんだ!一緒にきてくれない?」
    秋穗「べっ別にいいですけど…」
    ?「じゃあ今日の放課後教室に迎えに行くね!」
    秋穗「私のクラス知ってるんですか?」
    ?「うん!じゃああとでね」
    そのこは、走ってどこかへ行ってしまいました…
    秋穗「あっ!名前聞いてない…まあいっか後で聞こう」
  • 8 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:52:34 [削除依頼]
    ポンコロさん
    ありがとうございます!
    LOVEカフェですか。今度行ってみます!
  • 9 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 14:58:19 [削除依頼]
    〜放課後〜
    ?「お〜い」
    秋穗「あっ!どうも」
    ?「よし!行こう」
    秋穗「はっはい」

    ある教室
    ?2「誰じゃ!って麗華殿か」
    麗華「何してるの?澪」
    澪「いや〜暇だったもので…ってその後ろにいるのは誰じゃ!?」
    麗華「この子?新入部員」
    澪「なっなに〜!新入部員じゃと!」
    秋穗「えっと何を話されているんですか?新入部員ってなんですか?」
  • 10 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 17:34:32 [削除依頼]
    麗華「あ〜ごめんごめん。ちゃんと話すね。その前に自己紹介といこうよねっ」
    秋穗「そうですね、私は湯本秋穗っていいます」
    澪「わたしね〜坂本澪ってゆ〜んだ〜よろしくね〜」
    麗華「ちゃんとしなさい!」
    澪「だってめんどくさいんだもん!」
    麗華「はあ〜。私は湯川麗華。ここの部長的な感じかな…」
    澪「部長は私じゃよ!」
    麗華「そういうんだったら、誰か一人連れてきてみ。出来る?人見知りのあなたに」
    澪「すいませんでした」
    麗華「じゃあここの説明するね。澪」
    澪「えっ!わしかいな!」
    麗華「み〜お〜」
    澪「はっはい。えっとここではわ〜る〜い霊を説得し見事成仏させるのだ!」
    麗華「悪い霊と言ってもみんななんらかの理由があって成仏できないでいるのが多数なんだけどね
    秋穗「なんらかの理由?」
    麗華「そう。友達や家族にお礼を言いにきたとか…」
    澪「最後に好きな人に告白しにきたとかじゃよ」
    秋穗「なるほど…それでなんで私が?」
    麗華「ここは霊感のある人が集まるところなの。私や澪もそうよ」
    秋穗「それで霊感のある私がはいると…」
    麗華「そう…だめ…かな?」
    秋穗「別にいいですよ」
    澪「やった〜〜〜〜〜」
    麗華「澪うるさい」
    澪「ごめんごめん」
    麗華「じゃあヨロシクネ秋穗さん」
    秋穗「秋穗でいいですよ」
    麗華「じゃあ私も麗華でいいわよ」
    澪「せっしゃだって澪でいいぞよ」
    秋穗「ふふ。よろしく麗華、澪」
    麗華「さてじゃあ今日はどうしようか」
    澪「いつも通りでよくないかのう」
    麗華「じゃあ、秋穗」
    秋穗「なっ何?」
    麗華「今日の1時30分に学校の昇降口に集合ね」
    秋穗「1時30分って夜中の?」
    麗華「もちろん」
    秋穗「怖くない?」
    麗華「なれると怖くないよ…」
    秋穗「わかった」
    今日から私の新しい日々が始まります…
  • 11 アリス id:oNG..V8.

    2012-09-17(月) 17:45:49 [削除依頼]
    夜中
    約束の1時30分
    秋穗「なんでこんな時間に…」
    昇降口に来た私
    角に通りかかった瞬間
    澪「わっ!」
    秋穗「きゃあああああああああああああああああああ」
    澪「秋穗さん私ですわよ」
    秋穗「澪、脅かさないでよ」
    麗華「何なのさっきの悲鳴」
    秋穗「ごめんそれ私」
    麗華「なんで?」
    秋穗「いや…そこの角から澪が飛び出してきて…」
    麗華「澪!」
    澪「うふふ。てっきり麗華かと思っていたんですのよ」
    麗華「澪!」
    澪「そんなに怒らなくてもいいの…」
  • 12 アリス id:Gjtz26X.

    2012-09-22(土) 08:55:44 [削除依頼]
    麗華「怒ります!」
    秋穗「麗華、大丈夫だからそんなに怒らないどいて…」
    澪 「ほら秋穗さんだって大丈夫だっていてるし…」
    麗華「でも…」
    秋穗「ほら!学校行こっ!」
    澪 「そうですわ。行きましょう」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません