リンゴは空でも飛べばいい2コメント

1 さき id:pGaaV9G0

2012-09-10(月) 00:45:41 [削除依頼]
1.リンゴ

 時計の針も見えないほど暗かったから、真夜中なのだろうなということはなんとなく分かった。天気予報がズバリ当たってしまったようで、水も凍るであろう外から吹き付ける風の音が、二重ガラス越しに聞こえてきた。暖房のついてないフローリングの温度と堅さが、足の裏から頭のてっぺんまで寒さを伝えていた。
 ああ、寒いなあ。
 家の作り上、二階にある私の部屋から一階にあるトイレに行くためには階段を下りてリビングを通り、台所を経由する必要がある。ストーブを設定二十度で動かし、二重掛布団にくるまってうとうとしていたさっきまでの私は、幸せだったなあ。階段を下りただけで温かさは一気に失われ、代わりに訪れたのは言うまでもない、寒さだ。冷気だ。いや、殺気だ。
 すっかりさめてしまった目と体を擦りながら、リビングのドアを開けた。家族はもうみんな寝てしまって、起きているのは私だけ。当然、電気はついていない。充電中の歯ブラシと、タイマー予約をしたストーブが少しばかり光っているくらいだ。
 はやく済ませて、寝よう。そう思って私は、リビングから台所へとつながる敷居を踏み越えた。……瞬間。何かが私の右足の上に落ちた。
「ふわあぁぁっ!?」
 暗闇の家に、響いた。家具の角に小指をぶつけた衝撃、あれが足の指三本ほどを一気に襲ったのだ。現にまだ……痛い。足を手で押さえて悶え転がった。痛い痛い……。
 仰向けに寝ると、背中からやはりというか当然というか……冷たさが襲ってきた。接地面積が広いせいで、既にだいぶ冷えていたせいで、すぐに、さらに、より一層。寒い。
 なんでこんな目に。なんでトイレに行くだけでこんな目に……? 我が身の不遇を嘆きながら起き上がると、食卓テーブルの上に妙なものを見た。
「……リンゴ?」
 皮が一部剥がれ、潰れたリンゴ。少なくとも食卓の上に放置しておくものではない。無事な面を切って器に乗せて冷蔵庫へ入れておくか、廃棄するべきだ、と思った。それは至極当然の考え方だった。その考えに従い、今刃物を使うと手が震えて危険だという考察を行い、リンゴをゴミとして処理しようと手をかけた。その時。
 飛んだ。
 二十センチほど。剥がれた皮の部分を、羽のようにして。リンゴは、私の目の前で飛び上がった。
「…………あっ……」
 声が出る前に、膝が震えだした。結局その夜は、顔も出さず布団にくるまって、寝た。
  • 2 さき id:/mdoRun1

    2012-09-11(火) 00:13:18 [削除依頼]
     そうして朝がやってきた。結局のところ寝たのか寝てないのか、よく分からない。一晩中布団の暖かさを感じていたような気もすれば、浅い眠りについていたようにも思われる。ただ、右足指に落ちてきたリンゴの感触ははっきりと残っている。
     ストーブのタイマーを付け忘れた朝六時、布団の外の空気はきんと冷やされ、金属製のベッドの脚に触れると寒さがより一層感じられる。じん、と沁みるような、痛いような。
     冬の朝は容赦なく私の頭を冷やす。夜中の出来事は幻だ、現実を見ろ、とでも言うかのように。右足の指、リンゴが落ちた場所を、フローリングに押し付ける。わずかに残る痛みと、新しく入ってきた冷たさとが混じる。混じって、痛みは消える。
    「やっぱり、夢か何かかな」
     意を決して布団から出て、立ち上がる。私に現実をもたらした朝は、まだこれから続いていく。音のない階下から、母の気配がした。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません