私の料理はそんなにマズイですか?14コメント

1 莉々 id:ro6f062.

2012-09-08(土) 07:11:46 [削除依頼]
茅濛順平、それが俺の名前だ。
容姿は平凡、成績も中の下といったところのいたって普通の高校生。
いや、訂正しよう。
俺は平凡な高校生だ。俺はな。__周りは違うが。
「順平君っ!これ、食べてっ。絶対美味しいよ!」
「順平、これを食べろ。美味しいぞ」
「先輩、どうぞ。絶対に美味しいですから」
俺の前に差し出された料理を一つずつ順々に見ていく。
一つ目は、アフターデスソース(※一滴でタバスコの二十倍辛い)が大量にかかったスパゲッティ。
二つ目は、メイプルシロップが大量にかかったホットケーキ。
三つ目は、異臭をはなっている黒い物体。
__さよなら、俺の人生。
  • 2 紫蝶々 id:nUkMMTo/

    2012-09-08(土) 08:13:17 [削除依頼]
    頑張って下さい。
    面白そうです♪
  • 3 みかげ id:7/rIFPc/

    2012-09-08(土) 09:36:50 [削除依頼]
    面白そう期待してま〜す(^▽^)
  • 4 莉々 id:ro6f062.

    2012-09-08(土) 13:25:37 [削除依頼]
    >>2 初コメ! はい、頑張ります! >>3 面白いですと……有難う御座います!
  • 5 莉々 id:ro6f062.

    2012-09-08(土) 17:53:21 [削除依頼]
    宮城ましろ。
    雪代鳴。
    瑞樹霙。
    それが彼女達の名前だ。
    宮城ましろ__ぐうじょうましろ。
    俺の幼なじみで、容姿端麗頭脳明晰の言葉がよく似合う美少女。栗色の髪で大きい紅いリボンが特長的だ。友達も多く、キングオブザリア充と言っても過言ではない。
    が。ましろのただ一つの欠点、それが料理の腕が壊滅的なこと。彼女は、とてもじゃ言えないほどの超・甘党でいつも砂糖かメイプルシロップを持ち歩いていて、食べるものには取り敢えずメイプルシロップをかけている。
    ましろが作る料理には、必ずメイプルシロップ一瓶くらいの量がかけてあり、食べてみようという強者はせんべい三袋、ポテチ五袋を用意した方が良い。
    雪代鳴__ゆきしろめい。
    黒髪ロングの美少女。成績は学年のトップテンに入るとか何とか。高校入学時から男口調で、男装させたら本当に男だと思ってしまいそうだ。
  • 6 芽優 id:H.fVfND0

    2012-09-08(土) 17:59:28 [削除依頼]
    初めまして!!
    今日から小説書きます、芽優ですっ!!
    内容は吹奏楽部と野球部の恋。
    ぜひ見てくださいね♪
  • 7 涼風 id:RR1Eobt.

    2012-09-08(土) 18:03:24 [削除依頼]
    美少女ぞろいだ(^0_0^)
    こうゆうの好きだ♪
    頑張れ。
  • 8 莉々 id:ro6f062.

    2012-09-08(土) 18:16:21 [削除依頼]
    ましろと同様、料理がまったく駄目だ。
    というより、鳴が作る料理は普通に美味しいのだが、その上にアフターデスソースやジャージーデスソースという一滴でタバスコの二十倍や五百五十倍あるものをかけてくるので一口で死にそうになる。
    鳴はましろと反対の、超・辛党だ。
    瑞樹霙__みずきみぞれ。
    金髪碧眼ポニーテールのイギリス人と日本人のハーフ。コミュ力がないとかで、友達が少ないと嘆いている。
    彼女が作る料理は、もう料理ではない。霙が作る料理は、何でも黒い物体へ変化するという超常現象が起きる。
    霙は、先程の通りイギリス人と日本人のハーフなのだが、中三までイギリスで住んでいたとか。
    イギリスは料理が不味いことで有名なのだが、それも霙の黒い物体変化現象の理由なのかもしれない。
    いや、まったく理屈通ってないけど。

    まあ、そんな平凡な俺が料理がまずい美少女達と知り合ったのか。
    それは一ヶ月ほど前の俺が二年生になった春へと遡る。
  • 9 莉々 id:ro6f062.

    2012-09-08(土) 18:19:54 [削除依頼]
    >>6 吹奏楽部と野球部の恋。ですね! 見に行きます。 >>7 はい、これから登場するキャラ大体美少女です。 頑張ります!
  • 10 ?咲子? id:.M6WCs70

    2012-09-08(土) 20:31:09 [削除依頼]
    りりさんって凪夕さんですよね
  • 11 莉々 id:ro6f062.

    2012-09-08(土) 21:05:08 [削除依頼]
    >>10 はい。
  • 12 迷国アリス id:dHV/tSt0

    2012-09-09(日) 00:34:38 [削除依頼]
    始めまして。

    小説書いてます、迷国アリスです。

    内容・・・金持ちの男を手に入れる恋愛ツンデレ系。

    見てください!!

    『あんたのことなんか好きじゃないっ!ツンデレ』
  • 13 莉々 id:skP..IV0

    2012-09-09(日) 14:51:37 [削除依頼]
    >>12 了解しました!
  • 14 莉々 id:skP..IV0

    2012-09-09(日) 15:42:53 [削除依頼]
    第1飯 甘党と辛党と黒い物体

    「おはよう、順平君っ!いい天気だね。入学式日和というのかな?」
    九頭竜学院学園。学院学園というのは何か変だが、九頭竜学院までが名前なのだから仕方ない、らしい。
    今日はこの学校の入学式で、俺は二年生になる。
    先程声をかけてきたのは、俺の幼なじみの宮城ましろ。容姿端麗、頭脳明晰のスーパー美少女だ。幼稚園のころからずっと同じクラスというとんでもない、腐れ縁である。
    「ん……ああ」
    「私達今日から先輩になるんだよねー。頑張ろうね!」
    「ああ」
    「順平君、ずっとその言葉だけだね。男子達の間で流行ってるの?」
    流行ってるわけないだろ。
    「まあな」
    「へえー、始めて知ったよ!有難うね、順平君!」
    にこっと、俺に笑顔を向ける。
    ましろよ、何故そんなに純真なんだ……高校で普通男子と女子が喋るのなんて事務的なことしかねぇぞ!
    もう十七なんだぞ……保健体育の勉強になる本とか読んでるんだぞ。
    「そういえばクラス替えだね!また同じクラスになるといいねー」
    なるだろ、今までのことからすると。
    *
    予想通り俺とましろは、同じクラスだった。
    クラスはB組。微妙なクラスだと思う。
    まあ、そんな感じで入学式が終わり、一年生と同じように二年生もクラスで自己紹介をするようで、出席番号順に名前と一言を言うようにと指示があった。
    どんどん順番が回って俺は適当に喋り、ましろはいつものふわふわした雰囲気でにこっと笑い、クラスの男子達を目のものにしてしまった。
    そして、最後。最後くらいはちゃんと聞いてやろうと、三十五番の席に目を向ける。
    「雪代鳴。三十五番だ。宜しく」
    雪代鳴と名乗った女子は、かなりの美少女だった。
    黒髪ロングで、何だか冷たそうな雰囲気をまとっている。多分、ファンクラブとかあるんだろう。
    脚が長く、モデルみたいだ。
    「雪代さん、可愛いねっ」
    ましろが俺に囁くように言う。
    ましろは出席番号が俺の後で、席は俺の真後ろ。なんでこんなに一緒なんだろうか。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません