。+* 桜模様 *+。23コメント

1 月菜☆ id:I5zsBfY1

2012-08-29(水) 13:52:50 [削除依頼]
月菜☆(るな)です。
今回は、2作目の小説に挑戦します!
今は、同時進行で『いじめ-オワラナイヒビ-』
というのも、書いています(( ..)φ

まだ始めたばかりですが、よろしくですv
  • 4 月菜☆ id:I5zsBfY1

    2012-08-29(水) 14:16:41 [削除依頼]
    ★cast紹介★追加のお知らせ。

    1人追加します。

    宮山隼翔(miyama hayato) 男
    中1。サッカー部所属。
    陸の友達。結の幼なじみ。
    結のことが好き。

    あともう1つ追加です。
    結城翠(yuukimidori) 女 
    は、隼翔のことが好き。
  • 5 月菜☆ id:I5zsBfY1

    2012-08-29(水) 14:20:33 [削除依頼]
    ややこしいので、まとめます。

    篠原結⇒西条陸が好き。
    結城翠⇒宮山隼翔が好き。
    宮山隼翔⇒篠原結が好き。
    西条陸と姫原美雨は付き合っている。

    な感じです。

    分かりにくくてすいません<(_ _)>

    月菜☆
  • 6 月菜☆ id:I5zsBfY1

    2012-08-29(水) 16:04:11 [削除依頼]
    【結side】

    「翠おはょ〜!」
    「結――っ!!!!」

    今日は、入学式。今は親友の翠と学校へ。

    「同じクラスがいいな―。」
    「あたしも!結と離れたら、不登校になろっ!」
    「えっ!ダメだょ!!」
    「嘘だってwていうか、一緒だと思ぅょ!」
    「どこから出てくんの...その自信。」
    「パパにたのんどいたしw」

    翠のお父さんは、化粧品会社の社長。
    要するに、翠は社長令嬢でもある。

    「ほらぁ―!!」
    「ほんとだ。」

    クラス表の貼ってある掲示板を見ると、同じクラスだった。

    「結!このクラス陸様いるょ―((嬉涙)) 超ラッキー☆」
    「....。りくさま...?タメなのに、《様》付けなの!?」
    「えっ!!結知らないの??えっと...陸様っていうのは...。」

    翠が丁寧に教えてくれた(笑)
    その情報によると、陸様というのは、本名『西条陸』。
    ルックスがまず第1に最高で、運動神経抜群。成績優秀。
    完璧な人らしい。この人目当てで入学した人も多いとか。

    「あれっ?何で中1なのにみんなこの人知ってるの?」
    「はぁっ!有名だよ―wこの学校付近で知らない人なんて
     いないし。」
    「..............。す、すごいね。」

    ちなみにあたし達の通う学校は私立なので、受験の時に
    見かけた人がいて、噂が広まったっていう説もあるらしい。

    「もう!いいぢゃん!早く教室行こ―!!」

    あたしがそういうと、翠は渋々ついてきた。

    「よっ!結、翠!」

    と....。あたし達の前を通り過ぎていく人影。
    ってあれ、隼翔!???

    「ねぇ翠!あれって....隼翔だよね?」

    翠はスルー。

    「ねえ翠ってばぁ―!!!!!!」

    「ついたよ!結v」

    何なんだろ......。まっ、いっか。

    あたしは、その時の翠の不自然な行動が気になったけど、
    翠の表情がいつもと違ったから、考えないことにした。

    【続】
  • 7 月菜☆ id:I5zsBfY1

    2012-08-29(水) 16:11:34 [削除依頼]
    【翠side】

    教室に行く途中....。
    隼翔が通り過ぎてたのほんとは気づいてた。

    ごめんね。結。
    話しかけてくれたのに無視しちゃって。
    隼翔がこの学校に居るってことも、
    同じクラスだってことも知ってたのに。

    でも、正直、あたしと隼翔と結と3人同じクラスって、
    きっぃな。みんなのことは嫌いじゃないけど....。

    結は、鈍感だから気づかないよね.....。きっと。

    でも、あたしはずっと隼翔を見てたから分かるんだ。

    もう少ししたら、その時がきたら結にも話そう。

    そう素早く考えたあたしは、次の瞬間、
    笑顔で結に笑いかけた。
    「ついたよ!結v」

    【続】
  • 8 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 13:20:22 [削除依頼]
    【結side】

     ―ガラガラッ― 

    教室のドァをあける。
    と、真っ先に目にはいったのは女子に囲まれて笑ってる奴だった。

    「結!あの人だょ!」

    なるほど...。あの人が『西条陸』かぁ.....。
    確かに、そこら辺のモデルよりも整った顔立ちだなぁ。
    これは、モテるのも...納得かも。なんて考えてた。

    「なぁに!?結っ、見とれてんの?」
    「っ!!! なワケないし。」

    やばぃッ!正直見すぎてた...。反省しとこ。

    あたしと翠は、黒板に貼ってある《座席表》を見に行った。

    【続】
  • 9 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 13:38:09 [削除依頼]
    【陸side】

    ああぁぁぁ゛...........。
    朝っぱらから、うるさい...。
    頭痛てぇし....。女子しつこすぎる。

    「まぁまぁ陸、落ち着けって。」
    「この状態のどこを見て言ってんだよ!」

    俺の横にいるのは、同じクラスの隼翔。
    ちなみに、さっき出会ったばかりだ。

    「とにかく、女子は苦手なんだょなぁ....。」
    「もったいねぇなぁ、陸。」
    「はぁ?」
    「だって、その容姿なら選び放題....」
    「うるせ―。」

    なんか会話してる間に、女子たちはどっか行った。

    まぁ、隼翔こそあの容姿ならモテるんだろう。
    全然気づいてないらし-けど。

    「なんだょ。じゃ、陸って彼女居ねぇの?」
    「.........................黙れ。」
    「ふ〜ん。いるんだぁ.....。」
    「!!! そんなこと言ってねぇ。隼翔は?」
    「俺?彼女居ねぇし。ま、好きな子はいるけどな。」

    え??居んの?? あの隼翔に...。(って失礼かw)

    「誰だょ?隼翔の好きなやつって?」
    「このクラスだけど?」
    「名前は?」
    「......篠原結.....。」

    知らねぇし。誰そいつ...。

    ―ガラガラッ―

    そう思ってたら、教室のドァが開く。
    教室にいるやつたちが、騒ぎ出す。

    俺も見ると、2人の女子がはいってきた。

    それと同時に、横で隼翔が、
    「あの、髪の長い方が結だよ!」
    って言ってる声が聞こえた。

    『この日から、俺の何かが少しずつ変わる』
    なぜだか知らねえけど、そんな予感がした。

    【続】
  • 10 *玲乃*【mai】  id:TVfy5pP.

    2012-08-30(木) 13:38:45 [削除依頼]

    頑張ってねww

    応援してる!
  • 11 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 13:51:20 [削除依頼]
    >10 玲乃 頑張るね☆             この小説同時進行中の2作目なんだ。       1作目にも、玲乃来てくれたんだょ!       ぢゃっ!更新がんばるね♪       応援ありがと♥       
  • 12 *玲乃*【mai】  id:TVfy5pP.

    2012-08-30(木) 13:56:56 [削除依頼]

    いえいえww

    やっぱり!!2作目だったんだ!!

    月菜ファイト!!
  • 13 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 15:21:53 [削除依頼]
    >12 玲乃 了解致し(`・ω・ゞ       1作目も更新してるから、見てみてね♦
  • 14 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 15:33:13 [削除依頼]
    【翠side】

    あたしと結が教室に入った瞬間、
    みんなが'’シ―ン'’となる。

    まあ、あたしは薄々感づいてたんだけど。

    結なんか、全然気づかずにさっさと座席表
    見にいっちゃうし...。天然っていうか...。

    「翠ぃ―っ! 早く早く〜!!」

    結が呼んでる。
    その間も、みんな結とあたしを見てるのに。

    多分、結は気づいてない。
    結は、可愛い&癒しキャラとして、人気絶大。
    本人の知らないところで、ファンクラブとかあった。

    自分でいうのもどうかと思うけど、
    実際、結と居て目立つあたしもモテてるらしい。
    ま、みんなあたしの社長令嬢という
    『地位』がほしいだけのかもしれないけど。

    「わかったぁ〜! 結、今行くょ!」

    あたしは、考えるのをやめて、結のもとへ向かう。

    結を見つめる隼翔の視線を、気にしながら...。

    【続】
  • 15 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 15:48:47 [削除依頼]
    【陸side】

    ―あの2人が来た瞬間、静まる教室。

    「なぁ、隼翔。何でこんな静かなんだ?」
    「それは、あの2人が放つオーラでしょw」
    「いや、笑えねぇし。(苦笑)」

    隼翔の言っていることは、当たっているんだろう。
    あの2人....。名前は知らねえけど、
    隼翔が好きとかいう『篠原結』は、可愛い系。
    もう1人のやつは、綺麗系だ。オーラが違う。

    「っっっ!!!!!//////」

    何で、篠原結は俺の方見てくんだ?
    ああ、周りにいた女子共のせいか....。

    ―ドキッ!

    ? 何かあいつ見た時から心臓がおかしい。??
    いや、気のせいだろう。

    「おっはよぉ&heart; 陸ぅ〜♪」

    俺のことを『陸』って呼ぶ女子はただ1人。
    振り返ると、予想通り『美雨』だった。

    「ああ、はょ。」

    あんまり挨拶する気にならねぇ。

    「それが、彼氏の言うセリフ!?」

    すかさず、美雨に突っ込まれる。―だるい。

    俺と美雨は、一応付き合ってる...らしい。
    告ってきたのは美雨で、俺は面倒でOKした。
    当時、美雨は美少女として人気があり.....。
    当の本人は、自覚あるらしいけどな。

    なんか、最近美雨と付き合うのも面倒だ。
    まあ、元々俺がOK出したのが悪りぃんだろうけど。
    常にハイテンションで疲れる。

    それに...
    この時の俺は美雨なんて頭から消えていた。

    今、俺の頭ん中にずっといんのは.....
    ―――...。
    あいつかもしれない。

    【続】
  • 16 月菜☆ id:92oukv1/

    2012-08-30(木) 15:50:43 [削除依頼]
    《訂正》
    &heart;を♥ に変換しといてください!
  • 17 月菜☆ id:TrR3Iou.

    2012-08-31(金) 10:50:43 [削除依頼]
    感想待ってますv
    寂しいので、来てくださ―い◊
    《未熟者で、すいません...。》
  • 18 月菜☆ id:TrR3Iou.

    2012-08-31(金) 13:33:57 [削除依頼]
    【結side】

    「よっっっ...。」

    もう! 担任どうなってんの―。
    座席表貼る位置、高すぎる―。

    仕方なく、精一杯背伸びして目を凝らす。

    「んっと...。あった! 
     翠、あたしの前の席だよ!」
    「ほんとだ! って結の隣り『陸様』じゃん!」
    「えっっ、嘘.......。」

    もう1度、座席表を見ると間違いなく隣りの席だった。

    「はぁ!?嫌だょ、翠―。」
    「そんなことあたしに言われたってね(笑)」

    何となく、嬉しそうな雰囲気の翠。
    もう!何なのよ...。楽しんでるでしょ..。絶ッ対。

    ―ガラッッ―

    「よ―し、ホ―ムル―ム始めるぞ―! 席に着け―。」

    そんなやりとりをしている間に、担任が来た。
    あたしと翠は急いで席に向かう。

    ああぁぁ...担任男の人だ......。
    優しそうな女の先生が良かった....。
    希望とは、違っていたことに落ち込む。

    「よっ!」

    ん―......!? 今隣りから声が聞こえたような....。

    「おい!聞いてんのか!」

    って、気のせいじゃない!!

    「はっ...はい!!!!!!!」
    「ばか!声でけぇよ!」

    えっ!? 見渡すと、クラス中の視線があたしの方に...。
    ああああぁぁぁぁぁ、もう最悪―。

    「何でもないです。」

    とりあえず担任には、悪い印象与えないように...っと。

    「あっ!そうそう皆聞いてくれ。
     まあ、知ってるやつも多いと思うが、1週間内に、
     クラスごとに美男美女を2人ずつ決めないといけないんだ。」

    って? 入学式の日から何言ってるの―!?

    「一応、候補は決まっている。発表するぞ―。」

    【続】
              
  • 19 +●・ω・旭日☆彡 id:uhfANYX1

    2012-08-31(金) 13:40:40 [削除依頼]
    さすが!月菜が書く小説は何かが違う
    オーラを放っている>д<ゝま、まぶしい
  • 20 月菜☆ id:TrR3Iou.

    2012-08-31(金) 15:44:05 [削除依頼]
    >19 旭日☆ 来てくれてありがとぅ♥ 旭日すごいなぁ... もう100越えぢゃんっ! また、『美しく笑え』見にいくね◊ んで、ベタ褒めのコメント言いにいく(笑)
  • 21 月菜☆ id:TrR3Iou.

    2012-08-31(金) 15:56:44 [削除依頼]
    【結side】

    「じゃぁ、発表するぞ〜! 心の準備はOKか?」

    いや、心の準備なんてあたしには必要ないのに。
    だって、あたしなんか候補にはいれるわけない。

    「男子は、伊折舜(いおり しゅん)、
         大本慶(おおもと けい)、
         西条陸(さいじょう りく)、
         宮山隼翔(みやま はやと)、
     女子は、篠原結(しのはら ゆい)、
         鈴森由姫(すずもり ゆめ)、
         姫原美雨(ひめはら みう)、
         結城翠(ゆうき みどり)、  だ。
         この8人は、放課後教室に残っているように。」

    ―あ....あれ? 今『篠原結』って聞こえたような....。
    あたしが、よく分からなくて戸惑っていると、
    前の席に座っていた翠が、

    「あたしたち候補はいってるょ!やったね☆」
    「え?あたし呼ばれた??」
    「思いっきり呼ばれてたょ。結。陸様もね。」
    「え゛!?西条陸もなの!?」
    「まぁ、当然のことじゃない?」
    「それは、そうか....。」

    まあ、あんだけ女子に囲まれてたし....。

    ――結局。 放課後、教室に残るハメになってしまった。

    【続】

     
  • 22 月菜☆ id:Yj.kI08/

    2012-09-01(土) 18:07:31 [削除依頼]
    【結side】

    ―放課後。in教室。

    「翠―、早く帰りたいよぉ―。」

    こういうの本当にニガテ。
    第一、何であたしが候補者にはいってるのかも分からないし。
    翠がはいってるのは、わかる。だって美人だもん。
    何であたしなんかが....。

    ―ガラッ

    担任が教室にはいってきた。

    「知ってる人も多いと思うが、一応詳細説明をしておく。
     君たち候補者8人は、これから1週間何もしなくてよい。
     1週間後になれば、他の生徒が投票する予定だ。
     男子は女子に、女子は男子に票をいれること。
     君たちは、投票はしなくてよい。
     ちなみに選ばれるのは、この中の男女各2人ずつだ。
     選ばれた人は、校内選挙に出てもらう。まあ、頑張れ。」

    まあ、あたしはきっと校内選挙には進めないと思うし。

    平凡な学校生活を送ろ―っと。

    この時のあたしは、楽天的だった―....。

    1週間後のあの投票が行われるまでは―...。

    【続】
  • 23 月菜☆ id:Yj.kI08/

    2012-09-01(土) 18:12:43 [削除依頼]
    【結side】

    ―1週間後。

    あれからあたしは、平凡な生活を送っていた。

    今日が投票当日だということも忘れて―。

    ♪ピンポンパンポ―ン♪
    「これから投票結果を発表します。」

    放送委員の人が放送をはじめる。

    「いよいよだょ!結!」
    「へ?何が?」
    「はぁ?投票だょ!今日でしょ。」

    【続】
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません