大嫌いな恋人6コメント

1 かえで id:i-hAVa6rm1

2012-08-26(日) 12:15:32 [削除依頼]
中学生の思い出といえば
最悪なことばかり。

あいつに
いじめられていたから。


10年経って再開すると
思わなかった。
  • 2 大島夏鈴 id:61xkJxm1

    2012-08-26(日) 12:19:35 [削除依頼]
    ふーん、頑張れ。
    7ヶ月Badyも宜しく。
  • 3 かえで id:i-hAVa6rm1

    2012-08-26(日) 12:38:44 [削除依頼]
    「いらっしゃいませ、こんばんわ」

    小春は、いつものようにアパートの下にくっついたコンビニに来た。


    夜、お風呂上がりにコンビニに立ち読みをしにくるのが日課だ。

    部屋着でも気にしない。


    (あれ、レジの人新しい…)


    レジには、いつもの冴えないメガネ君ではなく、長身でがたいの良い男性が立っていた。


    思わずじっと見ると、目が合った。

    「あ、どうも」

    男性が軽くあいさつをしてきた。

    「?…はぁ、どうも」

    「あの、上のアパートの302室の人っすよね?」


    「え…そうですけど」

    「俺、401に引っ越してきたんすよ」


    そう言うと男性は爽やかに微笑んだ。
  • 4 かえで id:i-hAVa6rm1

    2012-08-26(日) 12:48:39 [削除依頼]
    小春はその笑顔にドキッとした。

    「……あ、そうなんですか」


    小春は照れながらも会釈した。


    (あんまり適当な格好で来れないな。)


    そんなことを考えながら、雑誌コーナーへ向かった。


    (あんなカッコイイ人が生活圏にいると、気が抜けないや…)


    小春はいつも見ているギャグ漫画ではなく、女性ファッション紙をパラパラとめくった。
  • 5 かえで id:i-hAVa6rm1

    2012-08-26(日) 13:14:57 [削除依頼]
    「そこのS大っすか?」


    いつのまにか男性が小春のすぐ側に来ていた。

    おもわずビクッとした。


    「あ、そうです。保育科です。」


    近くで見ると、180センチくらいあった。


    「俺、教育科なんっすよ。」


    「はぁ。」

    周りを見回すと、お客は誰も居なかった。


    夜の11:30。このコンビニで珍しいことではない。
    (暇なのかな。)


    「…身長ちっちゃいんすね?」

    「はい?」


    初対面の人に何を言ってるんだろう。

    「結構ちっちゃいですよね。」
    男性は、そう言って小春の頭に手を置いた。


    「145です。中学から変わらないです。てか、失礼ですから。」

    小春は少しスネて言った。

    コンプレックスなのだ。


    「すみません。おもわず。………俺、12時で上がりなんすけど、終わったら俺の部屋に来ません?」


    「はい!?」


    「あ、いや…別に変な意味無いっすよ。……もうちょっとゆっくり喋りたくて」


    小春は目を丸くして男性を見上げた。

    男性は純粋な眼差しで、こちらを見下ろしていた。
  • 6 チョキン id:wh7m7Rr/

    2012-08-26(日) 19:28:12 [削除依頼]
    がんばって!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません