木霊のくれた小さな夏4コメント

1 二番機 id:SIM8GPx0

2012-08-25(土) 23:45:12 [削除依頼]
 今でもきっと、森のどこかに。
  • 2 (●・v・ひろか・v・○) id:qsjP8Si/

    2012-08-26(日) 11:50:25 [削除依頼]
    更新マッテマース♪
  • 3 二番機 id:gBycL7F0

    2012-08-27(月) 00:05:17 [削除依頼]
    ***

     和也は右手の古い傷跡をさすりながら、あの夏を思い出していた。
     夕映えの中を駆ける普通電車は、線路をがたごと言わせながら、一日の終わりの空気を、駅に着くまでの僅かな間だけ乗客たちと分かちあう。先頭車両のシートに腰掛けた和也も、その例外では無かった。くたびれた紺の制定鞄を膝の上に乗せ、自分の右手を何気なくさすりながら、車窓の外を流れる紅い町並みを眺めていた。和也の遠い目線はまるで町並みの更に向こう側、五年前を眺めているようでもあった。

     毎年お盆になると、玖凪という山奥の集落にある実家に和也の親戚一同が集まる。彼はあの夏も同じように、父と母に連れられて気の進まないまま、玖凪にやって来たのだった。
     その地でどんな驚きが彼を待っているのか、夢にも思わないで。

     中学校からの帰りで疲れているのだろうか。和也は右手の古傷をさする顔を伏せて、目を閉じた。電車の心地よい振動と初秋の優しい夕暮れの大気は、次第に彼を眠りへと誘っていった。深くふかく、きっと、五年前の小さな夏まで。

    ***
  • 4 二番機 id:gBycL7F0

    2012-08-27(月) 00:34:53 [削除依頼]
    >2  早速ありがとうございます。    まあ、出来たら気長に待ってやって下さい(笑)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません