ココロの30km先7コメント

1 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

2012-08-25(土) 21:41:41 [削除依頼]
これは 4人の少年少女が

人との関わりを知る話…。

*

ココロの30km先
  • 2 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:03:44 [削除依頼]
    「唯麻!」
    名前を呼ばれ、唯麻はびくっとする。
    「もう、そんな顔してたら
    お母さんも心配になっちゃうじゃない」

    三日月唯麻(ミカツキイオ)は、今日から高校生。
    仲のいい友達は皆違う高校へ行ってしまい、
    唯麻は学校生活が不安でしょうがなかった。
  • 3 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:10:37 [削除依頼]
    「はぁ…」
    人一倍重い気持ちで電車に揺られる。
    徒歩10分から電車と徒歩で40分の変わりようは、
    唯麻の気持ちをさらに重くさせた。

    桜華(オウカ)高校の門をくぐると、
    向こうに人だかりがあった。
    そこには、クラス表が貼り出されていた。
    唯麻はゆっくりとクラス表の前まで歩いていった。
  • 4 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:13:41 [削除依頼]
    人の壁が邪魔をして、唯麻は
    なかなかクラス表を見る事が出来ない。
    背伸びをして何とか見ようとしていると―
    「君、名前何?」
    といきなり話しかけられたものだから、
    唯麻はあまりにもびっくりして
    「!?」
    と、人混みから一歩後ずさりした。
  • 5 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:16:07 [削除依頼]
    「ああ、ごめんごめん。
    クラス確認しようと思ってさ。
    で、名前何?」
    「み、三日月唯麻…」
    「変わった名前だね。ま、
    僕も同じくらい変な名前だけど」
    少年はそう呟くと、唯麻の名前を
    クラス表から探し始めた。
  • 6 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:22:09 [削除依頼]
    「あの、貴方の名前は…」
    「ああ…僕?鬼ヶ谷凪吏(キガヤナギリ)。
    おかしいって思うでしょ…あ、
    名前あったあった。司奴と同じクラスだね」
    どこかを指差しているが、唯麻には
    全く見えない。
    「あの…司奴って誰ですか?で、結局私は何組…?」
    「おっと、ごめん。司奴は僕の親友、君は2組!」
    凪吏は満面の笑みでそう答えた。
  • 7 灰薔薇 id:dSkEjWQ1

    2012-08-25(土) 22:29:14 [削除依頼]
    「僕は5組ね。じゃ、またね〜」
    凪吏は勝手に話を切ると、さっさと
    人混みから出ていった。
    「…何だったの?」

    クラスの黒板に書いてある座席表で、
    「司奴」という名前を探した。
    …あった。私の2つ左、窓際…。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません