雲に重なる君の声_21コメント

1  千世 id:ihGHMDt.

2012-08-25(土) 17:52:05 [削除依頼]

 『 お姉ちゃん 』
 
 その声は.私の耳に響いて消える
 
 もう 声だけじゃ嫌なのに。
 君は姿を現さない。

 遠い遠い 空からの
 君の声が 雲に重なる。

 『 お姉ちゃん 』と―


    雲に重なる君の声_

 

 

 
  • 2  千世 id:ihGHMDt.

    2012-08-25(土) 18:01:55 [削除依頼]

     『誕生日おめでとう。
      …ってわざわざ…
      空に向かって言わせないで』

      青く広がる空に向かって
      千代はつぶやいた。彩というのは.
      千代の妹であり.幽霊であり―
      双子だったりする。

      綾の声はすぐに私の耳に届く。

     『ありがとう お姉ちゃん
      だけど学校遅れるよ?』

     「えっ!!?うわっやっば!!
      学校で話しかけないでよっ!」

     
     『 了解 』


     会話しているように見える風景。


     だけど違う。

    だって綾は―
    私にでも姿を現さない

    声だけの幽霊だから―
  • 3  千世 id:ihGHMDt.

    2012-08-25(土) 18:09:19 [削除依頼]

     ―綾の声が聞こえるのは
     千代 たった一人だけ。

     どうして聞こえるのかは
     分からないし、 
     綾がどういう場所にいるのか
     疑問に思うけど.
     
     綾が幽霊なのは確かなんだ。

     そんな綾が幽霊になった理由と
     綾の声が聞こえるようになった
     あの日の出来事を…

     教えましょう―


     * 
     *
     *
    『千代―彩―!!遅れるわよ―!』

    この元気な声の主は
    私のお母さん。

     
     『はい!いってきま-す!』

    千代の一日がふつうに始まった
     ふつうの日だった。
  • 4  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 16:06:25 [削除依頼]
     
     千世は藍優です。
     もう1つ小説をつくりました。
     こっちの名前でも
     投稿します。

     登場人物

     田辺 千代 tanabe tiyo 中二

     双子の姉。しっかり者だけど
     すこしおっちょこちょい。
     綾の声が聞こえる。

     田辺 綾 tanabe aya 中二(幽霊)
      
     双子の妹。甘えん坊。
     千代が大好き。
     幽霊。


     速見 凛斗 hayami rito 中二(幽霊) 

     3年前に幽霊になったきり.
     空へ旅立つことができなくなった。
     不思議な少年。

     
  • 5  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 16:27:10 [削除依頼]

     『ねえ綾.また身長のびたね』

     「うんお姉ちゃんよりは小さいけどね」

     『そりゃそうでしょ.綾みたいに
      ふわふわキャラじゃないし』

     「そうだね」

     やっぱり綾は可愛い。
     
     私達2人は双子でもあったけど.
     性格は真逆だった。

     
     『お姉ちゃん.100円貸して?』

     このように.綾はとても甘えん坊で
     背は小さくて.ぶりっこ系。
     私は全然うざく思わないけど
     他人からみると相当うざキャラらしい。

     『無理。今日お昼代しか持ってきてないし。』

     そして千代はちょい真面目で,
     しっかり者だった。
     
     だから私達双子は学校で、
     「ぶりっこ綾ちゃんand美人千代様」と
     呼ばれていた。

     そういわれるのは
     全然気にしなかった。

     むしろ.ずっとこのままで
     いたいと思ってた―
  • 6  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 17:19:50 [削除依頼]

     事件が起きたのは
     本当に突然だった。

     綾が自.殺したのだ。

     綾と千代はクラスが
     違かった。

     だから私は綾の学校生活が
     どんなものなのか、
     分かっていなかった。

     ただ,綾はいつも笑っているから
     何とも思わなかった。

     
     『きっかけ』

     私はただそれだけ
     知りたかった。

     どうして綾が死.ななきゃ
     いけなかったのか―
  • 7  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 17:25:10 [削除依頼]

     綾が自.殺してから. 
     一週間がたった。

     千代は何度も何度も
    『きっかけ』を探り続けた。

     千代は綾のクラスメートにも
     事情を聞いた。

     何にも分かることは
     なかった―

     『綾…せめて声だけでもいいから…
      声だけでもきかせてよ…』

     千代は毎日そうつぶやいた。
     
     空に向かって。
  • 8  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 17:32:26 [削除依頼]


     その時だった。

     『お姉ちゃん.聞こえてるよ』

     私の耳に入ってきた声。

     「え…綾!!?」

     確かに今のは綾だった。
     
     「綾…?綾…!!」

     どこにいるの…?
     自.殺したんじゃなかったの?


     『お姉ちゃん。私死.んだよ。』

     「で.でも…」


     綾の声が聞こえるのに!
      
  • 9  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 17:41:15 [削除依頼]

     *
     *
     *

     あれからずっと私は
     綾の声とともに生きている。

     綾が死.んで,声が聞こえるようになって
     3週間たった。

     
  • 10 大島夏鈴 id:61xkJxm1

    2012-08-26(日) 17:46:42 [削除依頼]
    藍優さん、面白いです
    7ヶ月Badyも宜しくです。
  • 11  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 18:09:26 [削除依頼]

     『綾―!やっと学校終わったよ―』

     私は誰もいない空に向かって
     言った。

     少したって声が返ってきた。

     『うん。良かったね―
      ていうか千代.テスト完璧すぎ!』

     そうそう.今日のテスト
     私は全教科満点だった。

     「そりゃあ綾みたいに馬鹿じゃないし―」

     
     うん.綾は馬鹿だったな―
     そういうとこも天然ぽくて
     可愛いかったんだけど…

     『うわひど―い!じゃ.またね』

     「うん…またね」


     また明日
     また明日

     綾の声を聴けるのを
     楽しみにして待った。

     
  • 12  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 18:10:32 [削除依頼]

     大島夏鈴san

     そうですか!? 
     ありがとうございます。
     7か月badyも読んでみます
  • 13  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 18:15:23 [削除依頼]

     第一話『きっかけ』

     ここから始まります!笑
     少しでも読んでくれる人が
     増えるように
     頑張ります!
  • 14  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 18:19:34 [削除依頼]

    『おはよ―…』

    朝だ。
    朝が来たんだ。

    私は起きてとっさに
    お決まりの言葉をいう。

    『綾―おはよ―ん!』

    そして耳に片手をそえて
    声が返ってくるのをまつ。

    「おはよ―」

    この言葉をかわして
    私の一日が始まる。

    部屋を出て
    朝ごはんを食べるときは
    綾とはしゃべらない。

    母と父はこんなこと
    知らないから

    これは私達双子だけの
    秘密だし

    家を出て.また綾に
    問いかける

    『綾―?千代ですよ―』
  • 15  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 19:15:35 [削除依頼]

     『綾―?千代ですよ―』

     そういっても.返事がこない。
     誰もいない通学路で
     ただ一人の私。

     いつもすぐに返事をくれるのに。

     『ま―いっか』

     私は綾の言葉を聞かずに
     学校へ向かった。

     綾…どうしたんだろう

     
  • 16  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 19:20:20 [削除依頼]

     私の席は窓側で
     一番後ろ。
     
     窓を見るといつも
     綺麗な青空が広がっていて
     すごく好きで
     いつも見ていた。

     綾の姿を重ねて。

    私は今でも綾が自.殺した
    『きっかけ』を探っている。

    だって死.んでしまっても
    何も…綾は教えてくれないから


    『きっかけ…かぁ…』

    私は一人げにつぶやいた。
  • 17  藍優 id:1SaaE.T0

    2012-08-26(日) 19:31:19 [削除依頼]

     昼.千代がお手洗いに行こうとしたときだった。
     一足先に3人の女子がいた。それもなんか…
     愚痴ってる最中。

     私は教室に戻ろうとした。

     『ねえ.あいつが死.んでから
      結構たつよね.あいついつ死んだんだっけ?笑』

      
     私は耳を疑った。

     まさか…綾のことじゃないよね…

     
  • 18  \來琉.!/+ id:tIQfuo90

    2012-08-26(日) 19:36:52 [削除依頼]

    スレぉめでと-う∩´^ω^`∩

    私の事知ってますかね-!?*。

    もし違ったらごめんなさいOrz*←
  • 19  藍優 id:yQXCx2O1

    2012-08-28(火) 12:58:07 [削除依頼]

     くる/

     くるのこと知ってるよ/
     あの藍優だよ(わら
     こめありがと-!
     めちゃ嬉し-
  • 20  藍優 id:yQXCx2O1

    2012-08-28(火) 13:06:36 [削除依頼]

     彼女たちをよく見てみると
     綾が死.んだ後私が事情聴取
     した綾のクラスメートだった。

     いかにもゴツそうな3人だったから
     少しおびえながら聞いたし、
     うまく顔見れなかったけど…

     確かにあの時の3人だ。

     私は静かに盗み聞きすることにした―

     『ねえ舞花.綾の奴.屋上から飛び降りたんだってよ』

     「うわだっさ!双子のもうひとりのほうかわいそ―」

     『あはは.てかさ.双子の姉のほうさ
      綾のことなんも知らないみたいだし―』


     
      え…?どういうこと…?
      私が綾のこと何にも知らない…?

      
     『そりゃそうでしょ
      あいついっつも言ってたじゃん


      『お姉ちゃんにはいわないで』ってさ』


     

       
  • 21  藍優 id:yQXCx2O1

    2012-08-28(火) 17:55:51 [削除依頼]

     え………

     今.なんて言ったの?
     女子たちが言った言葉が
     信じられない。

     だって綾は…
     私のしってる綾は―
     いつも笑ってたもん

     
     そして千代は無意識に
     女子達の前に出ていた。

    『…綾をいじめたの?』

    とっさにそう口にしていた。
    もちろん女子達は私をにらむ。

    だから私もにらみ返す。


    「………はぁ?」
     
    強そうな相手だけど

    私が知らなかったこと。
    綾がかくしていたこと。

    全部知りたい

    『だから.綾をいじめたの?
     いじめてないの?どっち?』

    たぶん.今の私はきっと
    恥ずかしさも忘れてて
    ただ知りたいことだけを

    求めてるだけ


    「なっ意味わかんない!
     あいつが勝手に死.んだだけじゃん!」

    勝手になんて…ひどい
    自.殺したことに理由がないなんて
    ありえない。

    『死ん.だのは勝手だけど
     何か理由があるはずじゃん』
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません