▼花と恋と涙と私。13コメント

1 ゆのみ* id:/ABqHPr0

2012-08-21(火) 17:43:06 [削除依頼]




  Welcome.

 前の作品どっかいった.
 更新率やや低めでして.
 ちょこっとずつ更新します@
 ほんとにちょこっとです※

 ……見捨てないでね??、

  • 2 ゆのみ* id:/ABqHPr0

    2012-08-21(火) 17:47:25 [削除依頼]



    「これ……やんよ」

    ぶっきらぼうに言い放つと
    あたしの手に赤いキクの花を
    握らせた。

    「ありがと」

    でも、これお供えの花だよね??、
    心でそんな突っ込みをいれつつ
    笑顔で返す。

    この花の花言葉は、
    『愛しています』───。
  • 3 ゆのみ* id:/ABqHPr0

    2012-08-21(火) 17:56:11 [削除依頼]



    関上音花♀
    いつも明るく笑顔。
    涙を人に見せない。
    クラスのムードメーカー。

    関上風花♀
    音花の双子の妹で、
    音花が大好き…だと。
    おしとやかで静か。

    新平胡桃♀
    クラスのリーダー的存在。
    音花と風花の幼馴染で、
    れんとに恋をしている。

    長原魁人♂
    あまり人を信用しない。
    初めて会った人は警戒する。
    胡桃を怖がっている。

    斉藤れんと♂
    人を好まない性格だが
    慣れると人なつっこい。
    音花にベタベタ。
    猫みたいな可愛い顔していて
    かなりのイケメン君。
  • 4 ゆのみ* id:/ABqHPr0

    2012-08-21(火) 17:56:42 [削除依頼]


    主な登場人物はこのくらい
    ……だと思いますね(笑)
  • 5 ゆのみ* id:/ABqHPr0

    2012-08-21(火) 17:59:32 [削除依頼]



    「勉強する?」

    この一言でれんとと
    仲良くなれたんだ。

    「…おう」

    *

    「だから、ここはこうで…」

    れんとがあたしを見つめる。
    だんだん顔が近くなっていく。

    「何?」

    「お前、教え方上手いな」

    れんとの吐息がかかって
    くすぐったい。
    急に、あたしの体温が上昇した。
  • 6 °+*花*+° id:kJsm4HU/

    2012-08-21(火) 18:00:05 [削除依頼]
    面白そうですねっo>∀<o
  • 7 (◎・ω-。菜々〓-*+ id:5ilz.lf0

    2012-08-21(火) 18:00:40 [削除依頼]

    ゅのみchn初めまして-ッ∩ω∩*

    学プチ版で見かけてお友達になりたいなぁ
    て思ったんです//、*

    友希でス(^ω^)/

    tk.人違いだたらごめんなさい(>ω<*)/
  • 8 ゆのみ* id:z.EyDn41

    2012-08-22(水) 21:16:07 [削除依頼]


    あげ@、
  • 9 ゆのみ* id:z.EyDn41

    2012-08-22(水) 21:17:35 [削除依頼]
    >>6 花様. ありがとうございますッッ! コメントだけが命なンで♥
  • 10 ゆのみ* id:z.EyDn41

    2012-08-22(水) 21:19:35 [削除依頼]
    >>7 菜々様 学プチいましたよ-bb あ、過去形で(^ω^)← 今は小説と顔文字一筋で♥ あれれれ??、二筋?w あたくしも友達になりたいザマス← よろしくねえ@、
  • 11 ゆ の み 。 id:7ZBGxPn1

    2012-08-23(木) 08:16:06 [削除依頼]



    「あ、ありがとな」

    「え、…うん」

    「え、って何だよ」

    「れんとも言うんだと思って」

    「当たり前だろ?」

    「そっか」

    「感謝してるよ」

    「うん」

    初めてれんとと話して
    れんとは慣れると話すのかな、と思う。
    あんまり人を好まない性格。
    勿体無いと思うんだ。

    「じゃーな」

    「うん、ばいばい」

    そういって帰った、道。
    今でも忘れない。
  • 12 ゆ の み 。 id:7ZBGxPn1

    2012-08-23(木) 12:21:15 [削除依頼]


    「おはよ」

    れんとに声をかける。

    「おっおう」

    ぎこちなくあいさつしてくれる。
    私はそれが嬉しくて、れんとの
    心に一歩だけ近づけた気がして。

    「昨日はありがとな」

    「え、うん。いいよ、そんな」

    れんとから話してくれるなんて
    びっくりした。
    私に話しかけてくれるんだなって。
  • 13 ゆ の み 。 id:tuqi7rG1

    2012-08-24(金) 18:22:31 [削除依頼]



    それかられんととは
    結構話をする仲になった。

    それが嬉しくて、
    学校に行くのが楽しみになっていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません