生まれ変わっても君が好き。25コメント

1 歩夢 id:cM9/DyC.

2012-08-18(土) 12:39:23 [削除依頼]



×x...


だからね、君に好きな人がいても、
君が私を「嫌い」と引き離しても、


私は、君だけが好き。


   
     ――生まれ変わっても…君が好き。
  • 6 歩夢 id:cM9/DyC.

    2012-08-18(土) 15:25:20 [削除依頼]



    ×x...


    「陽ちゃんっ!!」


    「うわっ!?
     ……なんだ、芽実かぁ……、」


    ″焦った″とでも言うような顔で、
    私に笑顔を見せる陽ちゃん。


    …‥私の幼なじみ。


    「もうお昼だよ-。
     授業、サボったでしょ。」


    「だって、空があんまりにも青いから。」


    陽ちゃんはそう言うと、
    少し汚れた屋上にごろんっと転がった。


    そして、ピッと指をさす。


    「芽実も見てみな??
     すげぇ、きれいだから。」


    そんな無邪気な陽ちゃんに、
    どくんっと胸が高鳴った。


    勝てないなぁ、陽ちゃんの笑顔には。


    そう思いながら、
    私は陽ちゃんの横に寝そべった。
  • 7 歩夢 id:cM9/DyC.

    2012-08-18(土) 15:32:57 [削除依頼]



    ふわっと透き通る風が、
    私と陽ちゃんを包み込む。


    目の前に広がるのは、澄みきった空。


    吸い込まれそうになるくらい、
    青かった。


    「――……きれい。」


    「だろっ!!
     サボりたくなるの、分かるよな??」


    「……それは別(笑)」


    私がそう言って笑うと、
    陽ちゃんは″ですよね″なんて笑い返してくる。


    一つ一つの仕草が
    私の胸を何度も高鳴らせる。


    「ずるい。」


    「えっ。」


    「あっううん、なんでもない。」


    私だけが、ドキドキしてる。


    ただの一方通行。


    でもいつか。いつかこの気持ちが、
    君に届く。
    そんな儚い想いを胸に、
    私は陽ちゃんの隣にいる。


    ……ふり向いてくれる。


    そんな小さな期待が、君の優しさで
    一気に大きくなっちゃうんだ。
  • 8 歩夢 id:cM9/DyC.

    2012-08-18(土) 16:33:34 [削除依頼]



    「スースー………、」


    寝ちゃった。


    お日様がポカポカしてるから、
    私も眠たくなって、陽ちゃんを見た。


    そしたら、
    かわいい寝顔で私の方を向いていた。


    「ねぇ…陽ちゃん。
     今、好きな子いるの?彼女いるの?
     私のこと、どう思ってる?」


    「……………、」


    答えてくれないことくらい
    分かってたこと。


    でも、今しか聞けない。


    もし″彼女いるよ″何て言われたら、
    泣いても泣いても、おさまらなくなるくらい、
    悲しくなっちゃう。


    「私はね、陽ちゃんのこと大好き。
     見上げるほど背が高くて、
     大人っぽいんだけど、時々幼くなる。
     太陽みたいに明るい陽ちゃんの笑顔も
     ……大好き。」


    私はそっと陽ちゃんの傍まで寄った。


    そして、
    少しだけ開いた手のひらに
    自分の手をのせた。


    「陽ちゃん。」


    私が名前を呼ぶと、
    ぎゅっと手を握ってくれた。


    「っ!?」


    「パフェ〜〜〜〜っ……、」


    ………ねご、と。


    一瞬がっかりしたけど、
    握られた手を見ると、恥ずかしくなった。

    …嬉しくなった。


    【キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン、
     キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン、】


    「もう少しだけ、このままでも
     いいよ、ね。」


    私は予鈴を無視し、
    陽ちゃんに握られた手をじっと見つめ、
    重い瞼を閉じた――……、
  • 9 羽由美 id:30VqAvA0

    2012-08-18(土) 16:40:28 [削除依頼]
    んなぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!
    恋系たまらん!陽ちゃん、振りむいておくれ〜〜〜!

    あ、突然ごめんね!羽由美(はゆみ)だよ♪
    よろしく^^読者になります!
    いいですか?
  • 10 歩夢 id:cM9/DyC.

    2012-08-18(土) 17:21:48 [削除依頼]



    羽由美さん


    コメありがとうございます!!

    陽ちゃん、振り向いてほしいですよね><。

    初めまして、歩夢ayumuです^^
    読者になってもらえるなんて
    嬉しいです(涙)
  • 11 歩夢 id:cM9/DyC.

    2012-08-18(土) 17:33:18 [削除依頼]



    ×x...


    「――……んっ。」


    うっすら目を覚ました時、
    目の前に現れたのは…………、


    「陽、ちゃん??」


    「おっ芽実、起きたか。」


    私の顔を見ながらニッと笑う陽ちゃん。


    そしてその瞬間、
    屋上がオレンジ色に染められていることに
    気づいてしまった。


    「い、今何時!?」


    「ん-、俺の腹時計によると、
     6時くらい。」


    ……6時…。


    そんな寝てたんだ。


    「それより芽実。
     手――…、」


    「へっ??」


    パッと目を下ろすと、
    私は陽ちゃんの手を強く握ってた。


    「ごごごごごごめんねっ////」


    私はあわてて手を放した。


    「いや、大丈夫(笑)
     それより、そろそろかえろっか。
     …暗くなる。」


    「あっうん。」
  • 12 歩夢 id:Njkww4f1

    2012-08-19(日) 11:08:01 [削除依頼]



    ×x...


    「今日の夜ご飯なに-??」


    「んっとねぇ、ハンバ−グ。」


    「まじ!?」


    陽ちゃんは、私の家の隣に
    一人で住んでる。

    お母さんとお父さんを小さい頃亡くして、
    ご飯とかは
    私が作って届けてる。


    「でも、野菜はちゃんと
     食べなきゃだめだよ。」


    「え-……、」


    「ちゃんと野菜食べないと、
     体調壊しちゃうでしょ?」


    外から見たら、この会話
    おやこみたいだよね………。


    「芽実はか-さんみたいでうるさい(笑)」


    「へへへっ。」


    でもね、陽ちゃん。

    私陽ちゃんに元気でいてほしいの。
    風邪ひいたり、怪我したり、
    そうやって苦しむ陽ちゃんをみたくない。


    笑ってる君を、見ていたいだけなの。
  • 13 歩夢 id:Njkww4f1

    2012-08-19(日) 13:00:35 [削除依頼]



    ×x...


    「ど、どう………??」


    静かなリビングに、私の不安な声が響いた。


    毎日食べてもらってるけど、
    毎日「おいしい」って言ってもらってるけど、
    やっぱり、緊張する。


    「うまいっ!!」


    「ほんと!?…よかったぁ……、」


    一気に力が抜けた。


    陽ちゃんはそんな私を見て
    不思議そうにしながら、ハンバーグを
    口に運んだ。


    「なんでいっつも
     そんな緊張してんの??」


    「だ、だって………、」


    好きな人に食べてもらうご飯だもん。


    一生懸命美味しい物作ろうって
    がんばってるから、
    その分緊張は高まるばかり。


    「ほんとおいしい。
     芽実の飯は世界一だなっ!」


    「陽ちゃん……、」


    お世辞かもしれない。

    本当は思ってないかもしれない。


    ――…でも、うれしい。
    1日中ハッピーになる。


    それくらい、君の言葉や行動は
    大きい。
  • 14 歩夢 id:Njkww4f1

    2012-08-19(日) 13:12:51 [削除依頼]



    「じゃあね、陽ちゃん。
     また明日。」


    「おう。
     ……家まで送ろうか??」


    心配そうに私を見る陽ちゃん。


    「ははっいいよ-。
     お隣さんなんだから。」


    「…そっかそっか。
     んじゃあ、ここから見てる。」


    ―どくんっ


    「〜〜〜〜っ///」


    「芽実??」


    「ご、ごめ……っ
     じゃあね!!」


    私は赤い顔を隠す様に、下を向き、
    陽ちゃんの家を飛び出した。


    声が……言葉が……


    私の胸を騒がせた。


    この生温い風が、私の顔を
    どんどん熱くさせるようだった。
  • 15 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:03:28 [削除依頼]



    「ただいま-。」


    「………‥。」


    「って、誰もいないか。」


    お父さんもお母さんもいるけど、
    二人はよく
    遠くの方へ出張する。


    2週間とか1か月とか
    普通に家を空ける。


    「静かだな……この家も。」


    きっと陽ちゃんも、
    毎日そう思ってるんだろうな。


    そう考えると、
    私はさみしいなんて言えなくなる。


    「よし!宿題しよっ。」


    頭良くなって、
    陽ちゃんが分からない問題を、
    教えてあげたい。


    役に立ちたい。


    傍にいたい。


    ただそれだけのことで、
    わたしはこんなにもがんばれる。
  • 16 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:18:59 [削除依頼]



    蝉がミンミン鳴き続ける夏……、


    起きるのさえ
    嫌に感じてしまう……、


    それでも空は青くて、
    太陽は眩しいほどの光を身にまとい
    顔を出す。


    そして最近、


    ――陽ちゃんの行動がおかしい。


    2週間前から
    なんだか、ポカーンとしてる。


    「起きろ、芽実-!!」


    「ん…、なに??」


    「学校、遅れるよ。」


    優しい声で私は今日も起こされる。


    ……テンション高いなぁ。

    前は、私が起こしに行ってたのに。


    「陽ちゃん、なんかあった??
     …嬉しいこととか。」


    「っ!?
     ……なんで分かるの!?」


    ……当たっちゃった。


    なぜかその時、
    嫌な予感だけが私を包んだ。


    「な、なんとなく。」


    「……実は俺さ………、「あっ!!」」


    私は陽ちゃんの言葉を遮り、
    言葉を発した。


    「学校、遅れちゃうね!!
     急がなきゃ!!」


    「あ、おう。」


    嫌だった。

    もしかしたらって、
    不安ばかりが私を見つめるから……


    聞きたくなんて、ない。
  • 17 *玲乃*【mai】  id:1UrhyH6/

    2012-08-20(月) 16:23:54 [削除依頼]


    上手だね!

    『歩夢』って呼んでもいいかな?

    あたしは『玲乃』って呼んでね!
  • 18 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:28:56 [削除依頼]



    ×x...理由。


    「芽実、忘れ物した-。
     教科書貸して-。」


    「あっうんっ!!」


    陽ちゃんの異変、1.


    最近、忘れ物をよくする。


    「芽実-、暇だからはなそ。」


    「あっうん。」


    陽ちゃんの異変、2.


    毎時間って言っていいほど、
    私の教室に来ては
    「暇」と連発する。


    「芽実、あの子ってどんな子??
     教えて。」


    「あっ…うん…、」


    陽ちゃんの異変、その3.


    牧田芹菜ちゃんのことを
    やたら聞いてくる。


    ………理由。


    そんなの、決まってる。


    「芽実…俺、好きな子できた。」


    「あ………うん………。」


    なんだろ、この感じ。

    胸がモヤモヤする。
    いや、痛い、のかな………、


    とにかく、
    スッキリしない……、


    「苦しいよ……、」
  • 19 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:30:10 [削除依頼]



    玲乃ちゃん


    ありがとうございます!!
    上手だなんて嬉しいです///
    歩夢って読んでください^^

    更新がんばります!
  • 20 *玲乃*【mai】  id:1UrhyH6/

    2012-08-20(月) 16:32:15 [削除依頼]

    応援してます**

    じゃ、早速歩夢って呼んじゃいます!

    よろしくお願いします!
  • 21 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:36:40 [削除依頼]



    「う-ん、なるほどねぇ。
     あいつに好きな子かぁ……、」


    「うん……、
     私、そのせいで最近、
     陽ちゃん避けてる。
     …陽ちゃんね、私と話してる時も、
     芹ちゃんの方見てるの。」


    ″うん、うん″としか
    返事をしてくれない。


    それだけで、辛い………、


    どうして、
    私のことを見てくれないの。


    どうして、
    私には見せてくれない顔を
    あの子には見せるの。


    「失恋………、」


    「ちょっ芽実!?
     ここで泣かないでよぉ〜っ。」


    しょっぱい。


    ……レモンよりも、梅干しよりも、
    今までの涙よりも、


    ものすごく
    しょっぱいです。


    「――……陽ちゃん、」


    きっと、どれだけ君のことを呼んでも、
    ふり向いてくれない。


    大きな声で、叫んでも、
    ふり向いてくれないんでしょ??


    ――…じゃあ、
    何をしたら、振り向いてくれるの?


    お願いだから、教えてください。


    君が振り向いてくれる、方法を。
  • 22 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:37:31 [削除依頼]


    玲乃ちゃん


    応援感謝ですっ!!^^
    一生懸命頑張りますね
  • 23 歩夢 id:ouGToPV/

    2012-08-20(月) 16:39:40 [削除依頼]



    牧田芹菜 【makita serina】

    陽介の好きな子。
    ロングヘアで、清楚。


    津田茉穂 【tuda maho】

    芽実の親友。
    ショートヘアで時々姉貴肌。
  • 24 歩夢 id:ldHgxWD.

    2012-08-21(火) 16:38:24 [削除依頼]



    ×x...


    「……ただいま。」


    誰もいるはずのない家に
    私はそっと呟いた。


    「おっ芽実か!!」


    「へっ…、」


    今の声………、


    「お父さんっ!?」


    「久しぶりだな-、芽実。
     元気にしてたか?」


    ニコニコしながら、
    私に歩み寄るお父さん。


    前より
    髪が伸びてる……、


    「ん?なんか背、伸びた??」


    「ん-ん、伸びてないよ。
     むしろ縮んじゃった。」


    「ははっ
     まぁ小さいくらいが芽実らしいよ。」


    私の頭をポンポン叩きながら
    お父さんはケラケラ笑った。


    「いつ、出るの?」


    「………、明日の朝。」


    「そっか。」


    私の一言で、一気に静まるリビング。


    …明日の朝には
    もうお父さんはいなくて、
    また、一人になっちゃうんだ。
  • 25 歩夢 id:ldHgxWD.

    2012-08-21(火) 16:50:01 [削除依頼]



    ×x...


    「ん-、うまいな-。
     …なっ、陽介。」


    「秀さん(芽実の父親)、
     それ何回目だよ(笑)」


    「だって
     うまいからさ。」


    陽ちゃんと、お父さんと、私で
    今日はいつもより
    盛り上がった食事………、


    でも、
    陽ちゃんを見るたびに
    眉間にしわを寄せてしまう。


    辛い……


    「芽実、おかわり。」


    「……………、」


    「…芽実??」


    「………………、」


    「め-ぐ-み-っ!!」


    「うわっ!?なに!?」


    急に名前を呼ばれ、私は箸をおとした。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません