與啻小学校 6年1組!39コメント

1 AKIRA id:YeB3/Qf1

2012-08-18(土) 08:47:25 [削除依頼]
はじめまして、AKIRAです!

初なのでダメダメだと思いますが応援よろしくお願いします!
  • 20 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 14:35:27 [削除依頼]
    「おはよ、派手にやられたわね」
    「へへ、まあね」
    「おはよっ、さっきの見てたよ!
     あぁ、私もあんなふうに祝ってもらいたい…」
    奏音と詩歩が一緒に来た。
    どうやら見られていたらしい。
    「そんなことされたら朝からみんなの注目の的になるわよ」
    さっきの音に気が付いたのか6年1組の周りは他のクラスの人であふれかえっていた。
    詩歩もそれに気づいたみたいで、
    「あー…やっぱりイヤだわ…」
    「そうでしょ」
    「でも、あの娘達ね誰の誕生日にでもやってるみたいよ」
    奏音が横から言った。
    えぇ!?そうだったの?
    「私みたことナイけど…」
    「あたりまえよ
     だって亜姨奈の誕生日4月20日じゃない?
     亜姨奈より早い誕生日のヤツって文宏しかいないもの」
    そっか…あれ?
    「でも…」
    「文宏の誕生日の日アンタ休んでたでしょ」
    「んー…あぁ、確かに」
    文宏の誕生日は始業式の日。
    確か私は高熱をだして学校をやすんだんだったっけ。
    「ふふっ…きっと全員やられるわよ…」
    奏音が笑いながら言った。
    じゃあ私はもうないわ!やった!
    と思って目をキラキラ輝かせていると、奏音が私の方をみてクスッと笑った。
    「中学校同じだから来年もやられるわね…」
    はぁぁぁぁぁ!?
    もう、簡便!
  • 21 Lv.35 円環の幽者はるみ君装備:M134 id:q5H7EuU.

    2012-08-18(土) 14:39:25 [削除依頼]
    わかんね〜な〜?
    いじめじゃないよなぁ?
  • 22 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 14:51:27 [削除依頼]
    いじめでもナイねぇ…
  • 23 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 15:10:05 [削除依頼]
    …放課後、6年1組の教室。

    「はぁ〜あ、今日もつかれたわ〜」
    まじで6時間授業とかありえねー。
    「じゃあ今日も行く?アニメイト」
    そう聞いてきたのは魅羅。
    魅羅はアニメイトが大好きでアニメイトの店員さんとも仲良しなのだ。
    「行きたいけど、今金欠気味でさ…」
    「じゃあ行くだけ!何も買わない!」
    「うん!じゃあ行く!」
    ふふふ、やったー!
    「私も行く」
    諏訪が静かに言った。
    「え〜、どーしよっかなぁ〜」
    魅羅がいじわるっぽく言う。
    魅羅は最近、諏訪をいじるのがマイブームなのだそうだ。
    「魅羅〜可哀そうだよ」
    「えへへ、嘘だよ〜
     ダメな訳ないでしょ〜」
    今度は可愛く言った。
    「わかってる」
    おいおい…。
    ちょっとぐらい反応してあげてよ〜。
    「少しぐらい反応してよ〜
     じゃないと名前で呼んじゃうよ〜」
    「やめて…
     私、自分の名前気に入ってないから…」
  • 24 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 15:11:02 [削除依頼]
    変なところできっちゃった…
  • 25 Lv.35 円環の幽者はるみ君装備:M134 id:q5H7EuU.

    2012-08-18(土) 15:19:25 [削除依頼]
    いいな〜アニメイト行きたいなぁ〜
  • 26 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 15:31:34 [削除依頼]
    「なんでよ〜
     瑠歌って可愛いじゃん!」
    私もそう思うんだけどなぁ…
    「可愛いから嫌なの!」
    あぁ…そーゆーこと。
    諏訪、可愛いの嫌いなんだ。
    「ふ〜ん…」
    魅羅は興味なさそうに言った。
    「まぁいいや!
     さ、早く用意して行こっ!」
    「そうね」
    「うん!行こう」
    そう言って行こうとした瞬間…
    「うるせーんだよ、アニオタ共」
    なっ!
    「はぁ?」
    私は思いっきり顔をゆがめて言った。
    「なんだその顔は?
     そんな顔してるから黒き集団なんて言われるんだよ!」
    ったく…またかよ。
    コイツは谷田大地。
    私達がこういう話題で盛り上がっていると絶対に茶々をいれてくるウザイやつ。
    私はコイツが大嫌い。
    「テメェにはカンケーねぇだろうが!
     サッカーバカのお前にいわれたくないわ!!!」
    「はぁ?
     誰がサッカーバカだこの野郎!」
    「そこにいるじゃねぇか!
     自覚しやがれバーーーーーカ!」
    「バカとはなんだ!少なくともお前よりはバカじゃねーよ!」
    「はぁ?
     私がお前よりバカな訳ないだろうが!ふざけんな!」
    「ぜぇぜぇ…」
    「ぜぇぜぇ…」
  • 27 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 21:45:04 [削除依頼]
    はぁ、はぁ…。
    クソ野郎。
    「はいは〜い、そこまで〜」
    「亜姨奈おさえて」
    諏訪と魅羅が私を谷田から引きはがした。
    「まだ言い足りないわ!」
    この溜まったストレス、ここで発散させちゃるわー!!!
    また谷田にとびかかろうとしている私に諏訪が、
    「このまま続けてもいいけど、アニメイトにつれてかないわよ」
    「…やめます」
    「よろしい」
    く、くそ…。
    諏訪…アンタ恐ろしいよ。
    「ははっ!ザマァミヤガレ!」
    「ああん?テメェまだやる気か?」
    「亜〜姨〜奈ぁ?」
    諏訪が恐ろしい顔で私のことを睨んでいる。
    ひぃぃ!!!怖ぇぇぇぇ!!!
    「す、すいませんっ!
     ということで大地くん!この続きはまた明日ということで」
    「は?ま、まて!」
    とりあえず諏訪が怖いので谷田との喧嘩は一時中断することにした。
  • 28 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 23:03:13 [削除依頼]
    「ったく亜姨奈はぁ
     いつもいつも…何回言ったらわかるのよ」
    私はアニメイトに行く途中に諏訪に説教されていた。
    「だからゴメンってば!」
    「その言葉もう何回も聞いたわ」
    「いやぁ…その、ガチですいません」
    「…ふん、もういいわ」
    ほっ
    諏訪の表情が元に戻ったわ。
    よかったぁ…。
    「もー、谷田と亜姨奈ったらラヴラヴなんだから〜」
    なっ!み、魅羅何を…
    「ど、どこがラヴラヴなのよっ!」
    「照れちゃってぇ〜
     亜姨奈はもうリア充になっちゃうの?
     魅羅さみしいゾ〜」
    「…」
    これは絶対からかってる…。
    魅羅が自分のことを「魅羅」と呼ぶときはからかっている時かふざけている時だからだ。
    よし。
    こういう時は無視しておこう。
    関わるとロクなことがない。
    「無視しないでよ〜」
    「…」
    「…」
    諏訪も黙った。
    「わかった〜
     もう言わないから黙るのやめて〜」
    「…」
    「…」
    「いやぁ〜」
    そんなことをやっているうちにアニメイトについた。
  • 29 AKIRA id:YeB3/Qf1

    2012-08-18(土) 23:14:41 [削除依頼]
    「はぁ〜おもしろかったぁ〜」
    「ホント、見てるだけで幸せな気分になれるわ」
    「私は欲しいものが手に入ってラッキーだったわ」
    私と魅羅は見ているだけだったけど、諏訪は大量に初音ミクのポスターやらなんやらを買っていた。
    きっと、さっきイライラしてたからストレス解消のために買ったんだろう。
    今日はボカロのアイテムが全て半額だったから。
    「るんる〜ん♪」
    諏訪…ちょっとキモイわ…。
    でも、心の中で思うだけにしておこう。
    言ったらアニメイトに行く前のあの不機嫌な諏訪に戻っちゃうからね。
  • 30 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 20:53:10 [削除依頼]
    話すところ誰が言ったのかわからないんで、「」の前に名前つけます

    ↓こんな感じ
    亜姨奈:「あはは〜」
  • 31 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 21:01:21 [削除依頼]
    う〜ん…
    なんか自分で最初から読んでみたけど…
    あんまりおもしろくないなぁ…

    誰かアドバイスください!!!
  • 32 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 21:38:00 [削除依頼]
    1ヶ月後…。
    私は退屈な日々を過ごしていた。
    はぁ…。
    つまらない、なんてつまらないんだ。
    何か刺激的な出来事はないだろうか…。
    梨子:「亜姨奈ちゃん、おはよ〜」
    亜姨奈:「ふわぁぁぁ、おはよ梨子」
    私はあくびをしながら言った。
    梨子:「眠そうだね
        まぁ、最近はずっとこんな感じだけど」
    亜姨奈:「気にしないで…」
    麗那:「なんだ、夜更かししてるのかぁ?」
    私と梨子がしゃべっていたら麗那が割り込んできた。
    亜姨奈:「まぁ、それもあるかもね…」
    麗那:「それもあるかも!?
        じゃあ、他のことでもあるのぉ?
        ねぇ!そうだよねっ!何なの?教えてよっ!
    …うるさいなぁ。
    そんなのどうだっていいだろ。
    私は梨子としゃべっているんだ、割り込んでくるな。
    …というのは心の中で思うだけにして…
    亜姨奈:「麗那…」
    麗那:「うん?」
    私は少し間をおいて言った。
    亜姨奈:「…うるさい」
    麗那:「もう!そんなこと言って誤魔化さないでよ!」
    誤魔化してないし…。
    てゆーか何でアンタに教えなくちゃならないんだ。
    ったく、やっかいなやつに捕まっちゃったもんだわ。
    んー…どうやったらコイツを私から引き離せるのだろうか。
    私がこうやって麗那を引き離す方法を考えている時にも麗那は横でしゃべっている。
    麗那:「ちょっと亜姨さん!聞いてんの?
        ねぇ!無視してるでしょ!!!ねぇ!ねぇったら!!!」
    陣夜:「だぁぁぁぁ!!!  
        うるさいんだよ!千崎!!!」
    わっ!びくったー…。
    つか、お前の声の方がデカいから…。
    麗那:「…っ!
        あ、あんたの方がうるさいわよ!!!」
    陣夜:「お前はぐちぐちぐちぐち…
        ホントにしつこいんだよ!!!!!!」
    よっしゃ!
    麗那が陣夜の方に行った!
    これで解放されたわ。
    陣夜、ありがとな! 
  • 33 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 21:56:20 [削除依頼]
    麗那:「しつこいって、あんたには言ってないでしょ!
        関係ないんだから黙っててよ!」
    陣夜:「はぁ?俺にも関係大有りだから
        勘違いしてんじゃねぇ」
    麗那:「どこがあんたに関係大有りなのよ!
        まるっきり関係ないじゃない!」
    ギャアギャアギャー
    あの2人、まだやってる…。
    かれこれ10分、2人はまだ言い合っている。
    うるさいったらありゃしない。
    誰かとめてくれないだろうか…と考えていると、
    大地:「お前な〜にぶっさいくな顔してアイツらのことみてんだよ
        …あ〜、もしかして千崎うらやましいな〜とか
        思ってたりしちゃってる〜?」
    な、何ぃ!?
    この野郎…しばいちゃるわー!
    …っと、いけないけない。
    ここで私が挑発にのったらまたうるさくなる。
    無視だ、無視。
  • 34 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 22:06:52 [削除依頼]
    読んだら変な感じだったんでちょっと訂正

    大地:「お前な〜にぶっ○いくな顔してアイツらのことみてん
        だよ〜」
    や、谷田!
    ぶ、ぶ○いくだとぉ?
    確かにぶ○いくだけどそんなにはっきり言わなくたっていいじゃん!
    …っと、ダメダメ。
    そんなこと言ったらまたうるさくなる、無視無視。
    大地:「あ〜、もしかして…。
        千崎うらやましいなぁとかおもってたりする?」
    な、何ぃ!?
    そんな訳がないだろう!!!
    …っと、いけないいけない。
    ここで挑発にのってしまったら、またさらにうるさくなる。
    無視だ、無視。
  • 35 AKIRA id:aK4Nt.y/

    2012-08-19(日) 22:08:45 [削除依頼]
    ぶ○いくのところなのですが
    普通にやると
    「悪口を書き込むところではありません」
    みたいな感じになるので「さ」のところを○にしています
  • 36 AKIRA id:JFTwu5l.

    2012-08-21(火) 14:55:14 [削除依頼]
    大地「…お〜い」
    しつこいなぁ…。
    いいかげん諦めなさいよ。
    亜姨奈「…」
    大地「亜〜姨〜奈〜ちゃ〜ん?」
    ゾクッ…
    気持ち悪っ!
    亜姨奈「…」
    うぅ〜。
    誰か助けてくれ〜…。
    大地「無視すんなー!」
    ベシッ!
    亜姨奈「痛っ!何すんのよ!」
    大地「や〜っと口きいた」
    はっ!
    し、しまった。
    やっちゃった。
  • 37 AKIRA id:JFTwu5l.

    2012-08-21(火) 14:56:20 [削除依頼]
    :いれるの忘れてた…
  • 38 AKIRA id:JFTwu5l.

    2012-08-21(火) 14:58:45 [削除依頼]
    この小説やめます!
    この後思いつかないんで…
    勝手につくったのに勝手にやめてすいません!
  • 39 アシベ 新!停滞し日々回転す id:Q3LMifx1

    2012-08-23(木) 07:22:10 [削除依頼]
    (°д° ・・・


    キャラクターは作られているからよしとして。
    ジャンル、世界観、起承転結はスレを作る前に考えるのをおすすめします。
    ジャンルは恋愛、ギャグ、シュール、恐怖、サイコ、バトル、ファンタジー、SF等色々あり、組み合わせることもありです。
    ジャンルによって見る人もいるので(好きなジャンルと苦手なジャンルが人による)、そこは1pか2pに書いた方がいいです。
    世界観は雰囲気。
    起承転結はストーリーの流れを組むのに欠かせません。

    それらを踏まえて、また挑んでみて下さい。

    長くなりました。

    ではのすい
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません