敬語少女に要注意!!23コメント

1 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

2012-08-11(土) 00:33:12 [削除依頼]
これは、私が自分のpcでちまちまと
製作しておりました、小説でございます。

多少読みにくかったりするかも
しれません。
あいにく、文才が無いもので…。

でも、温かい目で見守って頂ければ
幸いです。

*****************

主人公 如月綺(きさらぎあや)
中学1年生
    常に敬語。
    親友に対しても敬語を使う。
    吹奏楽部所属。
    
  • 4 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 20:12:16 [削除依頼]
    ごめんなさい、違います…

    でもでも、これも何かの縁だと
    思って仲良くしてください^^
  • 5 なぁにゃ id:ErEZRR00

    2012-08-11(土) 20:15:08 [削除依頼]
    こんにちは☆
    変な名前ですいません゚(゚´Д`゚)゚
    「なぁちゃん」とかで読んでください(*´∀`*)
    とても面白いですね♪
    続きが気になります!
  • 6 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 20:21:51 [削除依頼]
    着替え終わって、一階に行くと、
    いつも通り叔母さんが朝食を用意して
    くれていた。
    …ありがたい………

    『おはようございます。』

    叔母さんよりも早く挨拶する。
    育ててもらってる身としては当たり前
    かなと思って、ここに来た日から
    続けている。

    「あら、綺ちゃん。おはよう!
     ちょっと待ってね。もう少しだから
     あ、顔洗ってらっしゃい!」

    『…?はい』

    叔母さんが私の顔を見て笑う。
    ……?寝癖でもついてるのかな。


    顔を洗って、胸まである髪の毛をとく。

    『別に、いつも通りでいいですよね』

    入学式だからと言って、オシャレする
    つもりはない。

    変に頑張っても、可笑しいだけだ。

    「綺ちゃ〜ん!朝ご飯食べちゃって〜!」

    『はーい』

    ……………あ、緊張してきた
  • 7 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 20:25:37 [削除依頼]
    なぁちゃん^^

    可愛い名前ですね^^
    続きが気になるなんて………///////

    マジでありがとうございます!!
    更新スピードは亀より遅いですけど、
    よろしくです!
  • 8 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 21:32:10 [削除依頼]
    『……っ、何故、味わって食べていた
     だけなのに遅刻寸前に、……なる…
    んでしょう………』

    叔母さんのご飯を味わって食べる。
    当たり前の事をしていただけなのに
    何故、遅刻寸前なんだ。


    猛ダッシュして、結局8時23分に
    校門を通過した。

    『ていうか、何処に行けば……?』

    ギリギリに到着したから、ここには
    誰もいない。
    さすがに、入学式に遅刻はないか……
    と自分の愚かさを呪う。
    …その時。

    「……新入生?」

    腰パンのチャラ男に声をかけられた。

    『……………』

    チャラ男は、楽器を持っていた。
    その容姿からは想像出来ない。
    …吹奏楽部に入ってるとか……

    「お〜い?入学式遅れるよ?新入生
     さん?」

    チャラ男さんが顔を覗きこむ。

    『!?…ど、何処に行けばいいんですか ?』

    「あぁ、体育館ですwついてきて」

    そう言って、チャラ男さんは、
    私の手を引っ張った。

    『(これは、ついていくじゃなくて
     つれていくですよね……)』
  • 9 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 21:46:31 [削除依頼]
    「新入生の皆さん、ご入学、 
     おめでとうございます。
     このたびはー………」

    聞かなきゃいけないはずの会長さんの
    挨拶。
    だけど、私の頭はチャラ男さんのこと
    でいっぱいでー…。

    顔を覗きこまれた時に見た、整った
    顔。

    手を引っ張られた時に感じた、チャラ
    男さんの体温。

    微かに香った甘い匂い。

    『(まだ掴まれた手が熱い………)』

    あの後、チャラ男さんは、体育館の
    新入生の列まで送ってくれた。

    “じゃあ”と手を振って、走って何処か
    に行ってしまった。

    『(名前…聞いとけば良かった)』

    「…新入生、起立!」

    大きな声が体育館に響きわたる。
    ボーッとしていた私も思わず立ち上がった。

    「新入生、退場!」

    まず、1.2組から。
    次に3組、4組と出ていく。

    私の組が退場する時。

    後ろの端の方に、吹奏楽部が見えた。

    『(そういえば、入場のときもなんか
     なってたな……)』

    もしかしたら、あの中にチャラ男さん
    がいるのかな?

    無意識に、あの人を探す。
    でも、簡単には見つからなくて。

    気づいたら、体育館を出ていた。
  • 10 ちぃ♪ id:IEbSVVb0

    2012-08-11(土) 22:00:35 [削除依頼]
    「では、新入生の皆さんは、自分の
     クラスに行って下さい」

    学年主任みたいなお爺さんが、
    皆に指示を出す。

    自分のクラス…5組だっけ?

    ……………場所知らん………

    皆は知っているのか、そそくさと
    行ってしまう。

    誰が5組か分からなくて、誰について
    行けばいいのかも分からない。

    どうしようか…と考えていると、
    前方から、元気そうな子が走ってきた。

    「貴方、5組の人!?」

    『えっと、そうですけど……』

    「そっか!じゃあ一緒に行こ!!!」

    彼女は、そう言って私の手を掴んだ。

    名前も知らない人。
    もしかして、私が困ってるって知って
    来てくれたのだろうか?

    『あの…貴方の名前……』

    蚊の鳴くような声で訪ねる。

    …私の悪い癖だ。
    緊張すると聞こえるかどうか
    分からない声で喋るようになる。

    そのせいで、言いたいこともろくに
    言えずに、友達を失った。

    この子ともそうなるのかな?と考えて
    しまう。

    「うちの名前〜?うちは佐藤望!
     京都から来てん!」

    ………聞こえていたのかな。
    彼女……佐藤さんは明るく笑って
    自己紹介する。

    今までに見たことのないような人に
    思わず、笑みがこぼれた。
  • 11 ちぃ♪ id:KTui3mo1

    2012-08-12(日) 00:46:50 [削除依頼]
    教室に着いて、暫くすると担任が
    入ってきて自己紹介を始めた。
    担任は、暑くもないのに、一人汗だく
    だった。


    「綺〜っ!!!一緒に帰ろっ!!!」

    望ちゃんがすごい勢いで私に飛び付く。

    教室に着いた時、ありがとう、佐藤さ
    んって言ったら
    「佐藤さんとか他人行儀な呼び方はダメ!!!」
    って何故か叱られた。

    『良いですよ。でも、望ちゃんの
     家は何処ですか?
     もしかしたら逆方向かもしれませんよ』

    「ん〜?まぁ、大丈夫!!綺の家はどこ?」

    『えぇと、図書館の近くですかね…』

    「そっか!!じゃあ同じ方向だ!!
     帰ろ!!」

    望ちゃんはそう言って、私の手を握る。

    『(何だか今日は、手を掴まれてばっかり)』


    他愛もない話で盛り上がっていると、
    もう家の前まで来てしまった。

    ここが家だと告げると望ちゃんは、
    別れるの寂しいね!と言って笑った。

    ちょっとだけ立ち話をして、望ちゃん
    は帰っていった。

    この日、友達と話すのはこんなに楽しいこと
    なんだって初めて気づいた。
  • 12 ちぃ♪ id:KTui3mo1

    2012-08-12(日) 01:19:35 [削除依頼]
    夕飯は、いつもより豪華だった。
    何故?と聞くと、叔母さんと叔父さん
    は、笑顔で

    「「入学祝だ(よ)」」

    と答えた。
    思わず、私も笑って、ありがとうと
    小さく言った。
  • 13 ちぃ♪ id:KTui3mo1

    2012-08-12(日) 01:38:18 [削除依頼]
    『あ〜…さっぱりしましたぁ…』

    お風呂から上がって、直行でベッドに
    飛び込む。

    エアコンがガンガンに効いてる部屋は
    火照った体には最高の場所だった。

    『明日からもう6時間授業………
     キツくて死んじゃいそうです』

    入学式の次の日から6時間授業。
    普通は4時間じゃないのか。
    少々、そんな不満も抱きながら、
    明日の用意をする。

    中学の教科書は、小学校より分厚い…
    気がする。
    社会なんて、資料集に地図帳、教科書
    に………

    とにかく持っていくものが多い!!!

    これは、当分、接骨院にお世話に
    なりそう…と呟いて、ベッドに横に
    なる。

    『……あのチャラ男さん、もしかして
     吹奏楽部なのでしょうか……?』

    楽器を持ってたから、そうだとは思う
    けど。

    ……確かあの楽器はト、ト、ト
    トロンボーン………だったかな?

    見た目バズーカのあの楽器。

    意外だ、あのチャラ男さんが
    吹奏楽部で真面目に活動してるなんて。
  • 14 sieru id:XjmjUON.

    2012-08-12(日) 12:41:42 [削除依頼]
    超面白いです!
    実は僕も吹奏楽部でトロンボーンですよ(笑)
    これからも読みます!頑張ってください!
  • 15 ちぃ♪ id:KTui3mo1

    2012-08-12(日) 19:48:20 [削除依頼]
    sieruさん

    そうなんですか!
    実は私もですww

    メインの楽器に悩んでて、
    それなら自分がやってるやつでいいじゃん!
    みたいな感じでトロンボーンになりましたw

    これからもよろしくお願いします_(._.)_
  • 16 ちぃ♪ id:KTui3mo1

    2012-08-12(日) 20:04:12 [削除依頼]
    『吹奏楽部…ですか…何か、楽しそうですね…』

    音楽を皆の手で作り上げるのが楽しそうなのか。

    それとも、

    あの人に毎日会えるのが楽しそうなのか。

    何が楽しそうなのか分からないまま、
    突然襲ってきた睡魔に負け、目蓋を閉じた。
  • 17 ちぃ♪ id:37HhjAr.

    2012-08-17(金) 09:14:27 [削除依頼]
    「今日から部活の仮入部が始まります
     先輩方に失礼のないようにして下さい」

    担任が各部活の活動内容やら、
    部活動活動費のことが細かく書かれた
    紙を配って、そう言った。

    『(仮入部期間・・・どの部活に行こう?)』

    周りの人達が、担任の話を聞かないで
    どこにいくか話している。

    『(興味のある部活は全部行っとこ)』

    興味のある部活・・・運動系以外だ。

    運動するのは嫌だし、夏なんて
    暑くて耐えられない。


    そんなこんなで、部活の仮入部期間が
    始まった。
  • 18 sieru id:NJ3EoBo.

    2012-08-17(金) 12:05:08 [削除依頼]
    おお!続き!面白いですねやっぱり!
    ≫15
    トロンボーンなんですか?同じ(笑)
    頑張ってくださいね
  • 19 ちぃ♪ id:37HhjAr.

    2012-08-17(金) 15:17:27 [削除依頼]
    面白いだなんて//////
    ありがとうございます!!!

    読んでくださって
    ありがとうございます^^

    これからもよろしくお願いします(∩´∀`@)⊃
  • 20 *玲乃*【mai】 id:3GSkPce/

    2012-08-17(金) 15:31:31 [削除依頼]

    頑張って♪
  • 21 ちぃ♪ id:/qP1kou0

    2012-08-20(月) 20:58:20 [削除依頼]
    玲乃さん

    ありがとうございます!!
    こんな駄作ですが
    これからもよろしくお願いします_(._.)_
  • 22 ちぃ♪ id:/qP1kou0

    2012-08-20(月) 21:20:11 [削除依頼]
    今日から、仮入部期間―…。

    どんな部活なのか分からない
    私達1年生の為に、3年生の先輩方が
    自分達の部活紹介をすることになり、
    1・2時間目が潰れた。

    「まずは、陸上部です。お願いします」

    陸上部の人達が出てくる。
    だけど、私は陸上部を見ていなかった。

    1年生の列の前に並んでいる
    吹奏楽部に全神経を注ぐ。

    『(やっぱり、吹奏楽部かっこいいです…)』

    ちなみに言うと、吹奏楽部全体を
    見ている訳ではなかった。

    『(パートで1人なのでしょうか?)』

    真剣にあの、“チャラ男”さんを見る。

    「…何なに?如月ちゃんはチャラ男が
     好みなの???」

    急に望ちゃんに声をかけられる。

    『い、嫌々、そういう訳じゃないですよ、』

    “ただ……”
    と言って、そこで言葉を切る。
    望ちゃんはその言葉の続きを期待して、
    キラキラ輝いた目で私を見つめる。

    ……そんなに期待されると
    言いにくいじゃないですか…。

    『まぁまぁ、部活動の紹介を
     見ましょう。』

    無理矢理話を終わらせて
    前をむく。

    後ろから望ちゃんの視線を
    感じるけど、気にしない。気にしない。

    ……でも、チャラ男さんを見ると、
    無意識のうちに目で追ってしまう。

    何なんでしょう?
  • 23 ちぃ♪ id:luyy28z1

    2012-08-30(木) 20:02:06 [削除依頼]
    1・2時間目はすぐに終わって、
    今は教室。

    「なぁなぁっ!!綺ちゃん、綺ちゃんは
     仮入部、どこ行くん??」

    後ろの席の望ちゃんが声をかけてくる。

    ・・・今は先生の話を聞かなきゃいけな
    いんですけど・・・・・・

    『外でやる部活以外で、興味のある
     部活に行きますよ。
     望ちゃんはどこに行くんですか?』

    ・・・ごめんなさい、先生。
    貴方の話は重複してるし長いしで、
    聞く気が失せてしまいました・・・。

    望ちゃんは、私が素直に答えたことに
    多少驚きながら、言葉を返した。

    「うちは、剣道部や!!
     ずっとやっててん!!剣道がやりたく
     てここに来たんやで!!」

    『剣道部・・・
     そういえば、さっきの部活紹介で
     一番目立ってましたね』

    そう返すと、望ちゃんは、笑って頷く。
    そんなに剣道が好きなんだ・・・。

    やっぱり、好きなものがあるって
    いいですよね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません