君と、もう一度。8コメント

1 六花  id:n5dW4yO1

2012-08-10(金) 14:27:02 [削除依頼]


もし、あの時君の気持ちに応えていれば、
こんなに辛い思いをしなくてすんだのかな?

今さら遅いかもしれない。

だけど、私は君ともう一度...


君と、もう一度。/ 六花
  • 2 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 14:46:43 [削除依頼]


    ○人物紹介

    倉持直(クラモチナオ)
    ▼Girl

    藤井ハルキ(フジイハルキ)
    ▽Boy

    如月美晴(キサラギミハル)
    ▼Girl

    本橋郁恵(モトハシイクエ)
    ▼Girl

    中島陽介(ナカジマヨウスケ)
    ▽Boy
  • 3 綾那 id:1J.EVOE1

    2012-08-10(金) 14:48:53 [削除依頼]
    更新頑張って^^
  • 4 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 16:17:46 [削除依頼]


    綾那さん

    初コメありがとうございます★!
    すごく嬉しいです♪

    はい、頑張ります*^^*
  • 5 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 16:33:22 [削除依頼]


    「直、おはよ!」

    「郁恵、おはよ」


    倉持直、14歳。この春、中3になりました!

    中3といったら受験だけど、
    私はまだ受験モードになっていない。


    「直って朝は静かだよね〜」

    「朝はって、昼間はうるさいってこと?」

    「そういうこと〜!」


    郁恵は、私の大切な友達。明るくて元気で、面白い!
    だけど、男子がいると大人しい真面目キャラになる♪


    「美晴は?」

    「やだなぁ〜
     美晴は朝からハルキ君と朝からラブラブだよ〜」

    「あ、そっか」


    美晴も私の大切な友達。郁恵と私と違って
    優しくてふわふわした女の子。

    すっごい性格が良いから、女子からも人気があって
    男子からもモテまくり。

    まったく、羨ましいよねっ!
  • 6 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 16:44:31 [削除依頼]


    「美ー晴っ!」

    「わっ
     ビックリしたぁ」

    「おはよ」

    「おはよ! 直、郁恵」


    わぁ、朝から美晴の笑顔見ると癒されるぅ…


    「こら、直。顔が歪んでるから」

    「ゴメン、美晴の笑顔に癒されてた」

    「えっ?」


    美晴はホントに可愛い。

    目がキラキラしてるし、まつ毛長いし、鼻は高いし…
    髪は少しクセ毛のボブ。


    「直だって、可愛いよ?」

    「美晴に言われると超嬉しい!!」

    「お世辞だよ、お世辞♪」


    郁恵のヤツ…
    ケラケラ笑いながらぁ!!
  • 7 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 16:51:10 [削除依頼]


    「朝からハルキ君とラブラブしてきた?」

    「あっ
     郁恵ってば、私が聞きたかったことを!!」

    「えっ、いや、ぁの……」

    美晴の白い肌がどんどん赤く染まっていくのが分かった。
    キャ、美晴可愛い!!

    「ハルキ君が……手、繋いでくれた///」

    ハルキ君って、可愛すぎるでしょ!!

    「良かったね、美晴♪」

    「ホント、美晴の幸せは私達の幸せだよ」

    美晴は相変わらず真っ赤な顔をしていたけど、
    すごく幸せそうに笑っていた。
  • 8 六花  id:n5dW4yO1

    2012-08-10(金) 17:00:06 [削除依頼]


    「直、おはよ」

    「あ、ハルキおはよ」

    コイツ、藤井ハルキが美晴の彼氏。
    ハルキと私は幼馴染で、よく話す。

    ハルキは、クールな性格だけど、心を開いた相手に対しては
    普通に笑ったりする。

    「そういえば、聞いたよ!」

    「何をだよ?」

    「朝から美晴と手繋いで登校したんだって〜♪」

    私がそう言うと、ハルキは美晴と同じように顔を
    真っ赤にした。
    二人とも、可愛いなぁ。

    「美晴、言うなって言ったのに…」

    ハルキは口を尖らして恥ずかしそうにボソボソ言った。

    「彼氏との出来事なんて話したいに決まってんじゃ〜ん!!
     私だったら絶対話すもん」

    「お前に彼氏なんていないだろ」

    ハルキは笑いながら言った。
    ふんっ! 
    いつか私だって素敵な恋して彼氏作ってやるんだから!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません