黒猫ハピネス〜少しの幸福と変わらない日常〜6コメント

1 夕闇オレンジ id:fhv0ux2/

2012-08-09(木) 19:35:06 [削除依頼]
今日も俺はにゃあ、と鳴く。
気味が悪いといわれようが、
不幸だと言われようが、
今日も明日もにゃあ、とただ鳴きつづける。
人々からさけずまれる日常は変わらない。
ただひとつ、俺がもらった『幸福』の名に恥じないように。
赤い首輪についた小さな小さな鈴をチリン、と鳴らしながら、
今日も変わらず生きていく。

黒猫パピネス〜少しの幸福と変わらない日常〜
  • 2 夕闇オレンジ id:fhv0ux2/

    2012-08-09(木) 19:44:44 [削除依頼]
    あいさつ
    ほそぼそと小説を書き綴る夕闇オレンジです。
    ご存じない方、はじめまして。
    この小説に目を通してくれるだけで、天使です。
    ご存じの方、こんにちは。
    この小説も読んでくれるなんて神様です。

    さて、この小説は黒猫のほんのささいな日常のお話です。
    黒猫のパピネスの目線で物語が進んでいきます。
    目を通していただけたら、嬉しいです。
    楽しんでいただけたら、もっと嬉しいです。
    実はこのお話を書くので一番困ったのは…
    ハピネス君の一人称だったりします……

    まぁ、そんな話は置いといて、というか吹っ飛ばして……
    どうぞ物語をお楽しみ下さい!
  • 3 わっふる id:8qDu6e6.

    2012-08-09(木) 19:49:10 [削除依頼]
    主人公が、猫!これは面白そう。
    続きがんばって!
  • 4 夕闇オレンジ id:fhv0ux2/

    2012-08-09(木) 20:00:29 [削除依頼]
    0.【始まりの音】
     いつ止むのか全く分からない雨が降り続いていた。交差点の人通りはいつものにぎやかなものから一転して、少ない。人々の足どりは重く、傘から水滴がぴちゃん、ぴちゃん、と落ちていく。
    すぐに水滴は固いコンクリートの上に水滴をつくり、うす暗い空を映し出した。
     その交差点の本当の本当に隅のところに、ひとつの段ボールが置いてある。その段ボールも今日の雨で少しよれよれになってしまっていた。周りに建物の屋根はあるものの、雨の全てを防ぐことはどうやら不可能らしい。
    ぴちゃん、と屋根から水滴が落下して、段ボールの中の『彼』のほほに落ちた。
     彼はそれに気づいて少し体を起こさせると、首元の小さな小さな鈴がチリン、と音をたてる。
    雨の音に消されて周りの人間には聞こえていないらしい。
    『彼』はその黒い毛なみを震いたたせて、水滴を振り払った。そうしてその小さな口を開いて、何かを訴えるように鳴いた。
    にゃ〜お……
    ざーざー降り続く雨の中、誰もその存在には気づかない。
    『彼』の名前はハピネス。
    『幸福の黒猫』である。
  • 5 夕闇オレンジ id:fhv0ux2/

    2012-08-09(木) 20:03:02 [削除依頼]
    >3 オレンジ、がんばるのだ! いや、がんばります!
  • 6 夕闇オレンジ id:fhv0ux2/

    2012-08-09(木) 20:26:33 [削除依頼]
    1.【悲しき心の音】
     俺の名は『ハピネス』。英語で幸福を意味するらしい。不幸の象徴として存在する俺たち『黒猫』には、あまり似合わない名前だと思った。
    しかし、『あいつ』があまりにも嬉しそうに笑うから、それでもいいかと思ったほんの少しの心であった。
     今日の天気はあいにくの雨、寝床としての段ボールも、もうすぐよれよれになって、役にたたなくなってしまうのだろう。
    『あいつ』との思い出がひとつずつこぼれ落ちていく。全てが嘘だったかのように、なくなっていく。
    「おや、黒猫さん。雨宿りですか?」
    俺はその声に振り向く。チリン、とゆっくりと鈴の音が響いた。目の前にいたのは、白い毛なみに青い瞳をもつ猫だった。黒い毛なみに黒い瞳をもつ俺とは全く違う猫。
    その猫も鈴の首輪を着けていて、動く度にチリン、と音を鳴らす。
    「あなたはどこの家の猫なんですか?」
    俺は別に、とそっけなく答える。
    どこの家もなにも俺には帰るべき場所すらないのだから。
    「でも、あなた、首輪をつけてるんですから飼い猫でしょう?」
    確かにそんな時もあったな、ともう遠い記憶を呼び覚ます。しかしそれは途中で止めた。今の俺には関係のないことだ。
    「俺はただの……野良猫だ」
    それが今の俺の全て。
    ただの野良猫で。
    ただの黒猫で。
    『ハピネス』という名を持つただ一匹の黒猫だ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません