夕陽が沈む頃、君は21コメント

1 姫椿 id:RO3jaUN/

2012-08-05(日) 16:48:05 [削除依頼]
どうもです^^
姫椿と言います。

前かいてた三作品は完結させようとしています。
夏休みはこの小説を書いていこうと思います。

この作品で七作品目ですが、
姫椿は文才が無いので、
誤字脱字など多いですが、
おおめに見て下さい<(_ _)>

後、この小説は今まで描いていた、
生徒会ものでもなく、歴史ものでも
なく、
恋愛系もちょっと混じった、
学園サスペンスのシリアスです。

サスペンスと言っても、ドラマである
ミステリー調の部類ではありません。

そして、コメントを下さったら脊椎損傷して
全身打撲し、吐血して号泣するので
少々(?)見苦しいですが勘弁お願いします。

時々、パロディ、笑ネタなど交えております。
宜しくお願いします。
  • 2 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 16:58:08 [削除依頼]
    最近、自分のクラスに転校生がやって来た。
    このクラスに転校生なんて珍しいな。

    男子共は騒いでいた。

    何故かというと・・・。

    美少女だったから。
    ただ、それだけだ。

    なんて単純な理由だ。
    馬鹿馬鹿しい。

    人間、いまどき、世界中探しても
    平和は見つからないだろう。

    皆、バカだ。
    人間はバカだ。

    なんて愚かな生き物だろう。
  • 3 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 17:04:00 [削除依頼]
    「ねぇ、どこから来たの?」

    「好きな食べ物は?」

    「趣味は?」

    「ね、誕生日はいつ?」

    どうでもいいことを聞きやがる。
    寄ってたかって見苦しい。

    「福岡から来た。
    食べ物は大体は好き。
    趣味は手芸。
    7月3日。」

    全部答えたか・・・。
  • 4 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 17:17:13 [削除依頼]
    「ねぇ・・・

    転校生めっちゃ人気だねえ。」

    「さぁ、ただ、容姿が良いから、
    男子共がたかるんだろ。」

    「まぁ、確かに
    凛々しい顔して、声まで美声だからね。」

    俺は余り興味ないが。

    「うーん。」

    「どうしたんだよ。」
    「厭、別に。」
  • 5 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 17:35:22 [削除依頼]
    登場人物


    主人公ー高橋 梢
    高校二年生。
    鈍感で毒舌だが、時々優しい。
    オカルト研究部副部長(強制的に)

    ヒロインー芦真 珠洲音
    同じく高校二年生。
    梢の幼馴染。
    学業優秀で気立ても良い。
    オカルト研究部部長兼創立者。

    2ヒロインー片原 奈美
    同じく高校二年生。
    梢たちのクラスに転校してきた女子。
    少々、ツンデレっぽい。
    成績優秀の美少女。

    サブキャラー芦真 実花
    大学四年生。
    奈美の姉で大雑把だが、頼り甲斐がある。
    現在1人暮らし中で彼氏あり。

    サブキャラー水瀬 亜季
    高校三年生。
    梢たちの先輩。
    いつも笑っている。
    運動神経抜群。

    サブキャラー坂野さん
    亜季と同じく高校三年生。
    下の名前、不明。
    時々意味不審な行動をとるがボーイッシュ。

    サブキャラー和歳 華南
    高校一年生。
    御淑やかで控え目。
    謎が多い。恐らく名前も本名ではない。

    まだまだ増えていきます。
  • 6 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 17:52:02 [削除依頼]
    ー放課後ー


    「はぁ。
    珠洲音遅いな。」

    俺はずっと部室でパイプ椅子に座り、
    珠洲音を待っていた。

    そして、バアン!!と巨漢が蹴ったかのような
    大きな音がして扉が開いた。

    「しゃー!!!!
    梢!喜べ!!
    転校生掴めて来たわよ!」
  • 7 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 17:55:45 [削除依頼]
    「なっ!?」
    扉の方を振り向いたら
    珠洲音があの、
    転校生の首根っこを掴んでいた。

    「見なさいよ!
    梢!
    ピッチピチの美少女転校生よ!」

    「おい・・・。」

    呆れた。
    話にならん。
    転校生をとっ捕まえて
    連行するなんて。
  • 8 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:02:29 [削除依頼]
    此処は県立西高等学校の北校舎の三階
    の左奥にある古ぼけた部室。

    元々、コンピュータ研究部が使っていた
    ものなのでパソコンが何台かある。

    半年ほど放置されたいて一年の時、
    珠洲音がこの部室を見付けた。

    俺は帰宅部希望だったが、
    『幼馴染だから協力しろ。』
    と言われ、

    強制入部させられた。

    意味不審な行為を取っているため
    生徒会執行部からは厳しい目で
    見られている。

    まぁ、正確にいったら「ミステリー同窓会」
    と言うべきだろうが、
    『いっその事、オカルト研究部にしちゃえ』
    と言う、珠洲音の身勝手な発言で解明した。
  • 9 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:05:26 [削除依頼]
    訂正ー上から五行目の「されたいて」
    は正しくは「されていて」
    です<(_ _)>
  • 10 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:11:52 [削除依頼]
    そして、現在オカルト研究部の部員はー

    四名。
    とても少ない。

    普通に言って数少ないだろう。

    こんな怪しげな部なんて誰も
    入部しないだろう。

    メンバーは一年、和歳華南。
    謎が多いが、御淑やかなため
    気に入りられている。
    唯一の意思入部。

    次は三年の三年の坂野さん。
    下の名前は勿論不明。
    誰も言ったことないし、聞いた事も無い。
    これもまた不思議だ。

    そして俺と、珠洲音で全員で四名と
    やはり少なかった。
  • 11 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:17:13 [削除依頼]
    で、いくら足りないからと、その辺の
    女子を適当に連れてくるなど、
    この部の部長も落ちたな。

    「ちょっと失礼ね。」

    ハイハイ。

    「で、なんでその転校生を連れて来たんだ?」
    当たり前の質問をした。

    「よくぞ聞いた!
    それはね!如何にもこの子が謎の転校生っぽいからよ!」

    「はぁ?」
    何言うかと思えば・・・・
    涼宮ハルヒみたいな事言いやがる。

    「なんだそれ。
    いくら今、中途半端な時期(五月中旬)
    に転校してきたからって
    謎の転校生とは限らないだろう。」
  • 12 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:22:35 [削除依頼]
    「いいや!
    限る!
    絶対にこの子は謎の転校生に違いないわ!!」
    この部長の脳内の腐敗はどうなってんだ。

    「その方は、部長さんのクラスメイトですか?」
    和歳さんが問いかける。

    「そう!
    福岡からきた、片原 奈美!
    可愛いでしょ!」
    そう言って、珠洲音は片手の長い指で
    片原の顎を持ち、クイッと上げる。

    「なッ・・・・!」
  • 13 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:25:57 [削除依頼]
    片原は何が起こったか状況が掴めず
    顔がコチコチになり、放心状態になっている。

    「おい、いい加減放せよ。
    めっちゃびくびくしてるぞ。」

    「ああ。御免。」

    珠洲音が放すと片原はすぐに2メートルほど
    離れた。

    「大丈夫よ。
    何もしないから。」
  • 14 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:29:07 [削除依頼]
    「貴方は今日からこの、『オカルト研究部』
    の部員、5号よ!
    あ、一応私の部下4号よ。」

    なんだよ・・・部下4号って・・・・。

    「なっ!!!?」

    さっきからなッ!?しか言って無い気が・・・。

    「嬉しいでしょ?」
    イヤ厭、全く嬉しくないだろ。

    「うう・・・。」
  • 15 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:31:48 [削除依頼]
    片原は下を向き、顔を両手で伏せている。
    『悩んでいるのか?』

    俺だったら即脚下だがな。

    「・・・わ。」
    「ん?

    「・・判った。
    この、部に入る・・・。」

    小声でボソボソと言う。

    まだためらってるのか?
  • 16 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:38:06 [削除依頼]
    「とゆうことで!
    ついに5人目!
    正式に揃ったってところかしら?」

    「嫌々、普通倶楽部ってゆうものは
    十人程度は絶対いるぞ。」

    「うちの部は違うのよ!
    普通の部と一緒にされたら
    面白くないじゃない!!」

    一般が一番だ。
    SOS団かっつーの。

    「んで、この部の活動内容は!
    名前通り、学校の不可解なことや
    事件や、非科学的なことを
    調べて調べて調べまくるということ!!」

    事件ってサスペンスじゃあるまいし・・・。
    こんな説明で判るのかよ。

    「判った・・・。」
  • 17 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:40:22 [削除依頼]
    分かったんだ!!!

    早過ぎだろ。

    俺は全くわからんかったがな。

    結局その日は、
    「とりあえず今日は終わり!
    明日も全員来てね!!」

    とゆうことで終わった。

    自棄に早いな。オイ。
  • 18 姫椿 id:RO3jaUN/

    2012-08-05(日) 18:41:01 [削除依頼]
    一旦落ちます。
    誰かコメ下さいませんか!?
  • 19 姫椿 id:ez-6FoNEhi1

    2012-08-06(月) 07:31:35 [削除依頼]
    アゲ☆
  • 20 姫椿 id:g24BWDt0

    2012-08-06(月) 20:35:46 [削除依頼]
    〜翌朝〜
  • 21 姫椿 id:ez-a76IzVw/

    2012-08-21(火) 09:10:35 [削除依頼]
    アゲです☆
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません