夜の海3コメント

1 なっしぃ id:A9OkC0k/

2012-08-04(土) 12:14:33 [削除依頼]
この世から消えることに束縛される意味はない。


消えるのであれば、私は誰もいない静かな場所で、


アンデルセン童話の人魚姫のように夜の海に飛び込み、泡になって消える。、


そんなことができればどれほど美しいだろう。


こんな人生に飽きれて、生きる希望もないのだから、


神様、願いが叶うのならば私を泡にしてほしい。


誰にも気づかず安らかに消えれるから――。
  • 2 なっしぃ id:A9OkC0k/

    2012-08-04(土) 12:19:55 [削除依頼]
    どうもなっしぃです。恋愛ものです。
    こんな始め方で大丈夫か?答えは大丈ばないです!!
    いきなり弱気ですが、頑張りますよろしくお願いします

    それでは登場人物紹介です。


    水崎 秋保(みずさき あきほ)
    17歳 女 高校2年


    田野松 明(たのまつ あきら)
    20歳 男 


    植永 風耶(うえなが ふうや)
    17歳 男 高校2年
  • 3 なっしぃ id:A9OkC0k/

    2012-08-04(土) 12:41:45 [削除依頼]
    「よう、お嬢さんこんな時間に襲われてもしらんぞ」


    そう言って海の方を眺める幼馴染の明は私に言う。


    襲われる?襲う気もないし、襲われるとも思ってないでしょ。


    「別に大丈夫だよ、心配してくれてありがと」


    私は愛想のない返事を返す。


    こう見えても明は私にとってお兄ちゃんみたいな存在。


    親に育児放棄され養護施設に入れられた私を引き取ってくれたのが明のおばさん。


    とっても優しくて良いおばさん。


    今、明は家族と同居はしていないけど、おばさんの家から歩いて10分の所にあるから明とはすぐ会える。


    明は明るくて優しいおばさん似だ。


    さっき私が「海へ行きたい!!」なんて言う我儘を言っても明は嫌とは言わないで連れて行ってくれた。


    そんな明の優しさがわからない。


    私みたいに我儘でひどい女の子の願いを何の躊躇もなく聞いてくる明がわからない。


    私は明をまじまじと見る。


    背が高く、大人びた顔立ち、そして青色の目。


    カッコつけか何かでカラーコンタクトを入れているのだろう。


    なんだか久しぶりな気分。こうやって明を見るのは小さいころ以来かな。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません