Mix Cherry Juice-キャスフィver.-4コメント

1 あずさ id:gf3V/gf/

2012-07-31(火) 04:32:17 [削除依頼]
------これは、ある兄妹を軸にして、始まった恋物語。


下垂体性小人症(かすいたいせいしょうにんせい)-----俗にいう低身長と。先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)-----こちらはアルビノを患う、高校1年生の中村美玲(なかむらみれい)。

都内でも難関の、私立天成高等学校に入学しました。

身長100cm。真っ白な髪に真っ赤な瞳、雪のように白い肌。日本人としては珍しい色素の薄さ。

それも全て、病気のせい。

ろう学校に通わず、普通の高校を選んだのには、訳がありました。

それは、初恋のひとを探すため。

(確かこの学校の内部生だって言ってた)

新しい教室、1年3組の扉を開けると-----。


美玲の兄、中村継之(なかむらつぐゆき)。

彼は美玲と別の、都立永雪学園高等部の3年。

ある日町を歩いていると、路上に横たわる女の子。彼女が新しいクラスメイトで学校に来ていない子だと悟った継之は、彼女を介抱します。

(こいつだけには、本性見せられる)

猫をかぶって生きてきた継之に、初めて心を開けるひとが現れた------。
  • 2 あずさ id:gf3V/gf/

    2012-07-31(火) 04:34:37 [削除依頼]
    ※誤字訂正
    小人症(しょうにんせい)→小人症(しょうにんしょう)
  • 3 あずさ id:gf3V/gf/

    2012-07-31(火) 04:47:43 [削除依頼]
    第一章 「はじめまして」
    第一話 出会い


    「はーい。みんな席について」

    入ってきた担任の声とともに、各々喋っていたみんなは、席についた。

    「中学んときとはちがって人数も増えたけど、仲良くやるように」

    「つかさー、自己紹介しよーぜ。暇じゃん学活」

    おそらく内部生であろう、机のうえに足をのせた彼は言った。

    「そうだな。んじゃ赤羽、お前から」

    「はいはい」

    どうやら彼の名前は、赤羽というらしい。

    「赤羽光切(あかはねこうき)。身長172」

    (なんか怖いなあ……)

    出席番号順で並んでいるため、顔は見れないが、態度から不良なのかと美玲は怯えた。

    男子はどんどん自己紹介をしていく。そして、美玲の隣の席の男子の番になった。

    「内部生は知ってるけど、布谷虎丸(ぬのたにとらまる)。身長は18…5、あたりかな。剣道部です」
  • 4 あずさ id:gf3V/gf/

    2012-07-31(火) 23:09:15 [削除依頼]
    「ついでに女たらし!」

    「男も食べるじゃん」

    「そ、それは秘密!」

    飛んでくる野次にあたふたする虎丸を見つめ、美玲は硬直した。

    (虎……剣道部……)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません